ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

樟南(文理)


偏差値66( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)185点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 196位/7793校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 15位/1200校( 学科単位 )
鹿児島県 5位/216校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【樟南高等学校】
概要
沿革 ・ 1883年 - 安藤令三郎が博約義塾を創立。
・ 1916年4月 - 博約鉄道学校に組織改編。
・ 1925年3月 - 鹿児島鉄道学校と改称。
・ 1940年4月 - 予科設置。
・ 1941年4月 - 機関科を設置。
・ 1950年4月 - 学制改革に伴い、学校法人時任学園鹿児島鉄道高等学校と改称。
・ 1955年4月 - 学則を一部改正し、機関科を機械科に改称、商業科新設。
・ 1960年4月 - 鹿児島商工高等学校と改称。
・ 1961年4月 - 電気科新設。
・ 1964年4月 - 自動車科新設。
・ 1985年4月 - 普通科新設。
・ 1994年4月 - 樟南高等学校と変更。
・ 1995年4月 - 普通科(文理コース・普通コース・体育コース)、商業科、工業科(機械工学コース・電気工学コース・自動車工学コース)に学科改編。
・ 1995年9月 - 旧校舎(鹿児島市荒田一丁目。現在サンエールかごしまがある位置)より、同年8月に竣工した現校舎へ全面移転。
・ 1997年4月 - 普通科に英数コースを設置。
・ 2000年4月 - 介護福祉科新設(2009年4月に募集停止)。普通科を文理・英数・普通コースに再編。
・ 2012年3月 - 介護福祉科を廃止。
・ 2014年4月 - 普通科普通コースを普通科未来創造コースへと改称。
出身者 ・ 枦山智博(前野球部監督)
・ 上水流洋(元ヤクルトスワローズ投手・コーチ)
・ 岩下正明(元ヤクルトスワローズ外野手)
・ 玄岡正充(元ヤクルトスワローズ外野手)
・ 大田勇治(元プロ野球選手)
・ 増永祐一(元アマ野球選手)
・ 濱涯泰司(元福岡ダイエーホークス投手)
・ 川名慎一(北海道日本ハムファイターズ外野守備走塁コーチ)
・ 吉鶴憲治(福岡ソフトバンクホークス3軍バッテリーコーチ(元捕手・外野手))
・ 大西崇之(読売ジャイアンツ1軍外野守備走塁コーチ(元外野手))
・ 田村恵(広島東洋カープスカウト(元捕手))
・ 鶴岡慎也(北海道日本ハムファイターズ捕手)
・ 上野弘文(元広島東洋カープ投手)
・ 青野毅(元千葉ロッテマリーンズ内野手)
・ 前田大和(横浜DeNAベイスターズ内野手)
・ 大谷龍次(元千葉ロッテマリーンズ外野手)
・ 戸田隆矢(広島東洋カープ投手)
・ 浜屋将太(埼玉西武ライオンズ投手)
・ 若嶋津六夫(大相撲元大関・現二所ノ関親方)
・ 江藤正基(ロサンゼルス五輪レスリング57kg級グレコローマン銀メダル)
・ 栄和人(至学館大学レスリング部監督兼レスリング全日本女子ヘッドコーチ)
・ 宮崎博史(短距離走選手)
・ 矢田良太(プロボクサー・日本ウェルター級王者)石原夜叉坊 総合格闘家

「樟南高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年5月25日15時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター