ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

立教新座(普通)


偏差値69( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)196.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 64位/7793校( 学科単位 )
関東地方 25位/1968校( 学科単位 )
埼玉県 4位/360校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女男子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【立教新座中学校・高等学校】
概要 学校法人立教学院が設置する新制高等学校は1948年、「立教高等学校」として池袋キャンパスに設置されたが、より良い環境を求め、1960年、埼玉県新座市に移転する。校地の取得にあたっては、新座町長並木庄兵衛(当時)による私財を投じた地主との調整や、東武鉄道による土地の買収資金の全額寄付といった、関係者による大きな支えがあったという。1990年には立教大学新座キャンパスが開校した。約40年間にわたり中学と高校は所在地がそれぞれ東京都と埼玉県に分かれていたが、2000年に池袋と新座のそれぞれで中高一貫教育を開始し、新座キャンパスでは「立教新座中学校」が新設、立教高等学校は「立教新座高等学校」と改称される。所定の推薦要件を満たせば内部推薦により立教大学へ進学することが可能である。制服はあるが、高校生は私服通学が認められている。今でも「立教高校」と呼ばれることがある。
交通 最寄駅
・東武東上線(東京メトロ有楽町線・副都心線直通)志木駅徒歩約12分(バス約7分)
・JR武蔵野線新座駅徒歩25分(バス約10分)
・西武バス「立教前」バス停下車立教大学スクールバスが志木駅・新座駅〜新座キャンパス間で運行されている。朝の通学時間帯は志木からのスクールバスは運行されていない。2018年度より朝時間帯に大幅な増発が行われ、それに伴い新車が追加導入(いすゞ 新型エルガ LV290)された。2018年度導入車では座席モケットが立教学院オリジナル仕様となっている。
沿革 ● 立教高等学校 池袋時代
・1948年 - 立教高等学校として東京都豊島区西池袋に開校。
・1955年 - 第27回選抜高等学校野球大会に出場。
● 立教高等学校 新座時代
・1960年 - 埼玉県新座市に移転。(旧)本館竣工。(旧)本館・チャペルはアントニン・レーモンドの設計。
・1963年 - チャペル〈立教学院聖パウロ礼拝堂〉竣工。
・1964年 - 海外研修旅行がスタート。
・1969年 - 欧州研修旅行(現:英国サマースクール)がスタート。
・1970年 - 選択科目制度開始。
・1974年 - 総合体育館竣工。
・1980年 - 英語グレード別授業開始。
・1982年 - 図書館棟竣工(設計・鬼頭梓)。
・1985年 - 第67回全国高等学校野球選手権大会に出場。埼玉県では初めての私立高校による夏の甲子園出場であった。
・1990年 - オーストラリア短期留学ホームステイプログラムがスタート。
・1995年 - 他大学進学クラス設置。
● 立教新座中学校・高等学校時代
・2000年 - 立教新座高等学校へ改称、立教新座中学校を併設。
・2002年 - 2号館・3号館竣工。
・2003年 - 立教新座中学校第一期生を送り出す。
・2010年 - セントポールズ・ジム、プレイグラウンド、プレイコート、緑地竣工。同年8月より渡辺憲司・立教大学名誉教授が校長に就任。
・2013年 - 4号館竣工(中学テニス・野球・サッカー部室棟跡地。2013年1月より高校一部学級HR教室、2014年7月より第一学友会館・第二学友会館に代わる新しい学友会館(部室棟)として使用。)。(旧)本館B棟を残しA棟解体。第二学友会館解体。
・2014年
 ・ 体育館竣工(総合体育館跡地)、授業、部活動で使用。
 ・ (新)本館竣工。事務室、教員室、高校1〜3年HR教室などがあり、2014年4月より使用。(旧)本館B棟解体、跡地に芝生整備。
 ・ セントポールズフィールド竣工、アメリカンフットボール・ラグビーフィールドの芝生化、陸上トラックの整備、立教大学体育会陸上競技部も使用。
出身者 ○ 政治・経済・法曹
・宇野治 - 衆議院議員(自由民主党)
・小川敏夫 - 参議院議員(立憲民主党)
・木澤克之 - 最高裁判所裁判官
・高麗邦彦 - 東京家庭裁判所部総括判事
・佐藤孝吉 - 日本テレビ放送網顧問
・田中甲 - 衆議院議員(日本維新の会)
・田中良生 - 衆議院議員(自由民主党)
・小野塚勝俊 - 衆議院議員(民主党)
・高野律雄 - 東京都府中市長
○ 文学・芸術
・落合正勝(中退)- 服飾評論家
・大川貴史 - TOKYO MXプロデューサー
・加藤淳 - デザインプランナー
・杉本博司 - 写真家
・谷澤伸幸 - 映画プロデューサー、作家
・てり - ライトノベル作家
・永倉万治 - 作家
・西岸良平 - 漫画家
・広井王子 - ゲームデザイナー、金沢工業大学客員教授
・藤井健太郎 - TBSプロデューサー、ディレクター
・小袋成彬 - 日本の作詞家、作曲家、歌手、 音楽プロデューサー、ミュージック・ビデオ監督
○ スポーツ
・本田明彦 - プロボクシング帝拳ジム会長
・高林恒夫 - 元プロ野球選手(読売ジャイアンツ-国鉄スワローズ)
・舘信秀 - 元レーシングドライバー、トムス会長
・岡持和彦 - 元プロ野球選手(日本ハムファイターズ)
・長嶋一茂 - 元プロ野球選手(立大野球部 - ヤクルトスワローズ - 読売ジャイアンツ)、野球解説者
・矢作公一 - 元プロ野球選手(立大野球部 - 日本ハムファイターズ)
・広池浩司 - 元プロ野球選手(立大野球部 - 全日空 - 広島東洋カープ投手)
・戸村健次 - プロ野球選手(立大野球部 - 東北楽天ゴールデンイーグルス投手)
・黒須陽一郎 - 元立大野球部選手
・高林孝行 - 元社会人野球選手(アトランタ五輪代表、元野球部監督)
・小野竜智 - バスケットボール選手(日立サンロッカーズ)
○ 芸能人
・四代目桂三木助
・八代目大谷友右衛門
・五代目中村雀右衛門
・関口宏
・細野晴臣
・高橋幸宏
・佐野元春
・高木英一 - ベーシスト
・土橋安騎夫 - ミュージシャン(元レベッカキーボード)
・橘高文彦 - ギタリスト
・下野ヒトシ - ベーシスト
・小林俊太郎 - キーボーディスト
・関口知宏
・林隆三(中退)
・ルー大柴
・稲葉健 - タレント
・押阪雅彦
・神田穣
・草場有輝
・匠
・きじまりゅうた - 料理研究家
・山口太郎
○ アナウンサー
・みのもんた
・古舘伊知郎
・川端健嗣 - フジテレビアナウンサー
・寺崎貴司 - テレビ朝日アナウンサー
・佐々木淳吾 - 東北放送アナウンサー
・佐々木亮太 - テレビ朝日アナウンサー
・鈴木順 - TBSアナウンサー
・中山準之助 - NHKアナウンサー
・深井瞬 - テレビ新広島アナウンサー
・舩山陽司 - 日経ラジオ社アナウンサー
・蓮見直樹 - テレビ静岡アナウンサー
○ その他
・ エリースFC東京 - 1970年立教高校サッカー部OBが中心となって設立

「立教新座中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月11日1時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター