amazon ベストセラー ランキング チャート 高校受験入試問題集
『高校受験入試問題集』のamazon ベストセラーランキングチャートを見てみましょう。
※ このページは、amazonの『高校受験入試問題集』カテゴリー内TOP10の10日間のベストセラー推移をグラフ化した、ランキングサイトです(1日ごとに更新しています)。1位から10位までを上から順番に3つずつ並べてあり、商品の順位の変化をそれぞれの色の折れ線グラフで描いています(同じ色の線を左に辿って、過去に遡って順位を見ます)。また、上記メニューより、他のカテゴリーの売れ筋推移グラフも表示する事ができます。
『高校受験入試問題集』の順位をみてみましょう。上から順番に並べてあるのが本日の順位となってます。昨日のランキングに対し、全体的にかなり変化の無い状況となっているのがわかります。今回トップを勝ちとったのは『高校入試 入試問題で覚える 一問一答 社会』。長らくしっかり1位を保っているのがわかります。注目すべきは『大阪府公立高等学校 一般入学者選抜 CD付 2019年度受験用 赤本 30271 (公立高校入試対策シリーズ)』、圏外から10位→9位→9位→6位→5位→3位→3位→3位と着実にランクを伸ばしノリノリ。それに対して不調なのが7位の『国立高等専門学校入試予想問題2019年春受験用(5教科2回分テスト+そっくりマークシート解答用紙付き) (高専予想)』で、著しくランキングを下げました。『「解き方」がわかる国語 文章読解 (高校入試 塾の先生が教えるシリーズ)』があと一歩の第2位、ランキング変わらず。『高校入試 入試問題で覚える 一問一答 理科』が第4位。ランキングを下げた5位は『塾で教える高校入試 数学 塾技100 新装版 (高校入試 塾技)』。順位変化なしの『[音声DL付] 改訂版 キクタン【中学英単語】 高校入試レベル』が6位。そして、ランキング変動無し『高校入試 5科の総まとめ: 最重要事項100%』が第8位。ランキング変化せずの9位に『大阪府公立高等学校 一般 予想テスト 2019年度受験用 赤本 6027 (公立高校入試予想テストシリーズ)』。『高校入試 でる順ターゲット 中学英単語1800 三訂版(音声DL付) 高校入試でる順ターゲット』がラスト10位。次回の『高校受験入試問題集』のチャートはどういった結果になってるんでしょうか?お楽しみに。


リズムに乗って英単語を覚えるベストセラー、「キクタン」シリーズの中学生版。改訂にあたり、最新の中学教科書、入試問題を徹底分析し、見出し語、フレーズ、例文を刷新しました。「入試に出る」「日常生活で使える」必要語彙が効率的に身につく一冊です。


■1日16語、8週間で896語を完全制覇!

1日の学習単語は16語。8週間で見出し語896語を網羅できます。そのほか、基本単語、テーマ別単語を合わせると一冊での学習語彙は約1350語! 見出し語は、中学1~3年の3つのレベル別に配列されているので、自分に合った個所から勉強することができます。


■なんといっても楽しいチャンツ学習

CDには、楽しい音楽に乗せた、見出し語の「英語→日本語→英語」チャンツを収録。合わせてリピートすれば、単語と意味がどんどん頭に入ってきます。日本語訳の音声も収録されているため、通学中など、本を開けない場合でも学習可能です。


■生活スタイルにより学習量を調整可能

16語×56日という学習スケジュールが決まっているためペースがつくりやすく、忙しいときは1日最短1分半、最長5分の学習でもOK。「音声を聞くだけ」「音声+フレーズをチェック」「音声+フレーズ+例文をチェック」と、3種類の利用法から選べるので、自分のスケジュールに合わせて無理なく学習できます。



■音声は無料でダウンロード可能!

※本書の学習で使用する音声は無料でダウンロードできます。アルクのウェブサイトよりダウンロードの上ご利用ください。お持ちのPCの音声プレーヤーや、スマホに同期して再生、もしくはスマホアプリ「語学(無料)オトモALCO(アルコ)」(無料)から直接ダウンロードして、再生いただくこともできます。なお、本電子書籍のビューワー上で音声再生はできません。予めご了承ください。



【対象レベル】

英語入門~/中学~高校入試レベル2



【無料ダウンロード特典】

(1)学習用ダウンロード音声(本書掲載の単語とその和訳):全67トラック、約110分。
(2)特典ダウンロード音声(本書掲載のフレーズと例文):全112トラック、約167分。
いずれも収録言語は英語、日本語



※本書は、2008年11月に発行された『キクタン【中学英単語】高校入試レベル』を改訂したものです。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

高校入試の過去問題をコンピュータで分析して選んだ、頻出度の高い単語を「でる順」に5つのレベルに分けて配列しました。入試によくでる順に学習できるので、必要な単語を効率的に覚えることができます。また、例文が豊富に入っているので、単語の意味はもちろん、使い方もよくわかります。

また、音声が無料でダウンロードできるサービスもついているので、発音もチェックできます。
巻頭のカラーページでは、グループにすると覚えやすい単語を「重要語グループ暗記」として特集。