ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

松本深志(普通)


偏差値64( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)177.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 345位/7793校( 学科単位 )
中部地方 61位/1314校( 学科単位 )
長野県 1位/155校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【長野県松本深志高等学校】
概要 長野県内で最も古い歴史を持つ高等学校である。校名の「深志」とは松本市の古称「深志郷」に由来し、「扇状地の伏流水がわき出る場所」を意味する。本校管理棟普通教室棟(第一棟)と講堂は、共に2003年4月8日から、国の登録有形文化財となっている。
・第一棟(1933年竣工) - 初期のコンクリート造学校建築で、尖った柱の形や尖頭状の正面玄関のアーチ等、ゴシック風意匠に特徴がある。
・講堂(1934年竣工) - 体育館を兼ねる。壁体は鉄筋コンクリート造、屋根は桟瓦葺の切妻屋根である。5連の尖頭アーチが特徴のアーケード風の正面玄関、玄関のスクラッチタイルなどは第一棟に呼応した意匠である。
交通 ● 鉄道
・JR大糸線:北松本駅 徒歩25分
・JR篠ノ井線・アルピコ交通上高地線:松本駅 徒歩35分
● バス
・松本電鉄バス北市内線が当校周囲の道路を走っている。平日1時間に2~3本運行、松本駅お城口から12分。
 ・深志高校裏 - 北市内線西回り 松本駅お城口行き(松本駅から乗るとこちらに着く)(土休日の午前は運休)
 ・深志高校前 - 北市内線東回り 松本駅お城口行き(松本駅に向かうときはこちらから乗る)(土休日の午後は運休)
  ・松本深志高校周囲の道路は一方通行の為、二方向のバス停が別になっている。
沿革 ・1876年(明治9年) - 第十七番中學變則學校(第二大学区)として創立。
・1877年(明治10年) - 第十八番變則中學校(第六大学区)に校名変更。
・1880年(明治13年) - 公立松本中學校となる。
・1883年(明治16年) - 東筑摩中學校となる。
・1884年(明治17年) - 長野縣中學校設立にともない松本支校(本校:長野 支校:松本、上田、飯田)となる。(創立70周年までの創立起算年)
・1885年(明治18年) - 新校舎が松本城内二の丸に落成。(初めての旧制中學としての専用校舎をもつ)
・1886年(明治19年) - 一府県一中学の制により、県内4つの本支校を統合し長野縣尋常中學校となる。
・1893年(明治26年) - 長野、上田、飯田に支校を復活設置。
・1898年(明治31年) - 校章(蜻蛉印)を制定。
・1899年(明治32年) - 長野縣立松本中學校となる。長野支校が上田支校をともない独立。
・1900年(明治33年) - 飯田支校、上田支校が独立。
・1901年(明治34年) - 大町分校を設置。
・1904年(明治37年) - 大町分校が独立。
・1919年(大正8年) - 校歌「蒼溟遠き」を制定。
・1920年(大正9年) - 長野県令38号により、長野縣松本中學校に改称。
・1935年(昭和7年) - 蟻ケ崎の現校舎に移転。
・1947年(昭和22年) - 第29回全国中等学校優勝野球大会に出場。
・1948年(昭和23年) - 学制改革により長野県松本深志高等学校となる。
・1967年(昭和42年) - 西穂高岳落雷遭難事故が発生。
・1973年(昭和48年) - 長野県松本筑摩高等学校の開校に伴い、定時制を廃止。
・2003年(平成15年) - 文部科学省から学力向上フロンティアハイスクール事業の指定を受ける(2005年度迄)。
・2016年(平成28年) - 創立140周年を迎える。
出身者 ○ 政治
 ○ 学者
 ・熊谷寛夫 - 物理学者、加速器科学、随筆家、東京大学名誉教授、千葉大学教授、日本大学教授、旧姓青木
 ・熊谷岱蔵 - 医学者(内科)、東北帝国大学医科大学(現:東北大学医学部)教授・総長、熊谷寛夫の義父
 ・小岩井浄(中退) - 教育者、弁護士、愛知大学創設者、のちに旧制諏訪中学校へ
 ・近藤次繁 - 医学者
 ・白木正博 - 医学者
 ・鈴木雅次 - 土木工学者
 ・大工原銀太郎 - 土壌肥料学者、九州帝国大学総長、同志社総長
 ・高橋偵造 - 化学者
 ・田中穂積 - 法学者、早稲田大学第4代総長
 ・田中義麿 - 遺伝学者
 ・永田広志 - 哲学者
 ・中山久四郎 - 東洋史学者
 ・西村真琴 - 生物学者、北海道大学教授
 ・花岡堅而 - 医師・元日本医師会会長
 ・原田伴彦 - 歴史学者
 ・樋口龍峡 - 社会学者
 ・藤森秀夫 - ドイツ文学者
 ・洞富雄 - 歴史学者、早稲田大学教授
 ・馬瀬良雄 - 日本語学者
 ・宮坂哲文 - 教育学者
 ・宮沢俊弥 - 地球科学者
 ・三輪公忠 - 国際政治学者、上智大学名誉教授
 ・望月市恵 - ドイツ文学者
 ・湯本武比古(中退) - 教育学者、のちに東京師範学校へ
 ・横田秀雄(中退) - 政治学者、のちに司法省法学校へ
 ・吉江喬松 - フランス文学者
 ・吉田静致 - 倫理学者
・松本深志高等学校卒
 ・相田利雄 - 法政大学社会学部教授、法政大学大原社会問題研究所所長
 ・赤堀雅幸 - 人類学者、上智大学総合グローバル学部教授
 ・浅川達人 - 社会学者、明治学院大学教授
 ・荒木崇 - 京都大学大学院生命科学研究科教授
 ・石田光男 - 経済学者、同志社大学大学院社会学研究科教授、前社会学部長
 ・礒山雅 - クラシック音楽評論家、国立音楽大学教授
 ・岩岡道夫 - 物理有機化学・タンパク質科学、東海大学理学部化学科教授
 ・大澤真幸 - 社会学者、元京都大学大学院人間・環境学研究科教授
 ・荻上紘一 - 数学者、元東京都立大学第10代総長
 ・金井浩 - 工学者、東北大学教授
 ・鎌倉稔成 - 統計学者、中央大学理工学部経営システム工学科教授
 ・刈間理介 - 医学者、衛生学者、東京大学環境安全研究センター准教授
 ・木内義勝 - 情報社会学者
 ・窪田充見 - 民法学者、神戸大学大学院法学研究科教授
 ・熊井英水 - 近畿大学農学部名誉教授
 ・小林哲郎 - 医学者、山梨大学名誉教授
 ・小林基弘 - 歌手。医学者、福井大学教授
 ・佐藤綾子 - 心理学者
 ・清水征樹 - 同志社大学教授
 ・白石美雪 - 音楽学者
 ・高津聖志 - 免疫学者、元東京大学医科学研究所教授
 ・田口守一 - 早稲田大学名誉教授
 ・多湖淳 - 政治学者
 ・田中勝人 - 経済学者、一橋大学大学院経済学研究科教授
 ・中嶋嶺雄 - 国際関係論、国際教養大学理事長・学長、東京外国語大学元学長
 ・中畑雅行 - 天体物理学者
 ・中村勝範 - 政治学者
 ・村田滋 - 東京大学教授
 ・花岡千春 - クラシック音楽家、国立音楽大学教授
 ・早野龍五 - 物理学者
 ・原輝史 - 経済学者、早稲田大学商学部教授
 ・古厩忠夫 - 歴史学者、新潟大学教授
 ・前田進 - 農学者、カリフォルニア大学デービス校教授
 ・森泰生 - 京都大学大学院工学研究科教授
 ・山越言 - 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科准教授
 ・山本義郎 - 計算機統計学、東海大学理学部数学科教授
 ・加藤節 - 政治学者、成蹊大学名誉教授
・不明
 ・佐々木重次 - インドネシア語学、東京外国語大学名誉教授}}
○ 経済・法曹
 ○ 文化人・スポーツ選手
 ○ その他

「長野県松本深志高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月25日13時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。