ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

千葉市立千葉(理数)


偏差値65( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)181.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 262位/7793校( 学科単位 )
関東地方 87位/1968校( 学科単位 )
千葉県 15位/301校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【千葉市立千葉高等学校】
概要 1959年、千葉市の人口増加に伴う生徒数増加に対応するため千葉市議会において設置が検討され、「千葉市の工業化が進むにつれ、人口の急激な増加と教育的関心の飛躍的な向上を招来し、一方戦後の生徒増加現象が見られたので、新しい国家社会に形成する有為な青年を育成するため、新都市にふさわしい千葉市民の教育機関として設立される。(設立趣旨より)」として設置された。以降、千葉市唯一の市立高校として教育活動を展開してきたが、1979年に後に外国語教育に特化することになる千葉市立稲毛高等学校が開校すると千葉市立千葉高等学校に改称し理数特化型の教育課程に転換することとなった。2002年度には文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール指定を受けた。その後、2004年度に策定された「千葉市立高等学校改革基本方針」に基づき、理数教育を軸とした制度改革が行われることとなった。その一環として同校では単位制(生徒自身が必修科目とは別に設けられる選択・研究科目の中から受講科目を任意に選択する制度)の導入と老朽化した校舎の改築が行われることとなり、2005年度には旧幕張東高校の幕張仮校舎に移転した。2007年度より単位制課程の導入と同時に時限数確保のための45分7限授業が始まり、創立50周年を迎える2008年には小仲台新校舎に移転した。2012年度に再びスーパーサイエンスハイスクールに指定された事を受け、2013年度より普通科にSSHコースが設置された。2015年度より、授業時間確保のため全学年で50分7限授業が開始された。現在では、スーパーサイエンスハイスクールの経験を生かして「先端科学講座」「Cross Over Science」「SS-Mathematics」などの専門教科科目が設置されている他、文理を問わず多種多様な講座が開講されている。
交通 ・ JR総武線稲毛駅より徒歩15分。(東口から京成バス「京成団地」行:「市立高校」下車1分)
沿革 ・ 1959年2月6日 - 臨時市議会で、千葉県千葉市立高等学校の設置を可決。
・ 1959年2月18日 - 千葉県教育委員会から設置を認可される。
・ 1959年4月1日 - 千葉県千葉市立高等学校として開校。
・ 1959年4月8日 - 第1回入学式挙行、市立小中台中学校舎の一部を仮校舎として授業開始。
・ 1959年4月19日 - PTA創立総会。
・ 1959年5月8日 - 第1回創立記念式典挙行。
・ 1962年3月14日 - 同窓会発会式。
・ 1963年5月8日 - 第5回創立記念日に、PTA・職員・生徒代表により記念植樹。
・ 1964年4月1日 - 千葉市立高等学校と改称。理数科が新設される。
・ 1965年1月16日 - 校歌制定。(作詞神保光太郎 作曲清水 脩)
・ 1971年3月20日 - カナダのCarson Graham高校と交歓植樹。
・ 1975年 - 学校群制度導入。県立千葉、千葉女子、千葉東、千葉南と共に第1学校群に属す。
・ 1978年 - 単独選抜制に改められる。
・ 1979年4月1日 - 千葉市立千葉高等学校と改称。(この年に設置された千葉市立稲毛高等学校と区別するため)
・ 1997年7月22日 - 文部省より「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」の実践研究校の指定を受ける。
・ 1999年1月 - 「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」の開始。
・ 1999年5月8日 - 創立40周年。
・ 2000年3月20日 - 理数科2年生、アメリカ合衆国における海外科学技術研修(第1回)実施。(3/31まで)
・ 2001年3月9日 - 「千葉市立千葉高等学校と千葉大学との間における連帯教育に関する協定」締結。
・ 2001年3月31日 - 「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」のとりまとめ。
・ 2001年4月24日 - 千葉市より「千葉市新教育課程推進モデル校設置事業」の実践研究校の指定 。
・ 2002年 - 千葉大学との連携教育(HOC)が開始。
・ 2002年3月31日 - 「千葉市新教育課程推進モデル校設置事業」のとりまとめ。
・ 2002年5月23日 - 文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクールの実践研究校に指定される。(第1期:2005年度まで)
・ 2004年 - 「千葉市立高等学校改革基本方針」策定。2学期制開始。
・ 2005年4月1日 - 普通科1学級減。文部科学省より「スーパーサイエンスハイスクール」研究開発校として、期間を2年継続の指定を受ける。校舎建て替えに伴い幕張仮校舎に移転。
・ 2007年4月1日 - 単位制、45分7限授業を導入。独立行政法人科学技術振興機構から千葉市教育委員会が「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト」プランCの採択を受け、本校で研究開発を実施。
・ 2008年4月1日 - 小仲台新校舎に移転。
・ 2009年5月8日 - 創立50周年。
・ 2012年4月1日 - 文部科学省より再びスーパーサイエンスハイスクールに指定される。(第2期:2016年度まで)
・ 2015年4月1日 - 50分7限授業を導入。
・ 2017年4月1日 - 文部科学省より再びスーパーサイエンスハイスクールに指定される。(第3期:2021年度まで)
卒業生 ・ 青柳隆志 - 日本文学者、東京成徳大学人文学部教授、声優 (ディズニーキャラクター、ミッキーマウスの専属声優)
・ 阿部達郎(マイケル・エイブ) - 俳優、ダンサー
・ 石井力 - フリーアナウンサー(元千葉テレビ放送・日本大学芸術学部卒)
・ カトリーヌあやこ - 漫画家、イラストレーター
・ 川端裕人 - 作家 (サントリー新人賞受賞、東京大学教養学部卒)
・ 佐藤祥 - サッカー選手
・ 沢野ひとし - イラストレーター、エッセイスト
・ 椎名誠 - 作家、エッセイスト、写真家、映画監督
・ 永島敏行 - 俳優
・ 似鳥鶏 - 作家
・ 檜木萌 - タレント
・ ヒダカトオル - ミュージシャン (BEAT CRUSADERS)
・ 萩原和樹 - 作曲家
・ 浜崎正樹 - アナウンサー(福岡放送)
・ 藤代冥砂 - 写真家
・ 真辺将之 - 歴史学者、早稲田大学文学学術院教授
・ マグナム小林 - ヴァイオリン漫談
・ 米澤淳司 - サッカー選手

「千葉市立千葉高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月12日2時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター