ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

高松第一(普通)


偏差値65( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)181.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 262位/7793校( 学科単位 )
中国・四国地方 20位/892校( 学科単位 )
香川県 2位/76校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【高松第一高等学校】
概要 校舎は名勝栗林公園に程近い住宅地にある。1928年に設立した『高松市立第一中学校』(旧制中学校)と、1915年に設立した『高松市立実科高等女学校』が前身。幾度かの校名変更を経たのち、1948年の学制改革により『高松第一高等学校』と『高松第二高等学校』となった両校が、翌1949年に統合して現在に至る。設置者は高松市であり香川県内唯一の市立高等学校であるが校名に高松市立は付かない。
● 学区 第一学区(東讃)
● 教育理念(2019/10/13現在)高松第一高等学校は、国際社会や国家、地域で活躍し、人類の福祉や文化の向上に貢献できる創造的な知性や豊かな人間性・社会性を身につけるとともに、生涯にわたって自己実現を図ることができる心身ともにたくましく、自主と自律に拠る自由の精神を備えた人間の育成をめざす。
● 教育方針(2019/10/13現在) 創造的な知性を身につけた人間の育成自ら学び自ら考える意欲や知的探求心を喚起して一人一人の個性や能力を最大限に伸長し、国際的、人類的視野を持つ創造性豊かな知性を身につけた人間を育成する教育を推進する。豊かな人間性、社会性を身につけた人間の育成国際文科コースの学習プログラムの充実を図るとともに、海外研修や外国人講師の招へい等、国際交流を活発にして時代に即応した教育内容の充実に努める。心身ともにたくましい人間の育成多彩な学校生活を展開するなかで、自らの生涯にわたって希望を実現できるよう困難な課題に直面しても粘り強く取り組む姿勢を培い、心身ともにたくましい人間を育成する教育を推進する。自主と自律に拠る自由の精神を備えた人間の育成学校の内外にわたって特色ある教育活動を積極的に行い、自ら目標を定めて主体的に取り組み、自ら律して品位ある生活を営む姿勢を培い、自由の精神を備えた人間を育成する教育を推進する。教職員の不断の研鑽と組織的な教育の推進教育目標の達成のため、自らの資質能力の向上をめざして教職員が不断の研鑽を重ねるとともに、組織的な連携による教育を推進する。生徒・保護者・教職員の三者一体となった教育の推進生徒・保護者及び教職員が、相互に理解、連携、協力し、一体となった教育を推進する。
● 授業 50分×7限の授業が週3日、50分✕6限の授業が週2日行われている。
● 進路 県下屈指の進学校であり、中国・四国地方の大学だけではなく、首都圏や関西圏の難関大学を目指す学生も多い。卒業後の進路が補修科や高松高等予備校であることもある。
● 校歌 一、屋島を出づる朝日影  さすや若木の桜町   そよ吹く風に勇み立つ   日本心の駒並べて   学の道を踏み行けば   紫雲山麓花爛漫二、讃岐の海の新潮の   音にも胸は清けきを   渚に寄する重波の   一つ一つに輝ける   希望の光齎して   玉藻城頭月玲瓏三、雲に嘯く高松の   高き教を守りつつ   誠捧げて世に立たん   吾等が意気の雄々しさを   彼方の空に標して   阿讃連峯雪皚々
交通 ・高松琴平電気鉄道琴平線 栗林公園駅 - 徒歩約3分
・JR高徳線 栗林駅 - 徒歩約10分
・ことでんバス ショッピング・レインボー循環バス 高松一高前バス停 下車すぐ観光名所
・栗林公園医療施設
・独立行政法人地域医療機能推進機構 りつりん病院(JCHO)
・花ノ宮クリニック公共施設(教育機関を除く)
・高松市保健所
・ハローワーク高松教育施設
・高松市立桜町中学校(本校の南側に細い道を挟んで隣接している)
・高松市立栗林小学校
・桜町保育所
・栗林幼稚園
・桜町聖母幼稚園
沿革 ● 高松第一中学校
・1928年(昭和3年) - 高松市立第一中学校の設立認可。
・1929年(昭和4年)
 ・4月 - 香川県高松第一中学校と改称。
 ・9月 - 桜町の現在地に移転。
・1943年(昭和18年) - 第2部(夜間課程)を設置。
・1948年(昭和23年) - 学制改革により高松第一高等学校となる。
● 高松市立高等女学校
・1915年(大正4年) - 高松市立実科高等女学校の設立認可。
・1929年(昭和4年) - 香川県高松実科高等女学校と改称。
・1940年(昭和15年) - 高松市立高等女学校の設立および香川県高松実科高等女学校の廃止許可。
・1948年(昭和23年) - 学制改革により高松第二高等学校となる。
● 高松第一高等学校
・1949年(昭和24年) - 高等学校再編成により、高松第一高等学校と高松第二高等学校を統合し、新たに高松第一高等学校となる。廃校となった私立屋島高等学校の生徒を受け入れる。
・1950年(昭和25年) - 女子部(旧 高松二高)が上福岡町から桜町に移転。
・1979年(昭和54年) - 音楽科を設置。
・1985年(昭和60年) - 定時制課程が閉校。
・2002年(平成14年) - スーパーイングリッシュランゲージハイスクールに指定される。
・2010年(平成22年) - スーパーサイエンスハイスクールに指定される。
・2015年(平成27年)-スーパーサイエンスハイスクールに再指定される。
・2019年(平成31年)2月-校舎改築工事開始。
出身者 ● 政治
・大野功統 - 衆議院議員、元防衛庁長官
・平井卓也 - 衆議院議員
・喜岡淳 - 元参議院議員
● 実業
・木村操 - 名古屋鉄道社長
● 研究
・鳥山敏子 - 教育者
・尾木直樹 - 教育評論家、法政大学教授
● 文化
・大藪春彦 - 作家
・南原清隆 - ウッチャンナンチャン
・小西マサテル - 放送作家
・岡佳奈 - 元RKB毎日放送、元中国放送アナウンサー
・小林大輔 - 元フジテレビアナウンサー
・日野真 - 西日本放送アナウンサー
・真鍋井蛙 - 篆刻家
・石井雅登 - 舞台俳優
・内海雅智 - ミュージカル俳優
・田渕正浩 - AV男優
・和泉美沙希 - タレント、アイドルユニット「あと3センチ」メンバー
・佐竹明咲美 - テレビせとうちアナウンサー
・森夏美 - 岡山放送アナウンサー
・是永千恵 - NHKアナウンサー
● 音楽
・川井郁子 - ヴァイオリニスト
・阿部飛鳥 - フルート奏者
・伊達英二 - 声楽家
・廣瀬貴雄 - トロンボーン奏者
・松原美香 - 声楽家
・立川美香 ‐ ピアニスト
● スポーツ
・山下健 - 元プロ野球選手
・松岡雅俊 - 元プロ野球選手
・中西太 - 元プロ野球選手・監督、1999年野球殿堂入り
・荒井健 - 元プロ野球選手
・松井清 - 元プロ野球選手
・近藤昭仁 - 元プロ野球選手・監督
・東山親雄 - 元プロ野球選手
・齊藤信介 - 元プロ野球選手
・児玉広志 - 競輪選手

「高松第一高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月25日16時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。