ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

札幌西(普通)


偏差値65( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)181.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 262位/7793校( 学科単位 )
北海道地方 4位/312校( 学科単位 )
北海道 4位/312校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【北海道札幌西高等学校】
概要
● 歴史1912年(明治45年)に旧制中学校として創立。2012年(平成24年)に創立100周年を迎えた。
● 校訓「自由・自律・叡智・創造」
● 校風生徒の個性を尊重した自由な校風。西高実行精神は「やることはやる・やるときはやる・やれるだけやる」である。
● 制服制服はなく、私服である。なお、上靴のみ指定のものが販売されている。
交通 ・ 札幌市営地下鉄東西線西28丁目駅徒歩15分
・ ジェイ・アール北海道バス山の手線西高校前徒歩1分
沿革 ○ 旧制中学校時代(全日制の前身)
・1912年
 ・(明治45年)7月8日 - 文部省告示第174号により「北海道庁立第二札幌中学校」の設立が認可される。定員を50名とする。
 ・(大正元年)9月30日 - 札幌市北3条西19丁目に起工。
・1913年(大正2年)
 ・3月31日 - 初代校長に善波功が任命される。
 ・4月1日 - 「北海道庁立第二札幌中学校」が開校。
  ・屋内体操場を仮教室とし、庁立札幌中学校(北海道札幌南高等学校の前身)第2学年生徒78名を2学級に編成し、新たに第1学年生徒97名の入学を許可。
 ・10月18日 - 本校舎が完成。
・1915年(大正4年)4月17日 - 「北海道庁立札幌第二中学校」と改称。
・1922年(大正11年)7月8日 - 校旗と校歌を制定。
・1947年(昭和22年)11月1日 - 「北海道立札幌第二中学校」と改称(「庁」が除かれる)。
○ 旧制夜間中学校時代(定時制の前身)
・1923年(大正12年)
 ・4月24日 - 「札幌中等夜学校」の設立が認可される。
 ・5月7日 - 開校式・入学式を挙行。
・1932年(昭和7年)2月23日 - 北山新太郎により基本財団として山林が寄贈され、財団法人が組織され始める。
・1934年(昭和9年)3月9日 - 「財団法人札幌夜間中学校」の設立が認可される。
・1943年(昭和18年)4月1日 - 私立昭和中学校を併合し、道移管の上、「北海道庁立札幌第二中学校夜間部」と改称。
・1947年(昭和22年)11月1日 - 「北海道立札幌第二中学校夜間部」と改称。
○ 新制高等学校
・1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)
 ・旧制札幌第二中学校が廃止され、新制高等学校「北海道立札幌第二高等学校」(男子校)が発足。夜間部を夜間課程とする。
・1950年(昭和25年)4月1日 - 公立高校再編によって、「北海道札幌西高等学校」(現校名)と改称。男女共学となる。夜間課程を定時制課程とする。
 ・定時制分校を2校(厚別・琴似)設置。
・1951年(昭和26年)11月1日 - 定時制琴似分校が分離・移管の上、琴似町立琴似高等学校(北海道札幌新川高等学校の前身)として独立。
・1960年(昭和35年)7月9日 - 火災により、校舎の大半を焼失。 これにより、現在の場所に移転。なお、跡地には札幌龍谷学園高等学校が建設された。
・1962年(昭和37年)3月1日 - 現在地に校舎が完成し移転。
・1972年(昭和47年)4月1日 - 制服が廃止され、服装が自由化となる。
・1974年(昭和49年)1月9日 - 輔仁会(同窓会)により、校庭に戦没者記念碑が建立。
・1977年(昭和52年)7月28日 - 輔仁会創立60周年記念として校庭にブロンズ像「蒼穹」が建立。
・ 1984年(昭和59年)10月30日 - オレゴン州・ポートランド市、ウッドロウ・ウイルソン高校と姉妹校になる。
・1994年(平成6年)2月25日 - 屋内体育館と柔剣道場、屋内プールを改築。
・1995年(平成7年)11月27日 - 新校舎(現校舎)が完成し移転。
・1996年(平成8年)11月12日 - 同窓会館「輔仁会館」が完成。
・1997年(平成9年)1月24日 - 第二体育館が完成。
・2005年(平成17年)4月1日 - 通信制課程と同時に学ぶこと(定通併修制度)で、従来は卒業に4年かかる定時制課程で3年間の卒業が可能となる。
・2012年(平成24年)10月13日 - 創立100周年・定時制90周年記念式典を開催。
出身者 旧制札幌二中入学で、戦後の学区変更で他校に移った者も含む。
○ 政治・行政
・ 石井亨 - 元仙台市長、元宮城県副知事
・ 和泉晶裕 - 元国土交通省北海道局長、元国土交通省北海道開発局長
・ 糸田省吾 - 元公正取引委員会委員、元公正取引委員会事務総長
・ 加藤進 - 元宮内次官、会計検査院長
・匂坂克久 - 国立科学博物館副館長、国立科学博物館附属自然教育園長、元文部科学省国際交流官
・ 鈴木昭雄 - 元航空自衛隊幕僚長
・ 田中秀穂 - 元駐フィリピン特命全権大使、元外務省中近東アフリカ局長
・田村秀夫 - 元国土交通省北海道局長、元国土交通省大臣官房審議官
・ 寺内靖治 - 元石狩町長
・ 横路孝弘 - 元衆議院議長、元北海道知事。1年2学期以降は都立九段高校
○ 経済界
・ 阿部修平 - スパークス・グループ株式会社創業者・社長
・ 有末真哉 - 大樹生命保険会長
・ 内山斉 - 元読売新聞グループ本社社長
・ 川村隆 - 元日立製作所会長、社長
・ 蛇川忠暉 - 元日野自動車工業社長
・ 長沼昭夫 - きのとや創業者・会長
・長沼修 - 元北海道放送社長、元札幌ドーム社長
・ 成毛眞 - 元日本マイクロソフト社長
・ 松村誠一 - ピジョン会長
・宮尾文也-レオパレス21社長

○ 法曹
・ 小林充 - 元裁判官、元北海学園大学法科大学院教授
○ 学者
・ 秋野晶二 - 経営学者、立教大学経営学部教授
・ 荒木俊夫 - 政治学者、北海道大学教授
・ 荒又重雄 - 経済学者、元釧路公立大学学長
・ 石井次郎 - 地質学者、東海大学名誉教授(二中卒)
・ 宇田川洋 - 考古学者、東京大学名誉教授
・ 上出洋介 - 地球宇宙物理学者、名古屋大学名誉教授
・ 郡司正勝 - 演劇研究者、早稲田大学名誉教授(二中卒)
・ 佐々木裕次 - 生物物理学者、東京大学大学院教授
・ 新保史生 - 憲法学者、慶應義塾大学総合政策学部教授
・ 高杉年雄 - 医学者、元北海道大学教授(二中卒)
・ 中野美代子 - 中国文学者、北海道大学名誉教授
・ - 神経科学者、元UCLA教授(二中卒)
・ 前田朗 - 法学者、東京造形大学人間教育科教授
・ 室谷賢治郎 - 経営学者、札幌学院大学元学長
・ 森本正夫 - 経済学者、学校法人北海学園理事長
・ 山内亮史 - 社会学者、旭川大学元学長
○ 文化人・芸能人・ミュージシャン
・ 幾瀬勝彬 - 推理作家
・ 伊福部昭 - 作曲家
・ 岡部政明 - 声優、ナレーター
・ 小野栄一 - コメディアン
・ 叶高 - 歌手(サーカス)
・ 川端民生 - ジャズベーシスト
・ 窪田僚 - 作家
・ ケンジ・シラトリ - 作家
・ 坂本直行 - 画家
・ 笹島明夫 - ジャズギタリスト
・ 佐藤秀峰 - 漫画家
・ 佐藤忠良 - 彫刻家、東京造形大学名誉教授
・ 左右田一平 - 俳優
・ 品田雄吉 - 映画評論家
・ 島田明宏 - 競馬ライター、 作家
・ 田代明 - 女優
・ 田中裕子 - 女優
・ 谷村志穂 - 作家
・ 蔦谷好位置 - 音楽プロデューサー、キーボーディスト
・ 永倉麻貴 - フラメンコダンサー
・ 原田甫 - 作曲家
・ 船山馨 - 作家
・ 本郷新 - 彫刻家
・ 増谷康紀 - 声優
・ 松平修文 - 画家、歌人
・ 馬渡新平 - 陶芸家
・ 三浦淳史 - 音楽評論家
・ 三国義貴 - スタジオ・ミュージシャン
・ 水口哲也 - ゲームプロデューサー
・ 村井祐児 - クラリネット奏者
・ 山内壮夫 - 彫刻家
・ 李恢成 - 作家
・ 若山弦蔵 - 声優、ナレーター(札幌二中入学、北海道札幌南高等学校卒業)

○ マスコミ
・ 港浩一 - 共同テレビジョン代表取締役(元・フジテレビプロデューサー)
・ 高氏敦 - NHKアナウンサー
・ 高鍬亮 - NHKアナウンサー
・ 高野美佐 - 元札幌テレビ放送アナウンサー
・ 宮田愛子 - フリーアナウンサー(元・札幌テレビ放送アナウンサー)
・ 諸星清佳(旧姓・吉井)- フリージャーナリスト、元北海道新聞記者

「北海道札幌西高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月12日3時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター