ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

栃木(普通)


偏差値62( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)170点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 561位/7793校( 学科単位 )
関東地方 174位/1968校( 学科単位 )
栃木県 8位/135校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女男子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【栃木県立栃木高等学校】
概要 1896年(明治29年)設立の「旧制栃木県尋常中学校栃木分校」を前身とする男子校。旧栃木県庁構内に設立され、完全の男子校となった。2012年(平成24年)度より、文部科学省からSSHの指定を受けている。
沿革 ・1896年(明治29年) - 栃木県尋常中学校栃木分校として創立
・1899年(明治32年) - 分校が独立し栃木県第二中学校と改称、明治天皇行幸(近衛師団演習叡覧)、本校を行在所とする
・1901年(明治34年) - 栃木県立栃木中学校と改称
・1910年(明治43年) - 講堂竣工、皇太子(後の大正天皇)本校を視察
・1914年(大正3年) - 記念図書館竣工
・1918年(大正7年) - 大正天皇行幸(大日本帝国陸軍特別大演習)、本校を大本営とする
・1926年(大正15年) - 旧校歌を制定
・1933年(昭和8年) - 野球部、第19回全国中等学校優勝野球大会出場
・1934年(昭和9年) - 野球部、第11回選抜中等学校野球大会出場
・1935年(昭和10年) - 剣道部、全国大会で準優勝
・1937年(昭和12年) - 本館、火災により焼失、プール竣工
・1938年(昭和13年) - 本館(2代目)竣工
・1948年(昭和23年) - 栃木高等学校と改称
・1951年(昭和26年) - 栃木県立栃木高等学校と改称、定時制課程設置、新校歌及び新校章制定
・1957年(昭和32年) - 本館増改築竣工
・1959年(昭和34年) - 弁論部、全国大会で優勝
・1961年(昭和36年) - 体育館竣工
・1966年(昭和41年) - 北校舎竣工
・1971年(昭和46年) - 東校舎竣工
・1972年(昭和47年) - 南校舎竣工
・1973年(昭和48年) - 旧生活指導室(和信寮)竣工
・1974年(昭和49年) - プール(2代目)竣工
・1982年(昭和57年) - 柔道場竣工
・1995年(平成7年) - 県庁堀を復元
・1996年(平成8年) - 創立百周年記念式典挙行
・1998年(平成10年) - 講堂・記念図書館が登録有形文化財に登録される
・1999年(平成11年) - 第二体育館(2代目)竣工
・2000年(平成12年) - 記念館が登録有形文化財に登録される
・2001年(平成13年) - 武道館兼生活指導室(和信寮(2代目))竣工、プール(3代目)竣工
・2005年(平成17年) - 全日制1学年を1学級減(6学級)
・2006年(平成18年) - 定時制課程を栃木県立学悠館高等学校へ移管、普通教室及び図書室に空調設置
・2012年(平成24年) - スーパーサイエンスハイスクールに指定される(平成24 - 28年度)
・2017年(平成29年) - スーパーサイエンスハイスクール(2期目)に指定される(平成29 - 令和3年度)
卒業生 ● 国政
・ 小平久雄(27回) - 元総理府総務長官、元労働大臣、元衆議院副議長、勲一等旭日大綬章受章・叙正三位
・ 野口昌吾(57回) - 元通商産業省大臣官房審議官、元古河電気工業専務、元ユニファスアルミニウム社長
・ 塚原朋一(65回) - 元知的財産高等裁判所長、早稲田大学大学院教授、TMI総合法律事務所顧問
● 地方自治
・ 永田英太郎(30回) - 元栃木市長(第11代)、前永田製作所社長、勲四等瑞宝章受章
・ 前場文夫(62回) - 元結城市長(茨城県)
・ 麻生利正(64回) - 元栃木県副知事、とちぎメディカルセンター会長
・ 大久保寿夫(68回)- 小山市長(第5代)、元農林水産省関東農政局建設部次長
・佐藤順一(69回) - 元栃木県副知事
・ 鈴木俊美(70回)- 元栃木市長(第14代)、元大平町長、弁護士
・ 鈴木誠一 (70回)- 元栃木県副知事、栃木県防犯協会会長
・ 北村一郎(77回) - 栃木県副知事、東京2020オリンピック聖火リレー栃木県実行委員会会長
● 財界
・ 椎名時四郎(24回) - 元住友商事副会長、元日本ラグビーフットボール協会会長
・ 舘野万吉(33回) - 元日本製鋼所社長、元日本製鋼所相談役
・ 小松原俊一(35回) - 元三井鉱山社長、元三井鉱山会長
・ 塚本芳和(48回)- 元電通常務、同顧問、元エレクトロニック・ライブラリー社長、同相談役
・ 有富慶二(60回) - 前ヤマト運輸社長、前ヤマトホールディングス社長、ヤマトホールディングス会長、パルコ社外取締役
・ 牛久崇司(60回) - 元キッコーマン社長
・渡辺宏(60回) - 元東京三菱銀行専務、元三菱東京フィナンシャルグループ専務、元旭硝子監査役、持田製薬監査役
・ 池田輝彦(66回) - 元みずほコーポレート銀行副頭取、前みずほ信託銀行社長、信託協会会長理事、みずほ信託銀行会長
・ 山内幸夫(66回) - ニチレキ社長
・ 中島清文(83回) - 株式会社スタジオジブリ代表取締役社長
● 軍人・自衛官
・ 小嶋時久(1回) - 元陸軍少将、元陸軍自動車学校長、勲二等瑞宝章受章
・ 高山忠三(5回) - 元海軍大佐(長月初代艦長)
・ 田村久三(15回) - 元海軍大佐、元海上保安庁航路啓開本部長、朝鮮戦争における日本特別掃海隊総指揮官
・ 山本岩多(15回) - 元海軍少将(第三艦隊巡洋艦戦隊司令、多摩 (軽巡洋艦)艦長)
・ 大竹嘉重郎(17回) - 元海軍大佐(大村海軍航空隊司令)
・ 人見豊治(19回) - 元海軍大佐(巻波 (駆逐艦) 艦長)
・ 宇都木秀次郎(20回) - 元海軍大佐(伊号第一七八潜水艦艦長)
・ 柴田文三(20回) - 元海軍大佐(第二一〇海軍航空隊司令)
・ 山田盛重(20回) - 元海軍大佐(疾風艦長)
・ 若色伊三郎(20回) - 元海軍大佐
・ 横地光明(45回)- 元陸上自衛隊陸将(富士学校長、東北方面総監)、元旭化成工業顧問、元全国防衛協会連合会常任理事
● 学者
・ 岡安大仁(41回)- 元日本大学医学部教授
・ 鈴木宏(43回)- 医学者(ウイルス肝炎)、元山梨医科大学長、山梨医科大学名誉教授
・ 藤田達士(48回)- 元群馬大学医学部教授、元群馬大学医学部附属病院長、群馬大学名誉教授
・ 大橋力(52回) - 元千葉工業大学教授、国際科学振興財団理事、主席研究員、文明科学研究所所長
・ 宇井純(52回) - 環境学者(水俣病)、沖縄大学名誉教授
・ 木下毅(56回) - 法学者(英米法)、弁護士、元立教大学法学部教授、元北海道大学法学部教授、元中央大学法学部教授、元日本比較法研究所長
・ 高橋三郎(56回) - 社会学者、京都大学名誉教授
・ 入倉孝次郎(60回) - 地震学者、元京都大学副学長、京都大学名誉教授
・ 岸清(60回)- 医学者(解剖学)、東邦大学名誉教授
・ 毛塚勝利(64回) - 法学者(労働法)、中央大学名誉教授、元日本労働法学会代表理事
・ 中嶋英雄(68回)- 工学者(材料工学)、大阪大学産業科学研究所教授、大阪大学産業科学研究所附属新産業創造物質基盤技術研究センター長、紫綬褒章受章
・ 片浦弘道(79回) - 物理学者(カーボンナノチューブ)、首都大学東京客員教授
・ 金子勇(90回) - プログラマー(Winny(ファイル交換ソフト)開発者、SkeedCast(コンテンツ配信システム)の開発支援)、元東京大学特任講師
● 医療
・ 大圃研(93回) - 医師、NTT東日本関東病院内視鏡部部長
● 文芸
・ 佐江衆一(53回) - 作家(新潮社同人雑誌賞、新田次郎文学賞、ドゥマゴ文学賞、中山義秀文学賞を受賞)、元東海学園女子短期大学客員教授
・ 熊倉隆敏(94回) - 漫画家(「もっけ」の作者)
・ 櫻井圭記(97回) - アニメ脚本家
● 芸術
・ 清水登之(5回) - 画家(二科賞受賞)、従軍画家
・ 鈴木賢二(24回) - 彫刻家、版画家
・ 武川寛海(31回) - 音楽評論家、上野学園大学名誉教授
・ 高村武次(42回) - 記録映画監督、記録映画脚本家、元岩波映画製作所社長
● 芸能
・ 保沢紀(60回) - フジテレビ衣装部として「ものまね王座決定戦」「夕やけニャンニャン」等、同局のバラエティ番組に出演
・ 竹内秀男(76回) - 落語家、八代目春風亭柳橋(春風亭柏枝)
・ 福田雄一(88回) - 放送作家・脚本家・劇作家
● マスコミ・出版
・ 小島一志(78回) - 武道ジャーナリスト(「大山倍達正伝」の著者)、元月刊空手道編集長、元月刊武道空手編集長、夢現舎社長

・ 斉藤誠征(88回) - 東海テレビ放送アナウンサー
・ 若田部克彦(90回) - 関西テレビアナウンサー
・ 近藤亨(94回) - 毎日放送アナウンサー
・ 依田英将(105回) - 北海道テレビ放送アナウンサー
● その他
・ 亜門虹彦(81回) - 心理アナリスト
・ 永井健太(101回) - サッカー選手
○ 旧職員 ※括弧内は在職期間
・ 鵜川昇(1948年11月-1949年10月) - 学校法人桐蔭学園理事長、桐蔭学園横浜大学長
・ 亀田仲司(1949年3月-1969年3月) - 元藤岡町(現栃木市)長

「栃木県立栃木高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月30日3時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター