ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

大阪学芸(選抜特進)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7793校( 学科単位 )
近畿地方 178位/1347校( 学科単位 )
大阪府 65位/422校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【大阪学芸高等学校・附属中学校】
概要 1903年(明治36年)に弁護士の遠藤三吉により実業学校「成器商業学校」として設立された。同校は日本で初めて二部(夜間部。現在の定時制)を設置した甲種商業学校でもある。校地は当初、大阪市南区貝柄町(現在の大阪市浪速区戎本町2丁目3番付近)の元料亭で、大阪府立今宮中学校の近くにあった。商業学校のため部活動でも珠算、そして相撲の全国大会で優勝している。太平洋戦争後の1948年(昭和23年)に新制の商業高等学校となり、1961年に普通科を設置。大学への進学を重視する方針へと転換し、商業科を廃止。高校の生徒数のピークを迎えた1988年に普通科のみの高等学校へ改編されている。創立以来"徳器成就"からなる「成器」の校名を使用した男子校だったが、生徒減少期に入った1996年(平成8年)「生徒激減機に入った学園経営にとって生き残りを賭け」て「大阪学芸高等学校」に改称。「大阪学芸中学校」も併設して中高一貫教育を実施。1998年男女共学に移行した。なお、「学芸」の名称を使っているが、国立大阪学芸大学(大阪教育大学の旧称)およびその附属学校とは一切、無関係である。併設「大阪学芸中学校」は7年間で廃止され、2003年4月に中高6年間一貫の「大阪学芸中等教育学校」が新設されたが、人気がなく定員720名の18%の130名弱しか集まらず、2020年(令和2年)4月に募集停止となった。中等教育学校の定員割れを踏まえ、4度目の中学校となる「大阪学芸高等学校附属中学校」が2016年度に開校した。
交通 ・ JR阪和線 鶴ケ丘駅、長居駅から徒歩5分
・ 地下鉄御堂筋線 西田辺駅(M25)、長居駅(M26)から徒歩5分
沿革 ・ 1903年(明治36年) - 6月、実業学校「成器商業学校」(甲種商業学校)として開校
・ 1912年 - 4月、夜間甲種商業学校を併設
・ 1939年(昭和14年) - 3月、「財団法人成器学園」に組織変更
・ 1944年 - 3月、時局の要請により「成器工業学校」に改称
・ 1945年 - 3月、大阪大空襲により校舎が全焼、校地を移転(現在地)
・ 1946年 - 3月、校名を「成器商業学校」に復す
・ 1947年 - 3月、学制改革により、新制中学校の「成器中学校」を設置
・ 1948年 - 3月 - 学制改革により、新制商業高等学校の「成器商業高等学校」を設置
・ 1951年 - 3月 - 運営母体を「学校法人成器学園」に組織変更
・ 1961年 - 4月 - 成器商業高等学校に普通科を併設
・ 1963年 - 4月 - 成器中学校を募集停止(廃校)
・ 1974年 - 4月 - 「成器高等学校」と改称
・ 1983年 - 普通科・商業科にコース制を導入
・ 1988年 - 4月 - 普通科を総合制(特別進学コース・国際経済コース・スポーツコース)に移行。商業科を募集停止(廃止)
・ 1993年(平成5年) - 4月、普通科の国際経済コース・スポーツコースを廃止
・ 1996年 - 4月、「大阪学芸高等学校」と改称。新たに「大阪学芸中学校」を併設して中高一貫教育を実施
・ 1998年 - 4月、高校に国際コース(男女共学)を設置
・ 2001年 - 1月、法人名を「学校法人大阪学芸」に変更
・ 2003年 - 4月、大阪学芸中学校を廃校。6年間一貫コースが分離独立し「大阪学芸中等教育学校」として新設
・ 2005年 - 高校に選抜特進コースを設置。中等教育学校の進学コースを廃止
・ 2006年 - 中等教育学校のスーパー特進Eコースを設置
・ 2007年 - 大学合格実績水増し問題が発覚
・ 2010年 - 高校に特技コースを設置
・ 2014年 - 12月18日、大阪府私立学校審議会(会長梶田叡一)が「大阪学芸高等学校附属中学校」設置認可が適当であると答申(実際の認可は2年後2016年)
・ 2015年 - 特進看護コース新設
・ 2016年 - 3月31日、「大阪学芸高等学校附属中学校」開校を認可。4月1日、開校
・ 2019年 - 4月1日、高校に国際科(ダブルディプロマコース・1年留学コース)を開設。高校に大阪学芸カナディアンインターナショナルスクール(OGCIS)が開校。6月18日、大阪学芸中等教育学校の募集停止を発表
・ 2020年(令和2年) - 4月、大阪学芸中等教育学校が募集停止
・ 2025年 - 3月末、大阪学芸中等教育学校が廃校(予定)
出身者 ○ 政治
・ 和田貞夫 - 日本社会党の元衆議院議員
○ 経済
・ 瀬川美能留 - 元野村証券社長
○ 学者
・ 白川静 - 漢字研究家。立命館大学名誉教授・名誉館友
・ 向江璋悦 - 刑事法学者。元検察官、弁護士
○ 芸能
・ 伊賀健二 - お笑いタレント
・ 石本さくら - 将棋女流棋士
・ オール阪神 - 漫才師
・ 曽我廼家明蝶 - 俳優。松竹新喜劇旗揚げ。明蝶芸術学院主宰
・ タンク - お笑いコンビシンクタンク
・ 西山朋佳 - 日本将棋連盟 奨励会三段
・ 原田千弘 - ミュージカル俳優
・ 徳田浩至(ブリリアン) - 元お笑いコンビ。「ブルゾンちえみ with B」の「with B」
○ スポーツ
・ 射庭康太朗 - プロサッカー選手。J3リーグいわてグルージャ盛岡
・ 喜田陽 - プロサッカー選手。Jリーグセレッソ大阪
・ 梶岡忠義 - 元プロサッカー選手。阪神タイガース
・ 岸本武流 - プロサッカー選手。J2リーグ徳島ヴォルティス
・ 齋藤和希 - プロサッカー選手。J3リーグカターレ富山
・ 阪本将基 - プロサッカー選手。マルヤス工業フットボールクラブ
・ 佐伯霞 - 女子プロボクサー
・ 西本雅崇 - プロサッカー選手。Jリーグセレッソ大阪
・ 温井駿斗 - プロサッカー選手。J2リーグ栃木SC
・ 藤尾翔太 - プロサッカー選手。Jリーグセレッソ大阪
・ 前川大河 - プロサッカー選手。Jリーグセレッソ大阪
○ そのほか
・ 羅門光三郎 - 剣戟映画俳優(中退)

「大阪学芸高等学校・附属中学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月6日18時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター