ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

夢野台(普通)


偏差値59( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)158.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 937位/7793校( 学科単位 )
近畿地方 234位/1347校( 学科単位 )
兵庫県 51位/305校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【兵庫県立夢野台高等学校】
概要 -->
沿革 ● 高等女学校時代
・1925年(大正14年)
 ・3月12日 - 「兵庫縣立第二神戸高等女學校」が設立される(入学資格を尋常小学校卒業程度の12歳以上、修業年限を5年とする)。
 ・4月1日 - 兵庫縣立第一神戸高等女學校(現・神戸高校、略称:県一)の校舎にて開校。
 ・4月4日 - 授業を開始。
・1927年(昭和2年)8月28日 - 現在地 に移転。
・1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令により、この年の入学生から修業年限が4年となる。
・1944年(昭和19年)4月1日 - 教育ニ関スル戦時非常措置方策により、修業年限4年の施行が1946年(昭和16年)以降に入学した生徒に前倒しして適用される。
・1945年(昭和20年)
 ・3月 - 修業年限4年施行の前倒しにより、1940年(昭和15年)に入学した5年生と1946年(昭和16年)に入学した4年生の合同卒業式を挙行。
 ・4月1日 - 授業を停止。ただし学徒勤労動員は継続。
 ・8月15日 - 終戦。
 ・9月 - 授業を再開。
 ・10月15日 - 兵庫縣立第一神戸高等女學校が本校内に同居。
・1946年(昭和21年)
 ・4月1日 - 修業年限が5年に戻る。
 ・12月23日 - 兵庫縣立第一神戸高等女學校の移転により、併設を解消。
・1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制実施)が行われる。
 ・高等女学校の生徒募集を停止(1年生不在)。
 ・新制中学校を併設し(名称兵庫県立第二高等女学校併設中学校、以下併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
 ・併設中学校は、経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
 ・高等女学校3・4年修了者はそのまま高等女学校に在籍し、4・5年生となった(4年で卒業することもできた)。
● 新制高等学校
・1948年(昭和23年)
 ・4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、高等女学校が廃止され、新制高等学校「兵庫県立第二神戸女子高等学校」(女子校)が発足。
  ・高等女学校卒業生(5年修了者)を新制高校3年生、高等女学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業生(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
  ・併設中学校は新制高校に継承され(名称兵庫県立第二神戸女子高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に高等女学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
 ・5月25日 - 神戸市立神戸高等学校(男子校、旧・神戸市立第一中学校)が併設される。
 ・9月1日 - 高校三原則による兵庫県内公立高校の再編が行われる。
  ・神戸市立神戸高等学校が併設された状態で、兵庫県立第二神戸女子高等学校が「兵庫県立夢野台高等学校」に改称され、男女共学を開始。
  ・併設中学校は兵庫県立夢野台高等学校併設中学校と改称。
・1949年(昭和24年)
 ・3月31日 - 併設中学校を廃止。旧制中等教育学校4・5年から新制高等学校(全日制)3年への修業年限の移行が完了する。
 ・4月 - 小学区制強行により、県立・市立の振り分けが混乱する。
 ・9月 - 神戸市立神戸高等学校の廃校が決定し、1年生全員を夢野台高等学校に移籍。翌年以降の生徒募集も停止される。
・1950年(昭和25年)7月1日 - 兵庫県立夢野台高等学校と神戸市立神戸高等学校が統合され、「兵庫県立神戸市立神戸夢野台高等学校」が発足。
・1951年(昭和26年)
 ・3月 - 神戸市立側に在籍する最後の学年が卒業。
 ・4月1日 - 県立単独校に戻り「兵庫県立神戸夢野台高等学校」と改称。
・1952年(昭和27年)
 ・1月 - 学区の改編(中学区制)により、神戸第二学区となる。
 ・2月7日 - 「兵庫県立夢野台高等学校」(再)と改称。
 ・10月 - 校歌を制定。
・1974年(昭和49年)5月1日 - 兵庫県立御影高等学校との定期戦を開始。
・1993年(平成5年)11月5日 - 第1期校舎改築工事を着工。
・1995年(平成7年)10月30日 - 南館本館棟が完成。
・1998年(平成10年)
 ・2月19日 - 体育館と文化部室棟が完成。
 ・3月17日 - 北館特別教室棟が完成。
・1999年(平成11年)
 ・2月27日 - 旧校舎を解体。
 ・5月31日 - プールと体育部室棟が完成。
・2000年(平成12年)3月25日 - 運動場整備工事完成。
・2010年(平成22年)4月1日 - 「教職」類型設置。
出身者 ・戸塚文子 - 旅行随筆家・日本交通公社「旅」初代編集長
・柴田悦子 - 大阪市立大学名誉教授(経済学)
・安武洋子 - 政治家 元参議院議員
・星空ひかる - 元宝塚歌劇団花組男役トップ
・湊晶子 - 東京女子大学学長
・神戸一郎 - 歌手 昭和33-36年NHK紅白歌合戦出場 ヒット曲「銀座九丁目水の上」
・西條遊児 - パーソナリティ・司会者
・雑賀陽平 - 漫画家
・成田一徹 - 切り絵作家 「TO THE BAR」「神戸の残り香」
・露の団六 - 落語家
・中井雅之 - フリーアナウンサー・タレント
・西川恵三 - 九州朝日放送アナウンサー・ニュースキャスター
・やなぎみわ - 現代美術作家 神戸芸術工科大学准教授 代表作「エレベータガール」
・森合康行 - 中部日本放送(CBCテレビ)元アナウンサー
・尾崎小百合 - 夫婦漫才師 「かつみ♥さゆり」のさゆり
・朝原宣治 - 陸上競技選手 2008年北京オリンピック男子4x100mリレー銅メダル
・尾辻かな子 - 衆議院議員、元参議院議員、元大阪府議会議員・日本初の同性愛であることを公言した国会議員。
・北神朋美 - アイドル・タレント 「魔法戦隊マジレンジャー」メア役
・清水麻椰 - 毎日放送アナウンサー

「兵庫県立夢野台高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月6日12時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター