ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

筑紫丘(理数)


偏差値70( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)200点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 47位/7793校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 5位/1200校( 学科単位 )
福岡県 2位/325校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【福岡県立筑紫丘高等学校】
概要 全日制課程に普通科、及び理数科を設置している。「筑紫ヶ丘」と誤記されることがあるが、正式な校名には「ヶ」の字は入らない。略称は「がおか」(が丘・ガオカ)もしくは「筑高」(ちっこう)。なお、昭和47年に発刊された、筑紫中学・筑紫丘高校史「筑紫丘陵」には、同校の校名について以下のようなくだりがある。『新校歌作詞の為来校された高木市之助先生が校名は「ちくしがおか」か「つくしがおか」と質問され、それに対して同校関係者は、「つくしがおか」であると答え、現在のような格調高い校歌ができた。』(要旨)卒業生累計は32,000人余り。クラス数は一学年11クラスの時期が長く続いたものの、一時期は10クラス(普通科9クラス+理数科1クラス)となり、平成22年度より再び11クラス(普通科10+理数科1)となっている。
年表 ・1926年6月28日 - 福岡県筑紫中学校設置許可
・1927年2月1日 - 初代校長生田徳太郎着任
・1927年4月7日 - 福岡県旧制福岡中学校で初めての入学式を挙行(新入生250名)
・1927年4月9日 - 福岡市南区大字塩原(当時の筑紫郡三宅村大字塩原)の新校舎にて授業開始
・1931年2月11日 - 旧校歌制定(作詞生田徳太郎、作曲片山頴太郎)
・1932年3月2日 - 福岡県旧制福岡中学校で第1回卒業証書授与式を挙行
・1933年9月5日 - プール竣工式挙行
・1936年3月31日 - 第二代校長井口末吉着任
・1936年11月3日 - 校旗制定
・1937年10月16日 - 創立10周年記念式を挙行し、記念館が落成
・1940年1月27日 - 学校林業始
・1941年3月31日 - 第三代校長松崎覚淳着任
・1941年7月4日 - 窓を割った生徒が車掌に殴られた為、九州鉄道(現西鉄)福岡駅駅長室で生徒60人が乱闘騒ぎ
・1943年4月9日 - 第4代校長今村邦夫着任
・1944年10月31日 - 第5代校長村上俊象着任
・1947年5月20日 - 第6代校長田中初太郎着任
・1947年11月1日 - 創立20周年記念式を挙行
・1948年1月25日 - 新校章制定
・1948年4月1日 - 学制改革により福岡県立筑紫高等学校と改称、福岡県三宅中学校を併合して夜間過程設置
・1949年3月2日 - 高校第1回卒業式を挙行
・1949年3月7日 - 福岡県議会において、校舎校地を福岡学芸大学(福岡分校、現在は九州芸術工科大学を経て九州大学芸術工学部)に転用の件議決
・1949年8月31日 - 福岡県立筑紫丘高等学校と改称
・1951年 筑高体操考案
・1952年4月15日 - 福岡教育大学の前身、学芸大学に校地転用のため南区塩原より現校地に移転
・1955年12月19日 - 現校歌制定
・1964年12月5日 - 未明の火災により本館焼失
・1965年11月26日 - 本館、図書館落成
・1967年9月5日 - 財団法人福岡県立筑紫丘高等学校筑高協会設立
・1979年5月13日 - 文化祭の化学部展示で爆発事故が発生し、生徒2人失明
・1980年8月1日 - 体育館竣工
・1985年5月18日 - 文化祭の熱気球実験で、気球が福岡空港の方に流され、注意を受けた
・1986年3月15日 - 食堂竣工
・1987年1月30日 - 筑心堂(合宿所)竣工
・1992年10月2日 - ミンダナオ島、チボリ族の大学寄宿舎が完成し引き渡し式(高14回生のカンパによる)
・1993年7月22日 - 練習中の吹奏楽部、女子部員の制服のみが19着盗難
・1994年4月23日 - 筑紫丘講堂、武道場、プール落成式
・1997年5月30日 - 筑紫丘トンネル竣工
・1997年8月8日 - 新校門・西門・中央門落成(筑紫中学校の門を再現)
・1997年9月30日 - 創立70周年記念として、野村万作・萬斎親子を招き狂言の上演
・2005年3月20日 - 福岡県西方沖地震により校舎・水道管に大きなヒビ、補修工事始まる(学校の真下を警固断層と呼ばれる断層が走っている。)
・2007年9月29日 - 「創立80周年記念式典」・「創立80周年記念文化祭」・「創立80周年記念大運動会」が開催される。また、創立80周年記念事業の一環として、9月23日に、森田一義を招いて講演会を開催。「創立80周年記念誌」発行
・2011年11月2日 - 「筑紫丘高等学校記念館」開館
関係者 ・阿比留瑠比 - 産経新聞社政治部編集委員
・池田成志 - 俳優
・植芝理一 - 漫画家、代表作は『ディスコミュニケーション』
・うえやまとち - 漫画家、代表作は『クッキングパパ』
・栗原隆司 - 鉄道写真家
・坂梨哲士 - アナウンサー
・篠田重晃 - 予備校講師、中退
・高橋望 - 映画プロデューサー、元スタジオジブリ事業本部長代理
・武末悉昌-元プロ野球選手
・タモリ - コメディアン、司会者
・吉田峰明 - 作曲家
・外山恒一 - 文筆家、ストリートミュージシャン、編入学、中退
・五條堀孝 - 国立遺伝学研究所教授
・野田春美 - 神戸学院大学教授
・藤原弘治 - みずほ銀行頭取
・松村由利子 - 歌人
・田中濯 - 歌人
・山内康一 - 衆議院議員
・井本宗司 - 大野城市長
・四位知加子 - テレビ西日本アナウンサー
・野田和佳子 - 女優
・迫慶一郎 - 建築家
・法坂一広 - 作家、弁護士
・岡崎琢磨 - 作家
・河野マリナ - 歌手
・隈本吉成 - 俳優、声優
・西村香織 - 元九州朝日放送アナウンサー、ジャズボーカリスト
・坪内純子 - 元アナウンサー
・永嶋恵美 - 作家
・吉浦康裕 - アニメーション作家・映画監督
・山崎圭一 - 福岡県の公立高校教師、YouTuber

「福岡県立筑紫丘高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月3日22時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。