ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

中央大学(昼間定時制)


偏差値68( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)192.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 97位/7793校( 学科単位 )
関東地方 37位/1968校( 学科単位 )
東京都 17位/567校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【中央大学高等学校】
概要 前身は1927年創立の中央大学商業学校。1928年中央大学が最初の付属校として、向学心に燃える勤労青少年のために設立。以来都内私立高校では唯一の独立定時制高校であったが、学校教育法の一部改正に伴い、1989年度入学生から修業年限3年制を実施。その後、1993年度から昼間定時制に移行した。また、それまでの週5日制を2008年度新入生から週6日制に変更した(2,3年生は週5日制維持)。中央大学後楽園キャンパス内にある。男女共学で生徒数は約480名。当初は各学年2クラス編成で学校全体の人数も240人ほどであったが、2002年理工学部キャンパス3号館の工事終了とともに高校校舎が拡大し、2002年度入学生より1学年約160人(4クラス)へと増えた。中央大学の附属学校は他に中央大学附属中学校・高等学校(小金井市)、中央大学杉並高等学校(杉並区)および中央大学附属横浜中学校・高等学校(横浜市都筑区)があるが、附属4校のうち最も古い歴史を持つ。なお、附属4校のうち生徒数は最少である。
交通 ・ 東京メトロ 丸ノ内線・南北線後楽園駅より徒歩3分
・ 都営地下鉄 大江戸線・三田線春日駅より徒歩5分
・ 都営地下鉄 三田線水道橋駅より徒歩10分
・ JR 総武線水道橋駅より徒歩12分
沿革 ・ 1928年3月 - 中央大学商業学校創立開校(甲種・商業科夜間4年制)、初代校長 馬場愿治就任
・ 1948年4月 - 中央大学高等学校と改称(商業科夜間4年制)
・ 1954年2月 - 後楽園校舎に移転
・ 1957年4月 - 錦町校舎(旧千代田区役所庁舎)に移転、普通科設置
・ 1966年4月 - 聖橋校舎に移転、商業科の募集を停止
・ 1980年8月 - 文京区春日理工学部キャンパス(8号館)に移転、現在に至る
・ 1982年~1984年 - 東京都高等学校定通制体育大会総合優勝
・ 1988年11月 - 創立60周年記念式典挙行
・ 1989年4月 - 新入生より修業年限3年制に移行、第10代校長 栗原泰房就任
・ 1991年4月 - 第11代校長 新川文雄(理工学部教授)就任
・ 1992年3月 - 4年制最終卒業生と3年制一回卒業生が同時卒業
・ 1993年4月 - 授業時間帯を改め、昼間定時制に移行、制服が制定される
・ 1995年4月 - 第12代校長 山岡俊文就任
・ 1997年8月 - 全国高等学校定時制通信制軟式野球大会準優勝
・ 1998年4月 - 第13代校長 杉田達雄(理工学部教授)就任
・ 1998年10月 - 中央大学高等学校創立70周年記念式典挙行
・ 2003年4月 - 第14代校長 岸信行(理工学部教授)就任、理工学部新棟(3号館)2・3階に高校施設完成、新入生より制服のデザインを変更
・ 2007年4月 - 第15代校長 田中好一就任、高校の教諭の校長就任は初
・ 2008年4月 - 第16代校長 植野妙実子(理工学部教授、憲法専門)就任
・ 2008年11月24日 - 創立80周年記念式典を理工学部アリーナで開催。来賓、卒業生、在校生及び保護者等901人が出席。創立80周年記念誌「白灯」発刊。
・ 2010年4月 - 第17代校長 村岡晋一(理工学部教授、哲学専門)就任

「中央大学高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月9日17時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター