ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

京都教育大学附属(普通)


偏差値71( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)203.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 33位/7793校( 学科単位 )
近畿地方 12位/1347校( 学科単位 )
京都府 3位/212校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【京都教育大学附属高等学校】
概要 1965年(昭和40年)、京都学芸大学附属高等学校として創立。京都学芸大学附属京都中学校旧校舎(京都市北区)を仮校舎としていたが、1966年(昭和41年)、京都市伏見区深草越後屋敷町に移転、校名も「京都教育大学教育学部附属高等学校」となる。2004年(平成16年)国立大学法人化に伴い現校名となる。京都教育大学の附属学校として、研究に裏付けられた授業を行い、自ら目標を立て、課題を設定し、調べ、考察する学習を行っている。大学進学を意識しており、高2からはサイエンスコース (S) とグローバルコース (G)を選択する。希望進路に対応できる柔軟なカリキュラムとなっている。2018年度入学生迄は、上記2クラスの他にSクラス(深い探求と高度な演習)とAクラス(学習状況を踏まえ、効果的な探求と演習)の2×2=4つの選択制を実施していた。2002年(平成14年)に自然科学コースを設置し、以来、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール (SSH) の認定を4期連続で(2019年まで)受けている。
沿革 (沿革節の主要な出典は公式サイト)
・ 1965年(昭和40年):京都学芸大学附属高等学校創立
・ 1966年(昭和41年):京都教育大学教育学部附属高等学校に校名変更
・ 2002年(平成14年):自然科学コース設置
・ 2002年(平成14年) - 2004年(平成16年):文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール (SSH) 研究開発指定(第1期)
・ 2004年(平成16年):国立大学法人化に伴い「京都教育大学附属高等学校」と改称
・ 2005年(平成17年) - 2009年(平成21年):文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール (SSH) 研究開発指定(第2期)
・ 2010年(平成22年) - 2014年(平成26年):文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール (SSH) 研究開発指定(第3期)
・ 2014年(平成26年):文部科学省より英語教育強化地域拠点事業 研究開発指定
・ 2015年(平成27年) - 2019年(平成31年):文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール (SSH) 研究開発指定(第4期)
・ 2016年(平成28年):文部科学省よりスーパーグローバルハイスクール (SGH) アソシエイト 研究開発指定

「京都教育大学附属高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月28日10時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター