ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

常翔学園(スーパー)


偏差値62( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)170点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 561位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 150位/1347校( 学科単位 )
大阪府 57位/422校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【常翔学園中学校・高等学校】
常翔学園中学校・高等学校(じょうしょうがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府大阪市旭区にある私立中学校・高等学校。設置者は学校法人常翔学園。
概要 1948年(昭和23年)「摂南学園高等学校」として開校。翌1949年の普通科併設後も続いていた工業科は2005年(平成17年)3月の卒業生をもって廃止された。 工業科廃止2年後の2007年5月2日、大阪工業大学高等学校から「常翔学園高等学校」への改称を発表。校名を変更する理由について、普通科のみの編成となり、工業以外への進路に対応できるコース制になっていることなどを挙げており、常翔は「常に天翔(あまかけ)るもの」であり、いつもかわらず天空を飛翔する意味としている。 2011年度より「常翔学園中学校」を併設し、中高一貫教育を実施している。また、学園内3大学(大阪工業大学、摂南大学、広島国際大学)への進学を「年150人以上を目標」として学校間連携も強化している(2020年度の場合1学年615人) なお、学園の始まりが建築や土木関係の技術者を育成する目的だったため、学園全体の教育理念は「現場で活躍できる人材の育成」である。これに基づき、常翔学園高校でも「教育の理念」及び「教育の方針」を定めている。 2013年から、大阪府枚方市にある常翔啓光学園中学校・高等学校(旧「啓光学園中学校・高等学校」)も同じ学校法人常翔学園による運営となっている。

■ 教育の理念
「自己・自律」の精神と幅広い「職業観」を養い、目的意識を持った進学の実現により、将来、実社会で活躍できる人材を育成する。

■ 教育の方針
正しい判断力を持ち、自ら行動できる人材を育てる。 生徒と教員の信頼関係を築くことで、個々の可能性を引き出し、その能力を最大限に発揮させる。 生徒にとって、わかる授業・楽しい授業・ためになる授業を追求する。 基礎学力の定着をはかり、進学先の専門教育に対応できる能力を育成する。 就業体験、大学試験、授業などを通じて職業観を育成する。 目的意識を持って進学先を主体的に選択する能力を育成する。 学校行事、課外活動を通じて健全な心身と社会性を育てる。
沿革 ■ 前史
前身は1933年(昭和8年)4月に開校の実業学校「関西工業学校」(3月3日に文部省告示第68号で設置認可。第一本科=5年制。第二本科=4年制)と、1942年開設の「摂南重機工業学校」(1944年「摂南工業学校」に改称)。 運営法人は、1926年(大正15年)に設立された「財団法人関西工学」。関西工学は、ほかにも1940年開設の実業専門学校「関西高等工業学校」(1942年「摂南高等工業学校」に改称、1944年「摂南工業専門学校」に再改称。現大阪工業大学の母体)と、「摂南重機工業学校」を運営していた(1944年「摂南工業学校」に改称)。 太平洋戦争後の1947年、法人名を「財団法人摂南学園」と改称。これに合わせて翌1948年、関西工業学校と摂南工業学校を統合する形で、新制の高等学校「摂南学園高等学校」が設立された。 1950年、法人名の再改称に合わせ「大阪工業大学高等学校」に改称。2008年(平成20年)、同じく法人名の再々改称に合わせ「常翔学園高等学校」に再改称されている。

■ 年表

・ 1948年(昭和23年) - 4月1日、戦後の学制改革に基づく新制の高等学校「摂南学園高等学校」設置認可(機械科、電気科、建築科、土木科を設置)。新制の中学校「摂南学園中学校」(のちに大阪工業大学中学校)も開設
・ 1949年 - 法人名を「財団法人大阪工業大学」と改称。摂南学園高等学校に普通科を設置
・ 1950年 - 法人名に合わせ「大阪工業大学高等学校」に改称
・ 1951年 - 法人を「学校法人大阪工業大学」に改組。「摂南工業学校」を廃止
・ 1963年 - 高校に自動車科を設置
・ 1972年 - 男女共学化
・ 1979年 - 「大阪工業大学中学校」を廃止
・ 1987年 - 法人名を「学校法人大阪工大摂南大学」と改称
・ 2001年(平成13年) - 工業科を改編(自動車科と電気科を機械科へ、土木科を建築科へ統合)
・ 2002年 - 学校週5日制、2学期制(前期後期制)を実施
・ 2003年 - 工業科を募集停止。普通科を5コース(情報系進学コース、薬学・医療系進学コース、特進コース、普通コース、総合コース)に改編
・ 2006年 - 工業科を廃止
・ 2007年 - 「啓光学園中学校・高等学校」を運営する「学校法人啓光学園」と、連携協定を締結(この年、学校法人啓光学園は学校法人常翔啓光学園と改称)
・ 2008年 - 法人名を「学校法人常翔学園」と改称。学校名も「常翔学園高等学校」に改称
・ 2009年 - 普通科を4コースに改編(スーパーコース、特進コース、薬学・医療系進学コース、文理進学コース)
・ 2010年 - 新校舎設立
・ 2011年 - 3月30日、「常翔学園中学校」設置認可。4月1日、開校
・ 2013年 - 学校法人常翔啓光学園と法人合併
授業 ■ コース(中学校)
1学年105人程度(I類とII類の合計、2021年度の募集人員の場合)
・ I類 - 「先取り学習」で高校3年生では演習を中心とした学習に取り組み、難関国公立大学進学が可能
・ II類 - 繰り返し重視、基礎学力を確実に定着

■ コース(高等学校)
1学年615人(15クラス、内部進学3クラス)
・ スーパーコース(2021年度の募集人員1クラス40人) - 難関国公立大学進学実現へ、週38~39時間の授業と、週2時間の予備校講師による授業を行う。
・ 特進コース(4クラス160人)
・ 薬学・医療系進学コース(1クラス40人)
・ 文理進学コース(6クラス240人) - 部活動と両立しながら、学園内大学を中心に確実な大学進学を目指す。
基礎データ ■ 諸費用
初年度は中学校132万円、高校119万円で、これ以外に教育強化費など必要。

■ 交通アクセス

◎ 電車

・ Osaka Metro谷町線千林大宮駅または谷町線・Osaka Metro今里筋線太子橋今市駅から、それぞれ徒歩で約15分
・ 京阪本線千林駅から徒歩18分、または滝井駅から徒歩で約20分
・ JRおおさか東線城北公園通駅から徒歩で約25分
◎ バス

・ 大阪シティバス大宮小学校前停留所から徒歩で約5分

■ 校章
校章は、生徒・保護者・卒業生・教職員が一体となり、翼となって、同じ目標、同じ未来へ飛翔していく姿を表している。

■ 校歌
校歌は、2008年3月まで「大阪工業大学高等学校校歌」と「大阪工業大学高等学校第二校歌」の2種類があった。このうち「大阪工業大学高等学校第二校歌」の一部のメロディと歌詞を変えたものが、現「常翔学園高等学校校歌」になっている。
部活動 ・ ラグビー部 - 冬の花園及び春の選抜に多数出場。全国優勝は15人制で計6回(選手権5回 ・選抜1回)と7人制で2回。
著名な出身者 ■ 経済

・ 籠池佳茂 - 実業家。学校法人森友学園元理事長の籠池泰典の長男
・ 杉本昌秀 - 実業家

■ 芸能

・ 飯沼慧 - 俳優
・ 川岡大次郎 - 俳優
・ 近藤頌利 - 俳優
・ 瀬戸わんや - 漫才師
・ 西川のりお - 漫才師
・ 西崎ゴウシ伝説 - ミュージシャン「カルメラ」
・ 松本秀樹 - タレント
・ 三池崇史 - 映画監督
・ 吉水孝宏 - 声優

■ スポーツ

・ 安藤健太 - トライアスロン選手
・ 伊部尚子 - 柔道家(ぎふ柔道クラブ24所属)
・ 奥本友人 - プロバスケットボール選手
・ 久保賢悟 - サッカー選手
・ 薪谷翠 - 元柔道家
・ 永易将之 - 元プロ野球選手
・ 牧志津香 - 柔道家(ミキハウス所属)
◎ ラグビー


■ そのほか関係者

・ 石倉三郎 - 俳優・コメディアン・タレント (中退)
・ 加橋かつみ - ミュージシャン(京都府立山城高等学校に転校)
・ 松井一郎 - 大阪市長、元大阪府知事(高校2年生の2学期に、福岡工業大学付属高等学校(現福岡工業大学附属城東高等学校)に転校)

「常翔学園中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年9月21日12時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター