ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

東邦大学付属東邦(普通)


偏差値72( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)207.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 18位/7793校( 学科単位 )
関東地方 8位/1968校( 学科単位 )
千葉県 2位/301校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【東邦大学付属東邦中学校・高等学校】
概要 東邦大学を設立した額田豊、額田晉が自然・生命・人間の観察の必要性を唱え、1952年(昭和27年)創立。付属する東邦大学は隣接し、理系としての強みを活かした授業が行われている。校是にも書かれている通り、理系だけでなく幅広く学ぶ。受験生などからは理系に強いイメージが強く、実際、内部生の7割が理系志望者である。観察・思考を育む方針で、自主的で大らかな校風が特徴である。2012年に高校60周年、中学50周年を迎え、その間、校地の習志野西地区(現:東邦大学習志野キャンパス)から現校地である習志野東地区への移転、男子部・女子部制から共学制への移行、「総合的な学習の時間」を含む「自分探し学習 (EXPLORING STUDY)」の開始、校内に設置していた「白羽寮」の廃寮、高校募集の停止(2017年)。当校を含む学校法人東邦大学の建学の精神については、創立者の一人である額田晋により1957年(昭和32年)に刊行された著書『自然・生命・人間』に詳しい。学校法人・同窓会(『自生人』)が復刻本を刊行している。
交通 ・JR総武線津田沼駅より京成バスで20分
・京成電鉄京成大久保駅より徒歩15分
沿革
・1926年 - 額田豊・額田晉両博士兄弟によって帝国女子医学専門学校が創立。
・1930年 - 薬学科が増設され、帝国女子医学・薬学専門学校と校名変更。
・1941年 - 帝国女子理学専門学校を併設。
・1941年 - 帝国女子薬学専門学校と帝国女子理学専門学校を習志野西地区(現在大学所在地)に移転。
・1946年 - 帝国女子理学専門学校が習志野東地区(現中高所在地)に移転。
・1950年 - 医・薬・理学部を擁する東邦大学発足。
・1952年2月27日 - 東邦大学付属東邦高等学校の学校設立の認可が下りる。
・1952年 - 東邦大学付属東邦高等学校として開校
・1957年 - 姉妹校の駒場東邦中学校・高等学校が開校。
・1961年 - 東邦大学付属東邦中学校が開校。東邦大学付属東邦中学校・高等学校として中高一貫教育が始まる。
・1970年 - 男子部・女子部制を共学制に改める。
・1973年 - 習志野東地区(現校地)に移転。
・2005年 - セミナー館完成。
・2007年 - 高等学校の制服変更(女子のみ)。
・2009年 - 校内にあった「白羽寮」を多目的宿泊研修施設「習志野館」に改修。
・2017年 - 高等学校からの生徒募集を停止、完全中高一貫校化。
卒業生 ・加藤雅也 - テレビ新広島 (TSS) アナウンサー
・いとうせいこう - タレント
・伊奈川愛菓 - 女流将棋棋士
・久保寺健彦 - 作家(中学卒業生)
・小保方晴子 - 細胞生物学者
・金井宣茂 - JAXA宇宙飛行士、医師、元海上自衛官
・カベルナリア吉田 - 紀行エッセイスト(中学卒業生)
・唐十郎 - 劇作家
・倉橋友和 - 名古屋テレビ放送(メ~テレ)アナウンサー
・国分二郎 - 俳優(中途退学)
・高田崇史 - 推理作家
・葉山エレーヌ - 日本テレビアナウンサー
・細川晶生 - ギタリスト
・松田浩二 - ゲームデザイナー、イラストレーター(現在は薬剤師)
・多部田俊雄 - ゲームプロデューサー

「東邦大学付属東邦中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月11日0時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター