ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

木更津(普通)


偏差値62( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)170点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 561位/7793校( 学科単位 )
関東地方 174位/1968校( 学科単位 )
千葉県 26位/301校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【千葉県立木更津高等学校】
概要 1899年(明治32年)に1府県1校以上の中学校設置が義務づけられ、佐倉中学・千葉中学に続き、成東中学とともに千葉県で3番目の旧上総国では初めての県立中学として設立され、1948年(昭和23年)の学制改革により新制高等学校となった。校則は存在するが自由な校風で、最低限のマナーやルールを守る事が求められる。生徒が中心となって行う「木高祭」は毎年6月に開催され、文化祭および体育祭がセットになって行われていたが2011年より体育祭が9月に移行。通学区は第9学区(市原市、木更津市、君津市、富津市、袖ヶ浦市)であり、第1学区・第7学区・第8学区からの入学も可能。
沿革 ・ 1900年(明治33年) - 千葉県立千葉中学校木更津分校の設置が文部省から認可される。
・ 1901年(明治34年) - 千葉県立木更津中学校(旧制中学校)と改称する。
・ 1948年(昭和23年) - 学校教育法による高等学校となり、千葉県立木更津高等学校と改称する。
・ 1950年(昭和25年) - 周准農業高等学校及び望陀農業高等学校と合併し、千葉県立木更津第一高等学校と改称、男女共学制実施。
・ 1954年(昭和29年) - 望陀校舎廃止。
・ 1956年(昭和31年) - 周准校舎が上総農業高等学校(現千葉県立上総高等学校)として独立。
・ 1961年(昭和36年) - 千葉県立木更津高等学校に改称。
・ 2000年(平成12年) - 創立100周年記念式典挙行。
・ 2009年(平成21年) - 学年制から単位制に移行。
・ 2016年(平成28年) - 文部科学省からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定。
卒業生 ・ 千葉真一:俳優・歌手・体操選手・空手家・芸能プロモーター・映画プロデューサー・映画監督
・ 中尾彬:俳優・タレント
・ 浜田幸一:衆議院議員・タレント
・ 浜田靖一:衆議院議員(第6代防衛大臣)
・ 松野博一:衆議院議員(第21代文部科学大臣)
・ 中後淳:衆議院議員
・ 岡島一正:衆議院議員
・ 横田尤孝:最高裁判所判事
・ 渡辺芳邦:木更津市長
・ 水越勇雄:元木更津市長
・ 石井宏子:君津市長
・ 小出譲治:市原市長
・ 石渡哲彦:千葉県副知事、千葉県社会福祉協議会会長
・ 長谷川栄一:内閣広報官兼内閣総理大臣補佐官・元中小企業庁長官
・ 土居孝幸:イラストレーター・キャラクターデザイナー
・ 今一生:ライター
・ わたなべけんいち:作家・脚本家・日本児童文芸家協会会員・演出家
・ 山崎晃嗣:学士金融・光クラブ事件主催者・戦後アプレの象徴
・ 松本知子:松本智津夫の妻
・ 坂口弘:連合赤軍
・ 矢口健一:早稲田大学、社会人野球選手(元市民球団かずさマジック)
・ 石渡鉄兵:競艇選手
・ 岡崎高之:陸上選手・実業家
・ 楢崎みどり:国際私法(中央大学准教授)
・ 飯島昇藏:早稲田大学政治経済学部学部長・教授
・ 法木秀雄:早稲田大学大学院経営管理研究科長・教授
・ 佐久間英利:千葉銀行頭取
・ 谷一歩:タレント
・ 永見尊:会計学・監査論(慶応義塾大学商学部教授)
・ 山田秀:工学者(慶應義塾大学理工学部教授)

「千葉県立木更津高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月25日8時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター