ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

秋田北(普通)


偏差値60( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)162.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 798位/7793校( 学科単位 )
東北地方 45位/760校( 学科単位 )
秋田県 5位/83校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【秋田県立秋田北高等学校】
概要
沿革 ・ 1900年10月5日 - 文部省告示第207号で秋田市中島町に秋田県高等女学校を設置し明治34年9月から開校することの認可を告示。
・ 1901年1月8日 - 秋田県告示第1号で秋田県高等女学校の設置を告示。
・ 1901年3月26日 - 秋田県高等女学校規則制定。本科、補習科、技芸専修科を設置。
・ 1901年7月23日 - 秋田県高等女学校を秋田県立秋田高等女学校と改称。
・ 1901年10月16日 - 授業開始の式を挙行(この日を開校記念日とする)。
・ 1901年12月15日 - 開校式を挙行。
・ 1903年11月 - 同窓会を設立。
・ 1911年2月17日 - 技芸専修科を実科と改称、補習科を廃止。
・ 1920年3月 - 実科を廃止。
・ 1922年7月1日 - 同窓会名を「あげまき会」とする。
・ 1925年4月 - 講習科を設置。
・ 1928年3月 - 生徒の制服を定める(セーラー型)。
・ 1938年4月 - 補習科を設置。
・ 1943年4月 - 補習科を廃止し、専攻科を設置。
・ 1947年4月 - 学制改革により、高等女学校2・3年生は新制中学校2・3年生となり、新制中学校を併設。
・ 1948年4月 - 学制改革により新制高等学校に転換、秋田県立秋田北高等学校となる。
・ 1948年6月 - 定時制課程を併置。
・ 1951年8月 - 第4回全国高校陸上競技大会(金沢)優勝、秩父宮杯受賞。
・ 1952年4月 - 制服改正(セーラー型からブレザー型に)。
・ 1958年10月 - 国民体育大会(富山)でバスケットボール優勝。
・ 1967年3月 - 定時制課程廃止。
・ 1972年6月 - 生徒の夏服改正。
・ 1975年8月 - 全国高校総体(山梨)で登山優勝。
・ 1978年10月 - 国民体育大会(長野)で新体操秋田チーム優勝。
・ 1984年8月 - ロサンゼルス・オリンピック水泳競技で長崎宏子女子平泳ぎ100m4位・200m6位入賞。
・ 1989年8月 - 全国高校総体(愛媛)で登山最優秀賞。
・ 1997年9月 - 同じ敷地にに女子校として改築を求める請願書を県議会に提出。12月17日、県議会で請願書採択決定される。
・ 2005年10月 - 全日本合唱コンクール全国大会(高等学校部門Aグループ)において、音楽部が秋田県内の団体としては初めてとなる「文部科学大臣賞」(事実上の最優秀賞)を受賞。
・ 2008年4月 - 男女共学化
有名人 ・ 小野清子 - 1964年東京オリンピック体操競技女子団体銅メダリスト、自民党参議院議員、国家公安委員会委員長、日本ワールドゲームズ協会会長らを歴任
・ 浅利香津代 - 俳優
・ 関向良子 - 秋田放送アナウンサー
・ 八代星子 - 秋田テレビアナウンサー
・ 堀井美香 - TBSアナウンサー
・ 松本英子 - シンガーソングライター
・ 長崎宏子 - ロサンゼルスオリンピック競泳平泳ぎ200m4位・100m6位、ソウルオリンピック競泳代表選手 ※中退
・ 小松由佳 - 登山家(日本人女性初のK2登頂)
・ 北島良子- 陸上競技(長距離走・マラソン)選手(世界陸上ヘルシンキ大会女子マラソン代表、トレイルランナー

「秋田県立秋田北高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月6日12時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター