ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

天王寺(理数)


偏差値74( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)215点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 4位/7793校( 学科単位 )
近畿地方 2位/1347校( 学科単位 )
大阪府 1位/422校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【大阪府立天王寺高等学校】
概要 1896年に大阪府第五尋常中学校として創立した。大阪市内の旧制中学校としては二番目の創立である。校章は旧制中学の「中」を表す六稜に「天」で、左右に付した二本線は「市内第二中学」であることを表している。文部科学省から『スーパーサイエンスハイスクール(SSH)』に指定されており、学力の伸長、進路指導に重点をおく。希望する生徒への勉強合宿なども実施されている。卒業生のほとんどが4年制国公立大学への進学を希望する。全国高等学校ラグビーフットボール大会で2度の優勝経験がある。
交通 ・ JR西日本(阪和線)美章園駅より西へ約300m
・ 近鉄(南大阪線)河堀口駅より南西へ約400m
・ Osaka Metro(谷町線)文の里駅より北へ約700m
・ JR西日本(大阪環状線)寺田町駅より南へ約1km
・ Osaka Metro(御堂筋線)昭和町駅より北へ約1km
年表 ・ 1896年2月1日 - 大阪府第五尋常中学校として創立。
・ 1896年4月13日 - 東成郡西高津村(現天王寺区下寺町1丁目)の大蓮寺境内で授業を開始。
・ 1897年12月22日 - 東区東平野町大字南平野(現天王寺区上本町8丁目)に移転。
・ 1899年 - 大阪府第五中学校に改称。
・ 1901年6月3日 - 大阪府立天王寺中学校に改称。
・ 1919年 - 東成郡天王寺村三明(現・阿倍野区三明町2丁目4番23号)の現校地に校舎が完成し、移転。
・ 1927年1月22日 - 失火により1棟を残し校舎が焼失。旧大阪府庁舎で授業継続。3月13日、旧大阪女子師範学校跡に仮校舎を設置。
・ 1929年6月5日 - 新校舎が完成し、現在地に復帰。
・ 1945年3月13日 - 第1回大阪大空襲により、校舎の一部が焼失。
・ 1948年4月1日 - 学制改革により大阪府立天王寺高等学校に改称。
・ 1948年4月24日 - 大阪府立夕陽丘高等学校(旧制夕陽丘高等女学校)と教職員・生徒を半分ずつ交換して男女共学となる。
・ 1948年5月 - 校舎を新制中学校(東住吉中学校・田辺中学校)へ全面転用するため、夕陽丘高校内に仮移転。
・ 1950年4月15日 - 1年生・3年生が現在地に復帰。
・ 1951年4月1日 - 定時制課程(普通科)を併設。全日制課程に女子コース(家庭科コース)を併置。
・ 1951年4月8日 - 全学年が現在地に復帰。
・ 1952年4月8日 - 東住吉中学校が独立校舎に完全移転。これに伴い校舎は全面返還される。
・ 1953年 - 交流先の夕陽丘高校との間で、体育系クラブの親善スポーツ大会「夕陽戦」(天高戦)が始まる(1985年まで毎年開催)。
・ 1964年 - 全日制課程の女子コース(家庭科コース)を廃止。
・ 1971年11月22日 - 服装自由化実施。
・ 1992年 - 新校舎(現校舎)完成。
・ 1993年 - 全日制課程に理数科を設置。
・ 1994年 - 2学期制を実施。
・ 1998年 - 台風により『あしび山荘』が損壊、2000年に新『あしび山荘』完成。
・ 2002年 - 大阪府教育委員会よりエル・ハイスクール事業の指定を受ける(2003年度から2007年度までの5年間)。
・ 2004年 - スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定される。
・ 2006年 - 創立110周年、夕陽丘高校創立100周年を記念し、「夕陽戦」(天高戦)が21年ぶりに復活(以後、毎年開催)。
・ 2007年4月 - 公立高の新4学区制導入に伴い、通学区が拡大。第三学区となる。スーパーサイエンスハイスクールに再び指定される(指定期間は5年間)。
・ 2008年3月 - 定時制課程が閉課程。
・ 2010年 - コアスーパーサイエンスハイスクール(SSH指定校の理数系教育における中核としての機能の強化を図るため、従来の「中核的拠点育成プログラム」及び「重点枠」を整理・統合の上平成22年度から新たに設けられた)に指定される(指定期間は2年間)。
・ 2011年 - 全日制課程に文理学科を設置
・ 2016年 - 全日制課程の普通科を廃止
出身者 ○ 学者
・ 野村正二郎(上智大学教授、元サッカー日本代表)
・ 南博方(東京大学法学博士、筑波大学名誉教授、一橋大学名誉教授、成城大学学長)1947年卒
・ 上野俊樹(立命館大学経済学博士、立命館大学名誉教授)1961年卒
・ 平野俊夫(大阪大学医学博士、大阪大学医学部長・総長、量子科学技術研究開発機構理事長)1966年卒
・ 北村英男(京都大学理学博士、理化学研究所グループディレクター)1966年卒
・ 湊博昭(医師、社会精神医学、一橋大学教授)1966年卒
・ 福井康雄(東京大学理学博士、名古屋大学大学院理学研究科教授、天文学者、紫綬褒章)1970年卒
・ 高橋豊(京都大学工学博士、京都大学大学院情報学研究科教授)1971年卒
・ 中村祐輔(大阪大学医学博士、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長)1971年卒
・ 藤田和生(京都大学理学博士、京都大学大学院文学研究科教授)1971年卒
・ 市川伸一(東京大学文学博士、東京大学大学院教育学研究科教授)
・ 正高信男(大阪大学学術博士、京都大学霊長類研究所教授)1973年卒
・ 澤昭裕(元東京大学先端科学技術研究センター教授)1976年卒
・ 松本博志 (京都大学医学博士、大阪大学大学院医学系研究科教授)1980年卒
・ 杉田米行(大阪大学大学院言語文化研究科准教授)1982年卒
・ 阪井丘芳(大阪大学歯学博士、大阪大学大学院歯学研究科教授)1983年卒
・ 岩橋小弥太(國學院大學名誉教授、国史学者、紫綬褒章)
・ 武田祐吉(國學院大學教授、国文学者、日本学士院賞)
・ 薮野祐三(九州大学名誉教授、政治学者)
・ 西田直二郎(京都大学名誉教授、史学者、日本史)
・ 金森順次郎(大阪大学理学博士、大阪大学総長・名誉教授、日本学士院賞)
・ 広原盛明(京都大学工学博士、京都府立大学学長・龍谷大学教授)
・ 阪野智一(神戸大学教授、政治学者)
・ 上田高弘(立命館大学文学部教授、美術評論家)
・ 山下範久(立命館大学教授、歴史社会学者、世界システム論)
・ 宅田裕彦(京都大学工学博士、京都大学大学院エネルギー科学研究科教授)
・ 木村雅昭(京都大学法学博士、京都大学名誉教授)
・ 森田優三(一橋大学名誉教授、内閣統計局長、日本統計学会会長)
・ 和達清夫(理学博士、地震学者、日本学士院院長、初代気象庁長官、埼玉大学学長 / 中退、文化勲章)
・ 石田英一郎(東京大学教授、男爵、文化人類学者 / 中退)
・ 三谷忠之(香川大学名誉教授、法学者)
○ 文化人
・ 市川雷蔵(俳優、昭和19年旧制入学、後に中退)
・伊庭孝(演出家、俳優、音楽評論家)
・ 宇佐美圭司(画家)
・ 宇野浩二(作家)
・ 小田実(作家、夕陽丘との交換の際に自ら移った)
・ 折口信夫(歌人、釈迢空)
・ 小野十三郎(詩人、旧制中学時の生徒。現在の校歌の作詞者でもある)
・ 開高健(小説家)
・ 北康利(作家、山本七平賞受賞)
・ 黒田勝弘(産経新聞論説委員。韓国事情通としても著名。)
・ 西谷文和(フリージャーナリスト、NGO「イラクの子供を救う会」代表)
・ 萩原遼(ジャーナリスト)
・ 谷沢永一(書誌学者、関西大学名誉教授)
・ 保田春彦(彫刻家)
・ 吉原英雄(版画家)
・山中峯太郎(作家)
○ 経済界
・ 杉村正三郎(阪急電鉄元常務取締役、元サッカー日本代表)
・ 泉井純一(実業家)
・ 町田勝彦(シャープ会長)
・ 上山善紀(近畿日本鉄道会長、本願寺門徒総代)
・ 犬塚力(トヨタファイナンシャルサービス社長)
・ 鈴木博之(丸一鋼管社長)
・ 山内隆司(大成建設会長)
・ 岩根茂樹(関西電力社長)
○ 政界・官界
・ 鶴保庸介(参議院議員、国務大臣)
・ 豊田貞次郎(海軍大将、商工相・外相など、貴族院議員)
・ 奥村勝蔵(外務事務次官)
・ 東龍太郎(第4代東京都知事)
・ 關淳一(第17代大阪市長、医学博士(大阪市立大学))
・ 土肥孝治(検事総長)
・ 小倉正三(東京高等裁判所判事)
・ 山根英嗣(さいたま地方検察庁検事正)
・ 則定衛(法務事務次官)
・ 林景一(最高裁判所裁判官、前在英国日本国大使館大使)
・ 佐藤慎一(財務事務次官)
○ 芸能
・ 古川一郎(漫才師)
・ 白井晃(俳優、演出家)
・ 藤本信之(ドラマー)
・ 山口沙紀(グラビアアイドル)
・ 橋爪功(俳優・転学 都立青山高へ)
○ スポーツ
・ 岡田武史(早大サッカー部 / サッカー日本代表元監督)
・ 橋本英郎(元サッカー日本代表、FC今治MF)
・ 東武雄(東大野球部投手 / 法大戦で六大学野球初本塁打放つ)
・ 井上佳明(元プロ野球選手)
・ 今井洋行(元プロ野球選手)
・ 井石礼司(元プロ野球選手)
・ 生山裕人(元プロ野球選手)
・ 岡仁詩(同大ラグビー部 / ラグビー日本代表元監督)
・ 矢野啓太(プロレスラー)
・ 青井達也(慶大ラグビー部 / ラグビー日本代表)
・ 西野綱三(早大ラグビー部監督 / ラグビー日本代表)
・ 松永敏宏(慶大ラグビー部元監督 / ラグビー日本代表)
・ 大錦卯一郎(大相撲元横綱)
○ その他
・ 草鹿龍之介(連合艦隊参謀長)
・ 近藤信竹(連合艦隊参謀長・東宮武官兼侍従武官)
・ 仁科関夫(海軍中尉・「回天」考案者)
・ 長友啓典(グラフィックデザイナー・東京造形大学客員教授)
・ 松本暢章(元関西テレビ放送アナウンサー)
・ 岸本多万重(NHKチーフアナウンサー)
・ 合田倫子(フリーアナウンサー)
・ 湯浅明彦 サンテレビアナウンサー

「大阪府立天王寺高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月25日16時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター