ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

慶応義塾志木(普通)


偏差値71( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)203.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 33位/7793校( 学科単位 )
関東地方 15位/1968校( 学科単位 )
埼玉県 2位/360校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女男子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【慶應義塾志木高等学校】
概要 もともとは1948年(昭和23年)に発足した慶應義塾農業高等学校が前身である。10万mにわたる校地には、暗渠の野火止用水が横断し、道路をはさんで隣接する「慶応ふれあいの森」(マンションの脇)もかつては校地で、旧寄宿舎(有隣寮、高翔寮、1990年閉寮)があった。緑地の中には、500種類以上の植物が見られ、広大な敷地には、運動場だけで、300メートルトラック、サッカー兼ホッケー場、バレーコート、ラグビー場、軟式テニスコートがある。慶應義塾大学と連携して高大一貫教育を行っている。慶應義塾が設置・運営する中学校のうち慶應義塾中等部、慶應義塾普通部からも本人・保護者の希望により進学でき、毎年計20名程度の進学がある。志木高の教育は受験のためでなく自分のためとされ、教員も「半学半教」を旨とする。第2学年の「総合的な学習の時間」は24の言語から選択して学ぶ。校内施設・環境を利用した公開講座「自然観察会」、地震観測といった活動もある。埼玉県だけでなく東京都からも近く、首都圏全域からの受験・入学がある。募集定員は230名で、卒業すれば慶大に全員進学できるため、入試難易度は埼玉県のみならず首都圏の男子で最上位層が受験する層である。一方で、大学受験などを行うのは難しい環境になっている。慶應義塾大学への各学部には人数枠があるため、とくに医学部と法学部へは例年人気が集中し、進学を希望しても叶わない場合がある。他大学を受験する場合は慶應義塾大学への推薦を辞退しなければならない。
交通 ・東武東上線志木駅東口より徒歩約7分かつては自宅からの距離が遠いため通学困難な生徒のために寄宿舎(有隣寮、高翔寮)が併設されていた。有隣寮は1962年、高翔寮は1964年に完成。慶應義塾の一貫教育校で唯一寮を持つ高校であったが、当時通学生の比率の方が高く、公共交通機関が発展してきたため、年々入寮者が減少、1987年度の新入生を最後として募集を終了し、1990年に閉鎖された。
年表 ・1944年 慶應義塾の大学農学部を設置しようとするが、戦時下での政府の方針により慶應義塾獣医畜産専門学校設立(日吉)
・1945年 川崎市蟹ケ谷に移転
・1947年 東邦電力の東邦産業研究所敷地を松永安左エ門が慶應義塾に寄贈
・1948年 慶應義塾農業高等学校が開校
・1957年 普通科高校に転換し、慶應義塾大学と高大一貫教育を開始
・2001年 メディア棟、新・去来舎竣工
卒業生 ・ 逢沢一郎(自民党幹事長代理、衆議院議員、工学部卒)
・ 永田寿康(元衆議院議員)
・ 和田政宗(参議院議員、元NHKアナウンサー)
・ 小田野展丈(侍従長)
・ 山口貴士(弁護士)
・ 相川宗一(前さいたま市長)
・ 市原健一(つくば市長)
・ 梅田修一(久喜市長)
・ 伊藤雅俊(味の素会長)
・ 大川弘一(まぐまぐ社長)
・ 後藤裕之(ゲームクリエイター)
・ 塩澤修平(慶大経済学部長、教授)東京国際大学学長
・ 岡野栄之(慶大医学部教授、生理学、再生医学の第一人者、平成10年北里賞)
・ 今井宏明(慶大理工学部教授)
・ 駒形哲哉(慶大経済学部教授)
・ 吉田俊介(競走馬生産者、ノーザンファーム空港牧場場長)
・ 加藤文俊(慶大環境情報学部教授)
・ 浦田秀次郎(早稲田大学教授、経済学部卒)
・ 渡邊亮(早稲田大学理工学部教授)
・ 宮坂直史(防衛大学教授)
・ 三田完(小説家)
・ ジャン・ユンカーマン(映画監督)
・ 石原裕次郎(慶應高へ転校)(俳優・歌手)
・ 岡浩也(俳優→精神科医)
・ 島村美輝(俳優→幼児受験プランナー)
・ 村田毅(ラグビー日本代表)
・ 佐々木大樹(F3ドライバー、カートチャンピオン)
・ 萩田光雄(作曲家、編曲家)日本レコード大賞編曲賞2年連続受賞
・ 西平彰(作曲家、編曲家)
・ 櫻井哲夫(ベーシスト、元カシオペア)
・ 沼澤尚(ドラマー)
・ エムナマエ(画家)
・ 野間脩平(元フジテレビアナウンサー)
・ 松下賢次(元TBSアナウンサー)
・ 吉澤一彦(元テレビ朝日アナウンサー)
・ 清水俊輔(テレビ朝日アナウンサー)
・ 植草朋樹(RKB毎日放送→テレビ東京アナウンサー)
・ 板垣龍佑(仙台放送→テレビ東京アナウンサー)
○ 教職員
・ 井田良
・ 峰岸純夫
・ 橋本陽介

「慶應義塾志木高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月4日11時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター