ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

岩国(普通)


偏差値60( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)162.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 798位/7793校( 学科単位 )
中国・四国地方 76位/892校( 学科単位 )
山口県 16位/137校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【山口県立岩国高等学校】
概要
● 歴史1847年(弘化4年)に創立された岩国藩(長州藩の支藩)藩校「養老館」の流れをくむ旧制中学校「山口県立岩国中学校」と、1902年(明治35年)創立の高等女学校「山口県立岩国高等女学校」を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により両校とも新制高等学校になって間もなく1949年(昭和24年)に両校が統合され「山口県立岩国西高等学校」となった。翌1950年(昭和25年)には岩国東高等学校を統合して現校名の「山口県立岩国高等学校」となった。旧制中学校が開校した1880年(明治13年)を創立年としており、2010年(平成22年)に創立130周年を迎えた。
● 設置課程・学科全日制課程 2学科 ※( )は1学年あたりの定員を表す(2012年(平成24年)2月21日時点)。
・普通科(240名・6学級)
・理数科(40名・1学級)
● 校訓・校是「文武両道・質実剛健・高雅な気品」
● 校章錦帯橋を図案化したものを背景にして中央に「高」の文字を置いている。1948年(昭和23年)新制高等学校発足時に制定された。当時の岩国高等学校(男子校)に在職していた美術教諭によるデザイン。
● 校歌作詞は松田武夫、作曲は平井康三郎による。歌詞は3番まであり、1番に校名の「岩国」が登場する。
・旧制・山口県立岩国中学校 校歌 - 作詞は不詳、作曲は楠美恩三郎による。歌詞は5番まである。
・旧制・山口県立岩国高等女学校 校歌 - 作詞は不詳、作曲は進藤ユキによる。歌詞は2番まである。
● 分校
・坂上分校(旧・山口県立坂上高等学校)-
・広瀬分校(旧・山口県立広瀬高等学校)-
● 進路ほとんどの生徒が国公立大学をはじめとする上級学校への進学を目指している。全体の7割程度が四年制大学、次いで専門学校に2割前後が合格する。他に広島修道大学など。国立大学では広島大学・山口大学が多いが、東京大学、京都大学、九州大学などの旧帝国大学合格者もある。
交通 ● 最寄りのバス停
・岩国市営バス
 ・「岩国高校正門」バス停より 徒歩1分
 ・「岩国高校」バス停より 徒歩5分(一部の路線(コミュニティバス くるりん)のみが停車)
● 最寄りの鉄道駅
・JR西日本 岩徳線・錦川鉄道錦川清流線 「川西駅」より 徒歩8分
● 最寄りの道路
・山口県道15号岩国玖珂線
・山口県道112号藤生停車場錦帯橋線
沿革 ● 旧制中学校(男子校)時代
・1847年(弘化4年) - 藩校の普通科を統合して、「山口県立岩国高等学校」(現校名)に改称。 
 ・第1学年の定員を通常制普通課程(全日制課程普通科)350名・家庭課程(家庭科)50名、計400名とする。 
 ・普通課程(普通科)において男女混成の学級を編成し、完全な男女共学を実施。
・1954年(昭和29年)4月 - 寄宿舎「明強舎」への入寮募集を停止。
・1956年(昭和31年)3月 - 寄宿舎「明強舎」を廃止。
・1963年(昭和38年)4月1日 - 家庭科の募集を停止し、家政科を設置。
・1965年(昭和40年)
 ・3月31日 - 家庭科を廃止。
 ・11月5日 - 第1期工事として向山(現在地)に普通教室が完成。
・1966年(昭和41年)
 ・3月25日 - 第2期工事として特別教室(理科室・家政科)が完成。
 ・4月3日 - 第1学年の女子生徒(家政科)、川西校舎から向山の新校舎に移転。
・1967年(昭和42年)
 ・2月8日 - 第3期工事として普通教室と特別教室(社会・書道・美術)が完成。
 ・4月8日 - 第2・3学年(普通科男女ともに)新校舎で授業を開始。この時点で第1学年は横山校舎に収容。
・1968年(昭和43年)
 ・3月25日 - 家政科教室を増築。屋内運動場(体育館)が完成。
 ・5月17日 - 第4期工事として本館が完成。
 ・6月1日 - 全学年を向山の新校舎に収容して授業を開始。横山校舎と川西校舎を廃止。
  ・旧・横山校地跡は吉香公園()、旧・川西校地跡は川西第一街区公園()となっている。
・1969年(昭和44年)3月31日 - 弓道場が完成。
・1970年(昭和45年)
 ・3月30日 - 音楽教室が完成。
 ・4月1日 - 家政科の募集を停止。
 ・9月10日 - プールが完成。
・1972年(昭和47年)
 ・3月1日 - 格技場が完成。
 ・3月31日 - 家政科を廃止。
 ・4月1日 - 理数科を設置。
・1980年(昭和55年)11月15日 - 創立100周年記念式典を挙行。記念として同窓会館(集会所)が完成。
・1998年(平成10年)3月31日 - 校舎の大規模改造工事を完成。
・1999年(平成11年)4月1日 - 進学型単位制を導入。
・2002年(平成14年)4月1日 - 2学期制を導入。
・2003年(平成15年)6月5日 - 文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定される(2006年(平成18年)3月末まで)。
・2004年(平成16年)4月1日 - 山口県から進学チャレンジ校に指定される(2007年(平成19年)3月末まで)。
・2008年(平成20年)
 ・1月31日 - 体育館の耐震改修工事を完成。
 ・4月1日 - 山口県立坂上高等学校と山口県立広瀬高等学校の2校に、「坂上分校」・「広瀬分校」を併設。
・2010年(平成22年)3月31日 - 山口県立坂上高等学校と山口県立広瀬高等学校が廃止される。
出身者 ・石田ニコル(モデル)
・ 有元秀文(教育学者・国立教育政策研究所総括研究官)
・ 河上肇(経済学者、社会主義者)
・ 奈良本辰也(歴史学者)
・ 宇野千代(作家)
・ 大庭みな子(作家)
・ 片塰満則(CGディレクター)
・ 北川浩(経済学者・成蹊大学学長)
・ 吉田矢健治(作曲家)
・ 佐々生佳典(NHKアナウンサー)
・ 塩屋紀克(NHKアナウンサー)
・ 佐藤武夫(建築家:早稲田大学大隈講堂設計者)
・ 曻地三郎(ギネス世界記録保持者・福岡教育大学名誉教授)
・ 末川博(法律学者・元立命館大学総長)
・ ターザン山本(評論家)
・ 奈良本辰也(歴史学者)
・ 田島直人(ベルリンオリンピック金メダリスト)
・ 中村克洋(フリーアナウンサー)
・ 平岡秀夫(前衆議院議員)
・ 福田良彦(岩国市長)
・ 井原勝介(前岩国市長)
・ 藤谷光信(参議院議員)
・ 北島邦彦(元杉並区議会議員)
・ 真柴あずき(脚本家)
・ 西本竜洋(元プロサッカー選手)
・ 岩政大樹(プロサッカー選手)
・ 沢田幸二(九州朝日放送アナウンサー)
・ 十時啓視(元プロ野球選手)
・ 杉本公孝(元プロ野球選手)
・ 渡辺純志(元プロ野球選手)
・ 村井康彦(京都市美術館館長)
・ 周防柳(作家)
・ 佐々木史朗(映画プロデューサー・日本映画大学元理事長)
・ 加藤暠(仕手集団代表)

「山口県立岩国高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月10日3時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター