ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

浦和学院(特進リーダーズ)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7793校( 学科単位 )
関東地方 210位/1968校( 学科単位 )
埼玉県 40位/360校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【浦和学院高等学校】
概要 県内ではマンモス校として知られており、生徒数(約2,600人)、募集定員(800人)、受験者数(約4,000人)はいずれも県内最大規模である。近年の入学者数は定員を上回ることが多く、特に2016年の入学者数は1,017人で、1995年以来21年ぶりに1,000人を超えた。また、甲子園で優勝経験のある野球部をはじめ、テニス、ハンドボールなどスポーツの盛んな学校である。大学進学や語学教育にも重点を置いている。建学の精神に、孔子の理想的人格像「吾道一貫」を掲げ、それに基づいた「克己、仁愛、共生」を校訓とした教育を行っている。併設校に明星幼稚園、浦和学院専門学校がある。
交通 最寄り駅は東川口駅。2001年の埼玉高速鉄道開通で学校との距離は浦和美園駅の方が近くなった。駅からバスや自転車の利用が不可欠で不便なところに立地している。
・ JR武蔵野線/埼玉高速鉄道「東川口駅」北口から国際興業バス2番乗り場「さいたま東営業所」行きに乗車、「浦和学院高校入口」下車。
・ JR線/東武野田線/ニューシャトル「大宮駅」東口から高島屋向い側の国際興業バス7番乗り場「浦和学院高校」行きに乗車、終点下車。または「浦和美園駅」行きに乗車、「浦和学院高校入口」下車。
・ 埼玉高速鉄道「浦和美園駅」東口の国際興業バス2番乗り場「大宮駅東口」行きに乗車、「浦和学院高校入口」下車。または「さいたま東営業所」行きに乗車、「浦和学院高校入口」下車。
沿革 ・ 1978年 - 浦和市代山に浦和学院高等学校開校
・ 1996年 - 類型別コース導入
・ 2000年 - II類の2年次選択クラスに「保健医療クラス」新設
・ 2002年 - I類に「特別選抜コース」新設
・ 2003年 - I類に「理数コース」新設
・ 2005年 - I類に「グローバルリーダーズコース」新設
・ 2008年 - 新食堂棟、新図書館棟「浦学リテラシータワー (ULT)」完成。弓道場を第3グラウンドに移設
・ 2009年 - GL類型、特進類型、選抜類型、文理類型の4類型10コースに改編。新体育館「U-DIUM」完成。ゴルフ練習場改修。10月23日、上海師範大学附属外国語中学(高校)と姉妹校提携
・ 2010年 - 国際類型、特進類型、進学類型の3類型11コースに改編。7月2日、大連市第十六中学と姉妹校提携
・ 2011年 - 女子栄養大学と連携教育協定締結。駿台サテネット21導入。全国初の自転車講習検定実施
・ 2012年 - 「夢と希望の泉 (L'Arc)」完成。県内初の自転車運転免許制導入
・ 2013年 - 進学類型・リテラル(情報)コースを廃止し、同・総合進学コースの2年次選択クラスを「総合系」「情報系」に改編。硬式野球部が第85回選抜高校野球大会で優勝を果たす。彩の国功労賞を受賞。1981年以前に建てられた校舎の耐震化工事完了。
・ 2015年 - 男子ハンドボール部が第38回全国高校ハンドボール選抜大会で24年ぶり2度目の優勝。
・ 2016年 - 専修大学と教育交流提携協定調印。国際・サッカー寮「ネクス (NEXU)」完成。日本薬科大学と高大連携協定を締結。高校では日本初となるISS(インターナショナルセーフスクール)認証。体育館にエアコン設置。第1校舎全体にWi-Fi設置。
・ 2018年 - 特進類型の4コース(リーダーズ、サイエンス、プログレス、アブソルート)を3コース(T特、S特、特進)に再編。
・2019年 - 一部の自販機が電子マネーに対応。校舎内にコンビニ(ニューヤマザキデイリーストア)を設置。
出身者 ● 野球
・ 赤坂和幸 - 元プロ野球選手・中日ドラゴンズ
・ 石井義人 - 元プロ野球選手・読売ジャイアンツ
・ 今成亮太 - 元プロ野球選手・阪神タイガース
・ 大竹寛 - プロ野球選手・読売ジャイアンツ
・ 小川将俊 - 元プロ野球選手・中日ドラゴンズ
・ 木塚敦志 - 元プロ野球選手・横浜ベイスターズ
・ 久保田智 - 元プロ野球選手・東京ヤクルトスワローズ
・ 田中充 - 元プロ野球選手・東京ヤクルトスワローズ
・ 坂元弥太郎 - 元プロ野球選手・埼玉西武ライオンズ
・ 清水隆行 - 元プロ野球選手・読売ジャイアンツ
・ 鈴木健 - 元プロ野球選手・東京ヤクルトスワローズ
・ 須永英輝 - 元プロ野球選手・北海道日本ハムファイターズ
・ 鷹野史寿 - 元プロ野球選手・東北楽天ゴールデンイーグルス
・ 豊田拓矢 - 元プロ野球選手・埼玉西武ライオンズ
・ 三浦貴 - 元プロ野球選手・埼玉西武ライオンズ
・ 南貴樹 - 元プロ野球選手・福岡ソフトバンクホークス
・ 坂本一将 - 元プロ野球選手・オリックス・バファローズ
・ 小島和哉 - プロ野球選手・千葉ロッテマリーンズ
・ 榊原翼 - プロ野球選手・オリックス・バファローズ
・ 渡邉勇太朗 - プロ野球選手・埼玉西武ライオンズ
・ 黒須隆 - 元日産自動車硬式野球部・アトランタ五輪日本代表
・ 谷口英規 - 上武大学硬式野球部監督
● サッカー
・ 加藤竜二 - 元プロサッカー選手・ロアッソ熊本
・ 石井豊 - FC東京強化部スカウト担当・元サッカー選手
・ 吉沢秀幸 - 元サッカー選手
・垣田健 - 元サッカー選手
・ 梅山修 - 新潟市議会議員・元プロサッカー選手
・ 岡村政幸 - 元プロサッカー選手・SAGAWA SHIGA FC
・ 榎本達也 - 元プロサッカー選手・FC東京・元アジア大会代表
・ 若狭大志 - プロサッカー選手・東京ヴェルディ
・ 齋藤巧 - プロビーチサッカー選手・ソーマプライア
● ハンドボール
・ 豊田賢治 - ハンドボール選手・大崎OSOL (北京五輪予選日本代表)
・ 小澤広太 - ハンドボール選手・大崎OSOL
・ 玉川裕康 - ハンドボール選手・大崎OSOL
・加藤芳規 - ハンドボール選手・トヨタ車体
● その他
・ 佐藤博康 - プロテニス選手
・ 重松直樹 - 元フィギュアスケート選手
・ MURO - HIPHOPミュージシャン、DJ・ラッパー・プロデューサー・デザイナー
・ 畑野ひろ子 - ファッションモデル・タレント
・ 本木雅弘 - 俳優・タレント・シブがき隊元メンバー。 内田也哉子の夫、内田伽羅とUTAの父親。
・ 関綾乃 - ファッションモデル
・ 菜々緒 - 女優、ファッションモデル・タレント
・ 千葉皓敬 - 元俳優(元子役)
・ 松下ヨシナリ - グラフィックデザイナー・オートバイレーサー・モーターサイクルジャーナリスト

「浦和学院高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月25日6時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター