ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

鹿児島中央(普通)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7793校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 46位/1200校( 学科単位 )
鹿児島県 9位/216校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【鹿児島県立鹿児島中央高等学校】
概要
沿革 ● 設立の経緯高校生急増のため、県は高等学校を増設することとなった。県の当初の意向では、鶴丸高校の分校(分教場)として鶴丸の前身の一つである旧制鹿児島県立第一鹿児島中学校(一中)の跡地(現鶴丸高校敷地)に開校する予定であったが、この問題は各方面に影響を与え、当時の新聞紙面でも取り上げられた。一中・一高女・鶴丸関係者側からは、戦後間もなく学制改革において鶴丸高校が前身の一つの一高女跡地(現鹿児島中央高校敷地)に開校する際、一中の敷地は鶴丸高校のものであることが確認され、それに基づいて授業や部活動などで運動場として使用しているのであり、新設校が一中跡に開校すると運動場を奪われた上に一中の後身という系譜も切れるとして反対があった。さらに二中・二高女・甲南関係者側からは、分校設立により戦後の男女共学路線が崩れ旧一中・旧一高女が復活する恐れがあり、鶴丸高校のマンモス化で県の高校教育に対する悪影響が懸念され進学その他の面で不利になるとして反対があった。こういった経緯から創立当時、鹿児島中央高校は新設校であるにもかかわらず鶴丸が旧一中跡地に校舎新築して移転後の鶴丸の旧校舎を使用することとなった。
● 年表
・ 1963年4月1日 - 鹿児島県立鹿児島中央高等学校開校。鹿児島県立鶴丸高等学校が現在地に移転するまで、鹿児島県立短期大学の敷地内に仮校舎を建て使用。
・ 1964年3月31日 - 現在地に移転。
・ 1981年4月8日 - 高等学校教育課程(現代社会)研究推進校として、文部省(現文部科学省)が指定(1984年度まで、2回に亘って指定される)。
・ 1985年4月1日 - 『山坂達者』実践推進校として鹿児島県教育委員会が指定。
・ 1989年5月11日 - 勤労体験学習研究指定校として、文部省が指定(1990年度まで)。
・ 1992年4月11日 - 武道指導推進役として文部省が指定(1994年度まで)。
・ 1992年11月5日 - 鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校と第1回スポーツ交歓会(中玉戦)実施。
・ 1993年6月5日 - 勤労体験学習研究指定校として、文部省が指定(1995年度まで)。
・ 1997年2月28日 - ギャラリー中央朝日子を開設。
・ 2004年2月27日 - 愛好歌『たいせつ』製作・発表。
・ 2007年7月31日 - 本館、講堂が国の登録有形文化財に登録される。
・ 2018年 - 文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクールに指定される(2018年度~2022年度)。

「鹿児島県立鹿児島中央高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月3日22時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター