ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

三国丘(普通)


偏差値68( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)192.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 97位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 30位/1347校( 学科単位 )
大阪府 13位/422校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【大阪府立三国丘高等学校】
大阪府立三国丘高等学校(おおさかふりつみくにがおかこうとうがっこう)は、大阪府堺市堺区にある公立高等学校。
概要 1895年に開口神社内を仮校舎として創立された大阪府第二尋常中学校(のちの大阪府立堺中学校)を起源とする。大阪府立高校の中では歴史の古い学校のひとつとなっている。また、定時制課程を併設しており、2006年には現本館北側に定時制用の教室が増設された。 また、校訓として「自主自立」の精神を掲げ、校則や生活指導は生徒自身の自覚にゆだねられている面が大きいことで知られる。クラブ活動では、毎年8-9割の生徒が何らかの部活に参加し、近畿大会・インターハイ等で上位の成績を修めている。大阪府教育委員会より、人材育成研究開発重点校(通称 エル・ハイスクール)に指定されていた。 現在の校舎本館は1994年に竣工した平成校舎で、螺旋階段や独特の丸窓など、昭和校舎の特徴を継承した独特の外観は堺市景観賞を受賞したこともある。また、敷地内には堺中1期生の久野節が設計した「旧三丘会館」があり、登録有形文化財に登録されている。 ほぼ全ての卒業生が大学進学を志望し、2011年度から大阪府教育委員会の進学指導特色校事業の対象校となり、普通科に加えて文理学科が設置された。
沿革 ■ 創立前史
1886年の中学校令により、一府県につき中学校(旧制中学校)は1校だけという原則があった。当時大阪府には大阪府尋常中学校(現在の大阪府立北野高等学校)のみが設置されていた。 1894年に中学校令が改正され、地域の実情に応じて府県に複数の中学校を設置することや、逆に1校も設置しないことも可能となった。中学校令の改正を受けて、1893年3月に大阪府第二尋常中学校を新設する案が大阪府会で審議された。 新設の中学校は郡部に設置する方向でまとまっていたが、具体的な場所については決まっていなかった。堺のほか、天王寺・平野・八尾・岸和田などが中学校の誘致に乗り出した。誘致合戦に伴う地域対立や大阪府の財政状況悪化のため、中学校増設案は一度廃案になった。 その後1894年7月の大阪府会で大阪府第二尋常中学校の設置が決定した。具体的な場所は決まっていなかったが、誘致運動の状況から堺に設置することが有力という見通しになっていた。大阪府会では1894年12月、財政状況が好転した背景を踏まえ、地域対立を避ける目的で「第二尋常中学校のほか郡部に2中学校を新設し、合計3中学校を増設する」という案が出され、この案が承認された。また堺市は1894年12月、第二尋常中学校の予定地として大鳥郡向井村大字中筋(現在地)を提示した。 1895年1月11日の大阪府告示第四号で、大阪府第二尋常中学校を堺に設置することが確定した。なお同時に設置された新設中学校は、大阪府第三尋常中学校(現在の大阪府立八尾高等学校)、大阪府第四尋常中学校(現在の大阪府立茨木高等学校)である。

■ 学校創立
大阪府第二尋常中学校は準備事務を経て1895年4月1日、堺市甲斐町東1丁・開口(あぐち)神社内の旧堺市役所庁舎建物を仮校舎として開校した。翌1896年4月には現在地に校舎が完成し、移転している。 大阪府は中学校令施行規則に基づき、大阪府立のすべての中学校・高等女学校の名称変更の申請を文部科学省に出し、1901年3月に文部大臣から認可を受けた。これに伴い1901年4月1日より大阪府堺中学校へ改称した。 しかし改称直後の1901年4月8日に文部省令第11条が出された。中学校・高等女学校などの名称について、「○○県立」「○○郡立」などの形で設置者の名称を冠することが義務づけられ、この命名規則に沿っていない既存校については6ヶ月以内に変更することを指示したものであった。これに伴い、すべての「大阪府○○中学校/高等女学校」は「大阪府立○○中学校/高等女学校」へと一斉に再変更されることになった。大阪府堺中学校についても、改称から2ヶ月後の1901年6月3日付で大阪府立堺中学校へと再改称を実施している。 1904年の日露戦争では、政府や大阪府は戦争遂行のために緊縮財政政策をとった。この影響で学校予算についても不要不急のものについては凍結や削減がおこなわれ、学校に対して経費削減を指示する訓令も出されている。また学校行事にも戦時色が強まっていた。

■ 寄宿舎
明治時代から大正時代にかけては、遠方在住の生徒のための寄宿舎が併設されていた。寄宿舎は開校と同時に、開口神社内の仮校舎に併設された。寄宿舎は学校の移転から少し遅れて、1897年2月に校内に移転している。 しかし大正時代に入り地元の堺市・泉北郡出身の生徒が増加したことや、自転車通学者が増加したことで、入寮者は減少傾向にあった。1924年には最後の寮生が退寮して入寮者がいなくなったため、寄宿舎は廃止された。書類上は1930年に正式に廃止が認可されている。

■ 校舎建設(昭和初期)
大正時代には定員増加により、校地が狭隘化していた。学校側は1915年より、校地拡張を繰り返し要望していた。 校舎改築・校地拡張は1927年に大阪府議会で審議されることになった。しかし同時期に、大阪府立天王寺中学校(現在の大阪府立天王寺高等学校)が火災で校舎を全焼する被害に遭った。このため天王寺中学校の復旧を優先するとして、堺中学校の校舎改築は延期された。 校舎改築・校地拡張は1930年より実施され、1932年に鉄筋コンクリート造りの校舎が竣工した。解体された木造の旧校舎は泉北郡久世尋常高等小学校(現在の堺市立久世小学校)に移築され、1963年まで使用された。

■ 戦時下の学校
1938年には勤労奉仕が始まり、生徒の動員がおこなわれた。また1944年には4年生・5年生生徒を対象に勤労動員が実施され、学校での授業が停止された。 1945年7月10日未明の堺大空襲では、校内の倉庫1棟が焼失する被害を受けた。また同日には、校内で不発弾の処理に従事していた生徒1人が、不発弾の爆発により死亡する事故も発生している。この空襲で被害を受けた堺市民病院は、被災直後よりしばらく堺中学校校舎を仮病院として使用した。

■ 学制改革
太平洋戦争の終戦に伴い、1945年9月より授業が再開された。 学制改革により、1947年4月1日付で新制中学校制度が発足した。堺中学校では旧制中学校としての新入生の募集を停止し、2・3年在籍者は併設中学校(新制中学校)へと移行させた。また堺中学校校舎の一部を借用し、新制堺市立第三中学校(1950年堺市立三国丘中学校に改称)が開校している。三国丘中学校の校舎借用は1951年まで続いた。 翌1948年には新制高等学校制度が発足した。これに伴い現在の大阪府立三国丘高等学校が発足したが、発足当初の1948年4月時点では校名は正式には決定していなかった。 旧制府立堺中学校・旧制府立堺高等女学校(現在の大阪府立泉陽高等学校)とも、新制高校の校名に「堺」を付けることを強く希望して譲らなかった。結果的に両校とも「堺」の名称を付けないことで合意し、所在地の地名(南三国ヶ丘町、旧 大鳥郡中筋村字三国)、方違神社の三国丘(摂河泉三国の境)などに由来する大阪府立三国丘高等学校となった。なお、府立の旧制中学と高女における校名の重複は8事例(私立高女を含めると12事例)あったが、堺を除く7事例(11事例)はいずれも中学側に譲られている(私立高女は「学園」や「女子」などを付して重複回避)。堺が特殊事例になった背景のひとつに旧市街と旧村を明確に分ける環濠都市の性格があり、環濠内に高女、環濠外(旧 泉北郡向井町)に中学が立地していた。 大阪府立三国丘高等学校の名称が文献上で確認される最古の事例は1948年8月20日付の文書であるが、いつ校名が決定したかについてははっきりしていない。1948年7月の文書に「大阪府立堺第一高等学校」という仮称が使用されていることから、1948年8月上旬頃に校名が決定したと推定されているし、堺市立高女在籍者は三国丘・泉陽の両校に編入させることで決着した。結果的に男女共学化は府内の他公立高等学校と比較して大幅に遅れ、1948年9月からの実施となった。 高校三原則により総合制高等学校を設置することになっていた。三国丘高等学校では普通科のほか、家庭科・商業科が設置されることになっていたという記録が残る。
出身者 ■ 政治・行政

・ 藤田スミ - 元衆議院議員
・ 森元恒雄 - 元自治大臣官房総務審議官、前参議院議員
・ 竹山修身 - 元堺市長
・ 森山浩行 - 元衆議院議員
・ 高木佳保里 - 参議院議員
・ 中尾巧 - 元大阪高等検察庁検事長、元法務省入国管理局長
・ 出口佳努 - 海上自衛官、第46代佐世保地方総監

■ 学術

・ 唄孝一 -民法学者、 東京都立大学 (1949-2011)名誉教授、文化功労者
・ 河盛好蔵 - 仏文学者
・ 新開陽一 - 大阪大学名誉教授、文化功労者
・ 田中知 - 東京大学大学院工学系研究科教授
・ 難波功士 - 関西学院大学社会学部教授
・ 藤村逸子 - 名古屋大学大学院国際開発研究科教授
・ 前田昇 - 青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授
・ 萬代悟 - 武庫川女子大学教授
・ 見田宗介 - 社会学者
・ 谷本奈穂 - 社会学者、関西大学教授
・ 森浩一 - 考古学者、同志社大学名誉教授
・ 八木沼健夫 - クモ学者、追手門学院大学教授
・ 山中優 - 皇學館大学准教授
・ 安冨歩 - 経済学者、東京大学東洋文化研究所教授
・ 大槻勝紀 - 大阪医科大学学長、解剖学教授

■ スポーツ

・ 川淵三郎 - 日本サッカー協会名誉会長
・ 高木喬 - 元プロ野球選手

■ 文化・芸術・芸能

・ 安西冬衛 - 詩人
・ 宅孝二 - 作曲家、ピアニスト
・ 今井雅子 - 映画脚本家
・ 今村泰典 - 音楽家/リュート奏者 ストラスブール国立音楽院リュート科教授
・ 内田裕也 - ミュージシャン
・ 岡田寧 - テレビディレクター
・ 川田裕美 - 元読売テレビアナウンサー
・ 久坂部羊 - 作家
・ 堺三保 - 「SF」「ミステリー」評論家
・ 阪本順治 - 映画監督
・ 中谷彰宏 - 作家
・ 藤井恒久 - 日本テレビアナウンサー
・ 森富美 - 日本テレビアナウンサー
・ 平野智美 - KBS京都アナウンサー
・ 籔内佐斗司 - 彫刻家
・ 池田幾三 - 放送作家

■ その他

・ 土井隆雄 - 宇宙飛行士
・ 久野節 - 建築家・鉄道省の初代建築課長
・ 早川紀代秀 - オウム真理教幹部
・ 唐池恒二 - JR九州会長
・ 石井繁礼 - 川崎近海汽船社長
・ 山口正紀 - ジャーナリスト
・ 川人博- 弁護士
・ 藤原寛 - 吉本興業役員
・ 高梨柳太郎 - 神戸新聞社社長
交通 ・ 南海高野線 堺東駅 東口から約300m(徒歩約5分)。

「大阪府立三国丘高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年10月1日14時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島