ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

宮崎南(文科総合)


偏差値60( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)162.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 798位/7793校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 77位/1200校( 学科単位 )
宮崎県 5位/109校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【宮崎県立宮崎南高等学校】
概要
交通 ● 最寄りの空港
・宮崎空港から3.2km
● 最寄りの鉄道駅
・JR九州 日豊本線・日南線 「南宮崎駅」から2.0km
● 最寄りのバス停
・宮崎交通 「南高校」バス停から300m
● 最寄りの幹線道路
・国道220号(宮崎南バイパス)
・宮崎県道367号中村木崎線「恒久」(つねひさ)交差点
・東九州自動車道 「宮崎IC」から1.6km周辺
・宮崎県立宮崎農業高等学校
・宮崎市立赤江中学校
・宮崎市立宮崎南小学校
・宮崎県赤十字血液センター
・宮崎南警察署
・宮崎南警察署月見ヶ丘警察官駐在所
・八重川脚注
沿革 年表
● 前史
・1918年(大正7年)5月1日 - 宮崎郡立職業学校から分離し「宮崎郡立技芸女学校」として独立。
・1922年(大正11年)4月1日 - 「宮崎県宮崎技芸女学校」に改称。
・1928年(昭和3年)4月1日 - 「宮崎県立宮崎女子高等技芸学校」に改称。
・1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令の施行により、「宮崎県立宮崎第二高等女学校」に改称・改編。
・1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限が5年となる。
・1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われる。
 ・高等女学校としての募集を停止。
 ・新制中学校を併設(以下・併設中学校)し、高等女学校1・2年修了者を併設中学校2・3年生として収容。
 ・併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
 ・高等女学校3・4年生はそのまま高等女学校4・5年生として在籍(ただし4年修了時点で卒業することができた)。
・1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により、宮崎市内の県立旧制中等教育学校3校が統合され、新制高等学校「宮崎県立宮崎大淀高等学校」が発足。
 ・県立旧制中等学校3校 - 宮崎工業学校、宮崎第二高等女学校、宮崎農学校
 ・通常制(普通課程・工業課程・農業課程)、定時制(工業課程・農業課程)を有する総合制の高等学校であった。
 ・旧3校の卒業者(5年修了者)を新制高校1年生、旧3校の4年修了者を新制高校2年生、併設中学校(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
 ・旧4校の併設中学校も統合され、「宮崎県立宮崎大淀高等学校 併設中学校」と称する。在校生が1946年(昭和21年)に旧制中等学校へ最後に入学した3年生のみとなる。宮崎県立宮崎大淀高等学校の沿革に関しては宮崎県立宮崎工業高等学校沿革も参照。
● 正史
・1962年(昭和37年)
 ・4月1日 - 高校再編により、宮崎県立宮崎大淀高等学校から普通課程と家庭課程が分離し「宮崎県立宮崎大淀第二高等学校」として独立(創立年)。
  ・新校舎が完成するまでの間、宮崎大淀高等学校(現宮崎県立宮崎工業高等学校)の校舎を共用。
 ・12月25日 - 新校名が「宮崎県立宮崎南高等学校」に決定。
・1963年(昭和38年)
 ・3月 - 宮崎県立宮崎大宮高等学校の間で合同選抜入試を開始(宮崎市内2校)。
 ・4月1日 - 「宮崎県立宮崎南高等学校」(現校名)に改称。家庭科を家政科と改称。
 ・7月7日 - 校舎が完成し現在地に移転。
・1965年(昭和40年)4月1日 - 2学期制で前期と後期の間に3~5日程度の秋休み。当時のスローガンは「追い付け、追い越せ、追い越されるな」
・1966年(昭和41年)2月 - 格技館「育鵬館」と体育館が完成。
・1967年(昭和42年)2月 - プールが完成。
・1971年(昭和46年)3月 - 図書館が完成。
・1974年(昭和49年)3月 - 合同選抜入試に新設の宮崎県立宮崎西高等学校が加わる(宮崎市内3校)。
・1984年(昭和59年)3月 - 合同選抜入試に新設の宮崎県立宮崎北高等学校が加わる(宮崎市内4校)。
・1992年(平成4年)4月1日 - 家政科の募集を停止。
・1994年(平成6年)3月31日 - 家政科を廃止。普通科のみとなる。
・2002年(平成14年)
 ・3月 - この時の入試を最後に宮崎市内4校の合同選抜入試が終了。
 ・4月1日 - 2学期制に変更。
・2003年(平成15年)3月 - 単独選抜入試を開始。
・2004年(平成16年)4月1日 - 文科総合科(1学級)を新設。
・2006年(平成18年)4月1日 - 3学期制に変更。
・2008年(平成20年)4月1日 - 宮崎県立普通科高校の学区制が廃止される。44年続いた制服を改定。
・2011年(平成23年)4月1日 - フロンティア科(2学級)を新設。フロンティア科への統合により、文科総合科の募集を停止。
・2013年(平成25年)3月31日 - 文科総合科を廃止。
○ 歴代校長
○ 年は就任の年、( )内は前職。
・初代 - 佐伯英雄 1962年(昭和37年) (宮崎県立宮崎大淀高等学校 校長)
・第2代 - 太田俊雄 1969年(昭和44年) (宮崎県立宮崎大淀高等学校 校長)
・第3代 - 服部七郎 1972年(昭和47年) (宮崎県学校教育課 課長)
・第4代 - 濱田宣弘 1978年(昭和53年) (宮崎県立宮崎工業高等学校 校長)
・第5代 - 有馬一男 1981年(昭和56年) (宮崎県立延岡東高等学校 校長)
・第6代 - 高山義孝 1983年(昭和58年) (宮崎県学校教育課 課長)
・第7代 - 松田義信 1988年(昭和63年) (宮崎県立日向高等学校 校長)
・第8代 - 飛松義久 1991年(平成3年) (宮崎県立日南高等学校 校長)
・第9代 - 山口賢一 1994年(平成6年) (宮崎県学校教育課 課長)
・第10代 - 中田忠 1996年(平成8年) (宮崎県教育次長)
・第11代 - 山下兼紀 1998年(平成10年) (宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校 校長)
・第12代 - 別府俊紘 2001年(平成13年) (宮崎県立高鍋高等学校 校長)
・第13代 - 帖佐利昭 2003年(平成15年) (宮崎県立日向高等学校 校長)
・第14代 - 平田俊近 2006年(平成18年) (宮崎県教育次長)
・第15代 - 佐々木逸夫 2008年(平成20年) (宮崎県立延岡高等学校 校長)
・第16代 - 川﨑基宏 2011年(平成23年)(宮崎県立日南高等学校 校長)
・第17代 - 長濱美津哉 2013年(平成25年)(宮崎県教育次長)
・第18代(現職) - 谷口英彦 2015年(平成27年)(宮崎県教育次長)部活動
● 運動部
・野球部 - 1988年(昭和63年)第70回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)に出場。
・陸上競技部
・新体操部
・水泳部
・バスケットボール部
・バレーボール部
・卓球部
・ソフトテニス部
・硬式テニス部
・サッカー部
・ラグビー部
・ソフトボール部
・ハンドボール部
・柔道部
・剣道部
・弓道部
・バドミントン部
・フェンシング部
・なぎなた部
● 文化部
・音楽部 - 1988年(昭和63年)全日本合唱コンクールに出場し、九州大会で金賞、全国大会で銀賞を受賞。課題曲:「Regina Coeli」、自由曲:川崎洋の詩による5つの混声合唱「やさしい魚」より 感傷的な唄
・美術部
・書道部
・華道部
・茶道部
・吹奏楽部
・英会話部
・生物部
・放送部
・演劇部
・百人一首部
・ユネスコ部
・写真部
・将棋部
・英語ディベート部
・新聞部
・応援団
・囲碁部
・文芸同好会
・図書同好会
・歴史同校会
・チアリーディング同好会
・物理同好会
出身者 ● 政界
・道休誠一郎 - 衆議院議員、タレント紗栄子の叔父
・大島忠郁 - 大阪地方検察庁検事正
● スポーツ
・津野剛志 - 読売ジャイアンツ(野球)
・磯貝公伸 - 読売ジャイアンツ(野球)
・木村拓也 - 日本ハムファイターズ-広島東洋カープ-読売ジャイアンツ(野球)。1年時に夏の甲子園大会に出場。
・川崎雄介 - 千葉ロッテマリーンズ-阪神タイガース-埼玉西武ライオンズ(野球)
・年見直樹 - 関東学院大学-富士ゼロックス(ラグビー)
● 報道
・中西可奈 - 鹿児島放送アナウンサー
・大城蘭 - 琉球放送アナウンサー
・児玉泰一郎 - テレビ宮崎アナウンサー
・清武英利 - ジャーナリスト、元読売巨人軍の球団代表
● 文化・芸能
・堺雅人 - 俳優
・戸高正啓 - 演出家
・上原由恵 - 女優
・花堂純次 - 映画監督
・芥川仁 - 写真家
・下成佐登子 - 歌手。1978年「秋の一日」でデビュー
・西田昭彦 - 歌手。1991年「in Summer」でビクターレコードよりデビュー
・コータ(橋口耕太) - チン☆パラのメンバー
・坂本梨奈 - 歌手
・日野誠 -スーパーアイドル(お笑い芸人)
・オクショウ - 作家、漫画原作者。週刊少年マガジン『リアルアカウント』などを連載。
● 学者
・榎木光治 - 准教授、工学博士(九州大学)。国立大学法人電気通信大学

「宮崎県立宮崎南高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月6日1時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。