ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

武生(普通)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7793校( 学科単位 )
中部地方 114位/1314校( 学科単位 )
福井県 3位/65校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【武蔵高等学校 (旧制)】
概要
・ 財界人の根津嘉一郎によって作られた根津育英会を設置者(経営母体)に、改正高等学校令により設立された。私立の旧制高等学校としては日本で最初のものである。
・ 旧制中学校に相当する修業年限4年の尋常科、大学予科相当の文科・理科からなる3年の高等科が設置された7年制旧制高等学校である。生徒の出身は東京が多かった。
・ 既存の高等学校との差別化を図るため、開校時は学生帽に白線を付けなかった。しかし、高等科で白線を付けたいとの要望があり、1946年に服装規定が廃止されて2条の白線が見られるようになった。
・ 寄宿舎として尋常科の慎独寮、高等科の双桂寮・愛日寮が設置された。
・ 現在の新制武蔵大学・武蔵高等学校・武蔵中学校の構成母体となった。
・ 同窓会は武蔵中学校・高等学校の同窓会に継承されている。
年表 ・ 1921年
 ・ 9月:根津嘉一郎を理事長とする財団法人根津育英会の設立。旧制高等学校の設立を文部省に申請。
 ・ 12月:武蔵高等学校設立認可(学校としての設立)。
・ 1922年
 ・ 1月:校章制定。
 ・ 2月:第一回入学試験実施。
 ・ 4月17日:開校および第一回入学式。尋常科1年79名が入学。初代校長に一木喜徳郎、教頭に山本良吉が就任。
 ・ 7月:最初の校外学習「夏期山上学校」が行われる。
 ・ 11月:武蔵野鉄道の最寄り駅として「武蔵高等学校用仮停留所」が開設された。
  ・ 現在の西武鉄道池袋線江古田駅。ただし開設当初は現在の位置よりもやや西に所在した(江古田駅歴史参照)。
・ 1924年
 ・ 7月:夏期海浜学校が始まる。
 ・ 10月:生徒外遊基金団成立。
 ・ 12月:校友会発足。
・ 1926年
 ・ 3月:第一回尋常科修了式。
 ・ 4月:高等科開校。
・ 1927年
 ・ 7月:生徒外遊基金による第一回外遊の出発。
 ・ この年より生徒による気象観測が始まる。
  ・ 校内の気象観測所は1940年代以降中央気象台が使用、その後気象庁練馬観測所となり現在に至っている。
・ 1928年
 ・ 4月:開校式挙行。長崎太郎教授作詞・田中規矩士教授作曲の校歌「武蔵讃歌(青空わたる)」制定。
 ・ この年、『武蔵高等学校六年史』刊行。
・ 1929年
 ・ 3月:第一期予餞会(卒業式)。
 ・ 4月:父兄会発足。
・ 1931年
 ・ 10月:同窓会発足。
・ 1932年
 ・ 4月:開校十周年記念式挙行。
 ・ この年、『武蔵高等学校十年史』刊行。
・ 1933年
 ・ この年、籠球部がインターハイで優勝。
・ 1936年
 ・ 6月:根津化学研究所が設置。初代所長は玉蟲文一教授。
・ 1937年
 ・ この年、蹴球部がインターハイで優勝。
・ 1940年
 ・ この年、剣道部・弓道部がインターハイで優勝。
・ 1941年
 ・ 1月:校友会を報国団と改称。
 ・ 4月:開校二十周年記念式挙行。『武蔵高等学校二十年史』刊行。
 ・ 8月:高等科生徒の勤労動員が始まる。
・ 1943年
 ・ 4月:元校長の山川(健次郎)・山本を記念し山川賞・山本賞を制定。
  ・ それぞれ生徒の理科・文科の研究に対する賞であった。
・ 1944年
 ・ 4月:校旗制定。
 ・ 5月:生徒勤労動員壮行会。以降学徒農村動員作業、学徒勤労動員が本格化。
 ・ 8月:校舎3階を防衛司令部に徴発される。
・ 1945年
 ・ この年、修業年限が1年短縮。
 ・ 2月:校舎2階の一部を東京第二兵器廠へ貸与する。
 ・ 4月:米軍の空襲により校地東側の木造施設等約800坪を焼失する(後掲)。
 ・ 7月〜8月:尋常科1年は勤労動員を兼ねて栃木県那須に集団疎開する。
 ・ 9月:授業再開。
・ 1947年
 ・ 2月:学制改革実施に伴い尋常科の存続が不透明となったため、同科の生徒募集を中止。
・ 1948年
 ・ 9月:新制武蔵高等学校発足。尋常科の3・4年修了者が新制に移行。
 ・ この年、宮本和吉校長や安倍能成ら根津育英会顧問により、武高を含む4校で東京連合大学を共立する構想が出されるも、頓挫。
・ 1949年
 ・ 4月:新制武蔵中学校および新制武蔵大学(経済学部経済学科)発足。
・ 1950年
 ・ 3月:22期生卒業式。旧制武蔵高等学校廃止。

「武蔵高等学校 (旧制)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月30日2時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター