ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

土佐(普通)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7793校( 学科単位 )
中国・四国地方 42位/892校( 学科単位 )
高知県 1位/55校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【土佐中学校・高等学校】
概要 中学校・高等学校の中高一貫教育である。中学から高等学校への進学の可否は中学3年次に行われる及落審査の後に決定するため中学入学時に高校への進学を保証していないが、例年ほぼ全員の進学が認められている。高等学校へは例年50名程度外部の中学校からの入学がある。高校からの編入組は『NP』(new power)、中学からの生徒は『OP』(original power)と呼ばれている。『OP』がold powerと言われることもあるが、それは誤りである。現在は男女共学であり、戦前に男子校であった旧制私立中学校としては珍しく新制高等学校開始後いちはやく共学化した。現在の状勢に合わないという理由から唄われていない校歌の歌詞にある通り文武両道を意味する「右文尚武」を標榜している。吹奏楽部、棋道部、放送部、オーケストラ部、陸上競技部、バドミントン部、登山部、ハンドボール部、自転車競技部、総合科学部などが全国大会へと出場している。中学校と高校を併せて土佐(とさ)と呼ばれる。略称は中高それぞれ、土佐中・土佐高。中学校も含めて「とさこう」と呼ぶことがあるが、その場合は「土佐校」の字が当てられる。また後述する事故が元となって、雷に対する対処法を学期末ごとに徹底させることでも有名。
年表 ・ 1920年(大正9年) - 現学校法人の前身にあたる川崎・宇田財団法人と土佐中学校(旧制)の設立が認可され、創立者の一人・川崎幾三郎の控家で授業開始。初代校長には三根円次郎が就任した。
・ 1922年(大正11年)11月18日 - 現在地の校舎落成式。この日を創立記念日とする。
・ 1945年(昭和20年)7月4日 - 高知大空襲により校舎が焼失。翌年に校舎が再建されるまで各地を転々とする。
・ 1947年(昭和22年)4月1日 - 男女共学の新制中学校を併設。
・ 1948年(昭和23年)4月1日 - 新制高等学校となる。
・ 1959年(昭和34年) - 新グラウンドが完成。
・ 1973年(昭和48年) - 現在の前校舎がほぼ完成。
・ 2007年(平成19年) - 向陽グラウンドが完成。
・ 2008年(平成20年) - 現在の校舎の第一期工事完成。
・ 2009年(平成21年) - 現在の校舎完成。  
卒業生 括弧内の数字は卒業年。50音順。
○ 文化
・ 大森望 - 評論家、翻訳家
・ 北村総一朗(本名 北村総一郎) - 俳優
・ キャッスル&ゲイツ - フォークグループ(町田義人、上地健一、田村守)
・ 公文公日本公文教育研究会 - 創業者
・ 公文俊平 - 社会科学者
・ 倉橋由美子 - 作家
・ 黒鉄ヒロシ - 漫画家
・ 高山宏 - 英文学者
・ 坂東眞砂子 - 作家
・ 塩田潮 - 作家
・ 島井咲緒里 - 将棋女流棋士
・ 田岡典夫 - 直木賞作家、追手前高校へ転校
・ TASSHI - Aqua Timez(ドラム)
・ 田村哲郎 - 舞踏家
・ デハラユキノリ - フィギュア作家、イラストレーター
・ リムルン - 小説家
・ 平井康三郎 - 作曲家
・ 野田正彰 - 精神科医、評論家
・ 向井隆豊 - 洋画家
○ 大学関係
・ 森下正明(1929年卒(旧制中学)) - 京都大学名誉教授、個体群生態学の創始者
・ 尾池和夫(1959年卒) - 地震学者、京都造形芸術大学学長、国際高等研究所元所長、京都大学前総長・名誉教授
・ 岡村甫 - 工学博士、高知工科大学元学長、東大工学部名誉教授、東大野球部投手、東京六大学野球通算17勝
・ 川口清史 - 経済学者、立命館大学総長
・ 立仙順朗(1960年卒) ‐ フランス文学者、慶應義塾大学文学部名誉教授
・ 岸上伸啓(1977年卒) - 文化人類学者、国立民族学博物館教授・元副館長、総合研究大学院大学前教授、人間文化研究機構理事
・ 森岡正博(1977年卒) - 哲学者、早稲田大学人間科学部教授
・ 野中尚人(1977年卒) - 政治学者、学習院大学法学部教授
・ 須藤靖 (1977年卒) - 宇宙物理学者、東京大学大学院理学系研究科教授
・ 川村静児(1977年卒)- 名古屋大学大学院理学研究科教授、重力波物理学
・ 佐竹研一 - 学者(環境化学、環境科学全般)、立正大学地球環境科学部教授
・ 馬場章夫 - 大阪大学大学院工学研究科教授
・ 須賀陽子 - 徳島文理大学音楽学部助教授
・ 和田健夫 - 第10代小樽商科大学学長
・ 森裕司 - 東京大学大学院農学生命科学研究科教授
・ 山下倫範 - 立正大学地球環境科学部教授
・ 森田洋平 - 高エネルギー加速器研究機構広報室准教授、日本最初のホームページを作成
・ 土居義岳 - 九州大学大学院芸術工学研究院教授
・ 山崎正 - 神戸大学理学部数学科教授
○ 政治
・ 田村公平 - 元参議院議員
・ 中谷元 - 衆議院議員・第14代防衛大臣・第67代防衛庁長官
・ 山本有二 - 衆議院議員・元内閣府特命担当大臣(金融担当)
・ 高木錬太郎 - 衆議院議員
・ 尾崎正直 - 前高知県知事
・ 浜田省司 - 高知県知事
・ 西岡瑠璃子 - 元参議院議員
・ 谷川寛三 - 元参議院議員・元衆議院議員・第47代科学技術庁長官
・ 平山耕三 - 南国市長
○ 行政
・ 浅井和子 - 駐ガーナ兼シエラレオネ兼リベリア特命全権大使、弁護士
・ 村木厚子 - 厚生労働事務次官、内閣府政策統括官
・ 谷脇暁 - 国土交通省土地・建設産業局長、道路新産業開発機構副理事長
○ 経済
・ 秦郷次郎 - 1956年卒、ルイ・ヴィトン・ジャパン社長
・ 藤田徹也 - 東京放送ホールディングス元代表取締役、TBSラジオ元取締役会長
・ 森本浩志 - 1961年卒、日本原子力発電社長
・ 武市智行 - 1974年卒、スクウェア(現スクウェア・エニックス)元社長
○ スポーツ
・ 大橋勲 - 慶大野球部捕手 → 読売ジャイアンツ
・ 萩野友康 - 慶大野球部投手 / 東京六大学野球・慶大3連覇
・ 森下貴裕 - プロ野球選手
○ マスコミ
・ 門田隆将 - ジャーナリスト
・ 松岡祐司 - 高知放送アナウンサー
・ 谷岡慎一 - フジテレビジョンアナウンサー
・ 坂木萌子 - フリーアナウンサー
・ 植村隆 - 元朝日新聞記者、現・北星学園大学非常勤講師
・ 西森空良 - セント・フォース所属

「土佐中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月9日16時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター