ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

津(普通)


偏差値67( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)188.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 137位/7793校( 学科単位 )
近畿地方 44位/1347校( 学科単位 )
三重県 6位/145校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【三重県立津高等学校】
概要 1880年(明治13年)開校の、三重県最古の歴史を誇る高等学校であり、これまで多数の人材を世に送り出してきた。1学年は、40人の9クラスで計360人である。男女数はほぼ同数か若干男子が多い。1年次のクラスでは男女同数になる編成がなされるが、類型選択後のクラスは文系は女子、理系は男子の数が圧倒的に多い。しかし、この傾向も鈍化の兆しが見られ、文系における男女比も理系における女男比はそれぞれ12くらいの割合になっている。授業は、2002年度より65分授業(1日5限・金曜日は5時限目にSSHとLHR有。また、隔週月曜日は6時限授業。)となった。1時限の授業が長いため、グループワークなどがたくさん授業に盛り込まれている。また、津高校は2学期制(3学期制と違い、前期・後期となる)を導入している。このシステムは定期試験の回数を極力減らし、授業時間を確保するという目的のもと実行されていて、少ない定期試験の代わりに校内模試や確認テストといった1日ないし2日間で終わらせるテストを充実させ、試験回数を補填している。なお、津高校は開校以来一度も制服が制定されたことがなく、同校の自由な校風をあらわしている(実際には戦後まもない頃は私服の生徒はほとんどいなかった)。2014年度より、2年生が3年生から茶色の全身タイツを受け継ぐことが伝統となった。2010年に津高校130周年・同窓会設立50周年を記念して「母校の教壇」を開催。翌年からは「有造塾」として卒業生による講演を毎年実施している。2018年より文部科学省が指定するSSHの三期の指定を受けた。これは県内で唯一である。
交通 ・ 近鉄名古屋線津駅東口三重交通バス1番乗り場津新町駅同3番乗り場より 91-1系統平木、91-5殿舟団地、93-1系統片田団地 4番乗り場95-1系統穴倉行き 津高校前下車徒歩3分
・ 津新町駅より徒歩10分
沿革 ○ 津中学校
・ 1880年1月25日 - 津藩校有造館跡(現NTT津丸の内ビル)に津中学校開校。
・ 1886年 - 安濃郡古河村(現西橋内中学校)に校舎を移転。
・ 1899年4月 - 三重県第一尋常中学校と改称。(通称津中学校)
・ 1901年5月 - 三重県立第一中学校と改称。(通称津中学校)
・ 1919年8月8日 - 三重県立津中学校と改称。
○ 津高等女学校
・ 1901年4月10日 - 私立津市女学校(現センターパレス)を県立に移管し、三重県立高等女学校として開校。
・ 1903年10月 - 柳山(現三重県立夢学園)に校舎を移転。
・ 1922年4月1日 - 三重県立津高等女学校と改称。(通称三重県立高等女学校)
○ 津高等学校
・ 1948年5月23日 - 新学制により津中学校と津高等女学校が統合し、三重県津高等学校誕生。
・ 1949年4月25日 - 学区制の実施により津市立高等学校を吸収。
・ 1951年
 ・ 2月19日 - 津高新聞復刊第1号を発行。
 ・ 3月31日 - 三重県立津高等学校と改称。
 ・ 4月25日 - 商業科、定時制普通科を廃止。
 ・ 4月 - 校章を制定。
・ 1953年
 ・ 12月19日 - 校歌を発表。
 ・ 8月4日 - 多治見工業高校を破って三岐代表として甲子園出場権を得る。(初戦敗退)
・ 1955年3月25日 - 沖創刊号を発行。
・ 1962年
 ・ 12月2日 - 午前3時半頃、木造校舎職員室付近で出火。本館及び1号館の23室が全焼。
 ・ 12月10日 - 体育館を10に仕切り、1年生の特設教室とする。
・ 1963年4月14日 - 新校舎第1期起工式を挙げる。(焼失した校舎の再建工事)
・ 1964年2月22日-2月24日 - 再建された校舎へ移転作業。
・ 1965年1月10日 - 音楽担当教諭と理科担当教諭が正門前の横断歩道で近鉄タクシーにはねられ、死去。これがきっかけとなり、後に津高交通安全の日が設けられる。
・ 1974年 - 総合選抜制度(学校群制度)導入、三重県立津西高等学校とともに第2群となる。
・ 1980年2月4日 - 創立百年記念館の起工式を挙げる。
・ 1995年 - 三重県立津西高等学校との総合選抜制度(学校群制度)解消、二学期制を導入。
・ 2001年 - シラバス及び類型制を導入。体育祭が廃止される。
・ 2002年 - 1限あたりの授業時間を50分から65分に延長する。
・ 2007年 - スーパーサイエンスハイスクールに指定(指定期間は5年間)。
・ 2010年10月6日 - 体育祭が再び開かれる。
出身者 ・ 甘粕正彦 - 陸軍軍人。陸軍憲兵大尉、満州映画協会理事長
・荒木真一 - 環境技官。内閣府政策統括官、元原子力規制庁長官官房審議官
・ 生悦住求馬 - 内務官僚。内務省警保局図書課長、宮城・千葉県知事(官選)
・ 池田克 - 司法官僚。大審院次長検事、司法省刑事局長・思想部長。最高裁判事。
・ イケムラレイコ - 画家
・ 一尾直樹 - 映画監督
・ 稲森宗太郎 - 歌人
・ 茨木政彦 - 週刊少年ジャンプ 元編集長、ジャンプスクエア現編集長
・ 浦口史帆 - 東海テレビアナウンサー
・ 大久保房男 - 編集者、作家
・ 太田蘭三 - 小説家
・ 大海原重義 - 内務官僚。山梨県・岡山県・京都府知事(官選)
・ 奥田務 - 関西経済同友会代表幹事、大丸代表取締役会長 兼 最高経営責任者(CEO)
・ 小津正次郎 -実業家、阪神タイガース球団社長兼阪神電鉄専務取締役
・ 加藤佳子 - 日本画家、日本画教室講師
・ 川喜田半泥子 - 実業家、陶芸家
・ 鬼頭白雨-歌人
・ 川端康生 - フリーライター
・ 神崎正英 - セマンティック・ウェブ技術研究者
・ 久野誠 - CBCテレビアナウンサー
・ 熊澤一衛 - 実業家、歌人
・ 倉本一宏 - 歴史学者。国際日本文化研究センター(日文研)教授、総合研究大学院大学(総研大)文化科学研究科 国際日本研究専攻教授
・ 黒崎竜也 - 競艇選手
・ 小久保修 - 小説家
・ 佐々木敏 - 東京大学教授
・ 佐藤昌胤 - 画家
・ 篠原誠 - 電通クリエイティブ・ディレクター・CMプランナー
・ 下山定則 - 鉄道官僚。日本国有鉄道初代総裁
・ 住沢博紀 - 政治学者。日本女子大学家政学部家政経済学科教授
・ 玉井金五 - 経済学者
・ 寺西信一 - エンジニア、エリザベス女王工学賞受賞。
・ 東畑精一 - 農業経済学者。東京大学名誉教授、アジア経済研究所所長、文化勲章
・ 中川正春 - 政治家。衆議院議員
・ 中村悌次 - 海軍大尉、第11代海上幕僚長
・ 西久保豊一郎 - 陸軍少佐
・ ぱいぱいでか美 - タレント、歌手
・ 橋本策 - 橋本病を発見した医学博士
・ 長谷川素逝 - 俳人
・ 服部重彦 - 島津製作所社長、日本航空宇宙工業会副会長、京都工業会会長
・ 弘田龍太郎 - 作曲家
・藤原松三郎 - 戦前の日本を代表する数学者(生1881年、没1946年)
・ 本田理紗子 - 歌手、女優
・ 前葉泰幸 - 津市長、元総務省職員
・ 松井春生 - 東京都長官(1946年6月-)、大阪府知事(1946年1月-)、内閣調査官、革新官僚
・ 馬瀬紀夫 - 元ハーゲンダッツジャパン社長
・ 三浦佑之 - 国文学者(古代文学・伝承文学)、千葉大学名誉教授、立正大学教授。三浦しをんの父。
・ 水町庸子 - 女優
・ 宮村智 - 元駐ケニア大使、世界銀行理事
・ 森英樹 - 法学者、名古屋大学名誉教授
・ 森田功 - 医者、作家
・ 山路芳久 - テノール歌手
・ 吉村英夫 - 愛知淑徳大学非常勤講師、著述業、映画史研究者、映画評論家、一行詩提唱者、三重映画フェスティバル実行委員会代表
・ 若林茂則 - 中央大学副学長、言語学者

「三重県立津高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月25日16時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター