ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

一宮興道(普通)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7793校( 学科単位 )
中部地方 114位/1314校( 学科単位 )
愛知県 42位/327校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【愛知県立一宮興道高等学校】
概要
・ 1983年(昭和58年)開校。
・ 略名は「一宮興道」「興道」。
・ 2005年(平成17年)の募集人員は320人であったが2006年度(平成18年度)から280人に削減されている。しかし、2010年度(平成22年度)から再び320人に増加した。これは市中心部の人口増によるもの。しかし2014年度(平成26年度)から40人減の280人に再び削減される。
・ 「興道」の名称は近くに位置する一宮市立大和東小学校の旧名「興道尋常小学校」からとったものである。そもそもの由来は漢書司馬相如伝の語句「奔然興道而遷義」で、さかんに道をおこし、その道をおしひろめるという意味である。
・ 開校時は1学年10クラスだったが、第2次ベビーブーム世代が高校生だった1990年(平成2年)頃には一時的に1学年12クラスあった。
沿革 ・ 1981年(昭和56年)11月19日 - 愛知県教育委員会が一宮地区に県立高等学校の設置を決定する。
・ 1982年(昭和57年)7月17日 - 第一期建築工事の起工式が行われる。
・ 1982年(昭和57年)12月21日 - 校名が「愛知県立一宮興道高等学校」となることが決定する。
・ 1983年(昭和58年)4月1日 - 初代校長森巌のもと開校する。
・ 1983年(昭和58年)4月5日 - 武道場において入学式を挙行。第1回生374名。
・ 1984年(昭和59年)6月30日 - 第二期校舎棟が完成する。
・ 2002年(平成14年)10月31日 - 創立20周年記念式典挙行。
・ 2012年(平成24年)11月1日 - 創立30周年記念式典挙行
出身者 ・ 野々部尚昭 - 稲沢市議会議員、広島修道大学非常勤講師
・酒井秀彰 - 水泳選手、2008年ワールドカップモスクワ大会3位

「愛知県立一宮興道高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月6日17時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。