ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

豊島岡女子学園(普通)


偏差値72( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)207.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 18位/7793校( 学科単位 )
関東地方 8位/1968校( 学科単位 )
東京都 6位/567校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女女子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【豊島岡女子学園中学校・高等学校】
概要 1892年5月1日、河村ツネと2人の娘が東京府東京市牛込区(現:東京都新宿区)下宮比町に東京女子裁縫専門学校を設立。1898年に校舎を牛込区新小川町に移転、1904年に東京家政女学校と改称。1924年に牛込区弁天町において牛込高等女学校を開校する。しかし東京大空襲で牛込の校舎が全焼し、1947年に現在地へ移転。豊島岡女子学園と校名変更して、今日に至る。女子校で東大合格者数を近年20名前後出すなど、「女子御三家」(桜蔭、女子学院、雙葉)に引けを取らない合格実績を出し、「女子新御三家」の一つに数えられている。2021年度(予定)まで高校からも生徒募集をする数少ない女子校であるが、2022年度より高校募集を停止し、完全中高一貫校となる予定である。年間授業料はおよそ40万円と、都内の私立中学・高校の中で比較的安い方である。寄付金制度が無い。試験のとき以外は毎朝5分間の「運針」がある(毎朝の運針参照)。日本経済新聞STOCKリーグ部門賞(2005年)受賞やコーラス部の全日本合唱コンクールやNHK全国学校音楽コンクールにおける全国大会出場など、生徒の自主性も高い。
沿革 ○ 戦前
・ 1892年(明治25年)5月1日 - 河村ツネと2人の娘が東京府東京市牛込区下宮比町(現在の新宿区下宮比町)に東京女子裁縫専門学校。
・ 1924年(大正13年)
 ・ 2月18日 - 文部省より東京市牛込区弁天町(現在の新宿区弁天町)に牛込高等女学校を設置し、4月より開校の許可。
 ・ 4月 - 東京市牛込区弁天町に牛込高等女学校を開校。
・ 1928年(昭和3年)
 ・ 3月10日 - 文部省より東京市牛込区弁天町に東京家政女学校を設置し、4月より開校の許可。
 ・ 4月 - 東京市牛込区弁天町に東京家政女学校を開校。
・ 1933年(昭和8年)3月 - 東大教授を定年退官した二木謙三が、牛込高等女学校の経営に参加。
・ 1944年(昭和19年)3月 - 豊島区日出町三丁目(現在地・東池袋一丁目)に牛込の借用校地と別に学校用地を買収。
・ 5月25日 - 東京大空襲により日出町の校舎が全焼。
・ 1956年(昭和31年)7月 - 校舎を全面改築。
・ 1982年(昭和57年)5月 - 『創立九十周年記念誌』刊行。『豊島岡女子学園九十年史』刊行。
・ 1992年(平成4年)5月 - 『豊島岡女子学園百年史』刊行。
・ 2002年(平成14年)4月 - 『豊島岡女子学園創立110周年記念誌』刊行。
・ 2012年(平成24年) - 創立120周年。
・ 2018年(平成30年) - 文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール (SSH) の指定を受ける(2022年度まで)。

「豊島岡女子学園中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月30日2時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター