ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

三田(普通)


偏差値60( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)162.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 798位/7793校( 学科単位 )
関東地方 242位/1968校( 学科単位 )
東京都 80位/567校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【東京都立三田高等学校】
概要 1923年(大正12年)に東京府立第六高等女学校として誕生。校章の六枚の花弁をもつ「なでしこ」は、第六高女に由来している。開校の翌年、筑後久留米藩・有馬中務大輔の大名屋敷の跡地である現在の敷地に新校舎を建て移転。現在も当時の築山の名残として「オセンチ山」が校庭に残っている。開設の翌年に洋服を校服とし、初年度から修学旅行を行っている。また、1926年(大正15年)にはスキー教室を実施。1931年(昭和6年)には室内プールを設置した。この室内プールは女生徒の水着姿を人前に晒さないことが目的であり、前年に設置された屋外プールに建物を付け加えただけの加温設備を持たないものであったが、改築を経て現在の室内温水プールに至っている。また、体育教育に力を注ぎ、開設当初から運動会(現体育祭)を芝公園で実施し、1929年(昭和4年)からは、明治神宮競技場(現・国立競技場)で行った。一時は狭い校地の中にある校庭で体育祭が行われていたが、現在は大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場で行っている。1929年(昭和4年)には校内に夜間部(後の定時制)として私立六高女夜学校が設立され、1936年(昭和11年)東京府立第六高女夜学校、1941年(昭和16年)東京府立洗心女学校へと改称した。戦後、1950年(昭和25年)1月に東京都立三田高等学校と改称し、同年4月に男女共学・定時制併置の新制高等学校に改組された。昭和40年代の学生運動が盛んであった当時、多くの都立進学校が混乱に陥いる中、生徒教師の協力のもと、ほぼ通常通りの授業が行われた数少ない「無紛争校」であった。都心部に存在する都立高校への社会的要求を受け入れる形で、大規模改築を機に1977年(昭和52年)、海外帰国生徒学級を竹早高校とともに都立高校として初めて設置した(現在は国際高校を含め3校がある)。グラウンドが狭く、東京都済生会中央病院に隣接することなどの近隣への配慮で長らく野球部を持たなかった。しかし2006年度に有志によって野球同好会が設立され、翌2007年に正式な部に昇格した。もともと旧第一学区の女子ではトップクラスの受験難易度であったため、学校群制度(旧11群)が制定された時、日比谷高校、九段高校(この2校は女子の募集定員が少ない)と同じ群で編成された。1982年に学校群制度が廃止されて始まったグループ合同選抜制度制定以降は、日比谷高校に次ぐ位置にあった。グループ選抜が1994年に廃止され単独選抜に移行した後は、私立の進学校に押される一方、日比谷高校が独自入試を実施したり九段高校がコース制を採用したりする中、入試難易度・進学実績ともに低迷が続いていたが徐々に人気が回復し、重点支援校の指定を受け、さらに文部科学省による学力向上拠点形成事業指定校の指定も受けた。現在は土曜授業の復活・制服の導入・難関大合格に対応するカリキュラム編成や進学指導体制の充実などの学校改革が進んでいる。このほか、受験対策講習・放課後の大手予備校教材を用いたサテライト講習などが行われた結果、入試は近年男女共に高倍率である。2007年(平成19年)より東京都教育委員会より「進学指導推進校」の指定を受けている。同窓会(ワカバ会)は一般社団法人としての法人格を持ち、同窓会の事務取扱の他、軽井沢に山荘(現在は閉鎖)と大田区鵜の木に駐車場を所有している。定時制は次第に入学生が減少し、都立城南高校と三田高校をはじめとする近隣各校(日比谷、芝商業、青山、第一商業)の定時制課程を統合した東京都立六本木高等学校の設立により、2008年(平成20年)3月に閉課された。三田の地名を冠する学校には港区内に近接して三田中学校があるが、両校の間には中高一貫教育などの特別な関係はない。
交通 ● 電車
・ JR山手線・京浜東北線 田町駅 徒歩15分
・ 都営浅草線 三田駅 徒歩12分
・ 都営三田線 芝公園駅 徒歩7分
・ 都営大江戸線 赤羽橋駅 徒歩5分
・ 東京メトロ南北線(旧営団地下鉄) 麻布十番駅 徒歩10分
● バスいずれも「赤羽橋」下車5分
・ 都営バス
 ・ 橋86 目黒駅-赤羽橋-新橋駅
 ・ 反96 赤羽橋(五反田循環)
 ・ 都06 渋谷駅-赤羽橋-新橋駅
・東急バス
 ・ 東98 等々力操車所-目黒駅-赤羽橋-東京駅南口
沿革 ・ 1923年 - 東京府立第六高等女学校として開校。
・ 1924年 - 第一回修学旅行実施、校舎落成し府立第三高女より移転。
・ 1931年 - 屋内プール完成。
・ 1943年 - 都制施行により東京都立第六高等女学校と改称。都立女子専門学校が併設される。
・ 1948年 - 学制改革により東京都立第六女子新制高等学校と改称。
・ 1950年 - 東京都立三田高等学校と改称、男女共学開始。
・ 1952年 - 学区合同選抜制度導入。
・ 1959年 - AFS留学試験に参加し、以降例年留学生を出すようになる。
・ 1967年 - 学校群制度導入、日比谷高校・九段高校と11群を組む。
・ 1977年 - 現在の校舎が完成、海外帰国生学級を設置。
・ 1982年 - グループ合同選抜制度導入、九段・一橋・日比谷・赤坂・城南の各校と11グループに編成される。
・ 1994年 - 現在の単独選抜制度導入。
・ 1999年3月12日 - 都立広尾高校の教諭が校内に侵入し、校長室に爆弾を仕掛ける。建造物侵入と暴行の現行犯で逮捕される。
・ 2008年 - 定時制を閉課。
出身者 50音順
○ 学術・研究
・ 猿橋勝子 - 地球科学者
・ 野本由紀夫 - 玉川大学教授
・ 三浦太郎 - 中部大学教授・文化人類学者・小説「太郎物語(高校編・大学編)」のモデル
○ 政治
・ 芦沢一明(定時制) - 元渋谷区議会議員、元日朝友好促進東京議員連絡会代表
・ 上田令子 - 東京都議会議員
○ 経済
・ 石井直 - 電通社長(女性社員過労死事件で辞職表明)
・ 大橋鎭子 - 暮しの手帖社社長
○ 文芸・芸術
・ 秋山具義 - アートディレクター
・ いぬいとみこ - 作家
・ いわさきちひろ - 絵本作家
・ 小川欽也 - 映画監督
・ 小泉喜美子 - ミステリー作家
・ 高河ゆん - 漫画家
・ 斉藤敏豪 - テレビ演出家
・ 三浦暁子 - エッセイスト、三浦太郎の妻
・ 柳家小袁治 - 落語家
・ 渡辺多恵子 - 作家
○ 芸能
・ 新克利 - 俳優
・ 石井好子 - シャンソン歌手
・ 江戸川蘭子 - 元女優
・ 大山のぶ代 - 女優、声優
・ 金子貴俊(定時制) - 俳優・タレント
・ 砂原美智子 - オペラ歌手 / パリで活躍した藤原歌劇団プリマドンナ
・ 高橋洋子 - 作家・女優
・ 遠野舞子 - タレント
・ 拝郷メイコ - シンガーソングライター
・ 森今日子 - 女優
○ マスメディア
・ 銅谷志朗 - フリーアナウンサー
・ 西田百合子 - 元アナウンサー
・ 渡辺慎太郎 - 編集者・カーグラフィック誌編集長(2013年 - )
・ 馬野雅行 - MBSアナウンサー
○ スポーツ
・ 木村祐志 - サッカー選手
・ 堀越慈 - 元ラグビー日本代表、日本ラグビー協会・IRB理事
○ その他
・ 阿部眞弓 - 医師
・ デヴィ・スカルノ(定時制中退) - インドネシア元大統領夫人

「東京都立三田高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月10日2時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター