ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

下妻第一(普通)


偏差値59( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)158.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 937位/7791校( 学科単位 )
関東地方 276位/1967校( 学科単位 )
茨城県 27位/193校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【茨城県立下妻第一高等学校・附属中学校】
茨城県立下妻第一高等学校・附属中学校(いばらきけんりつしもつまだいいちこうとうがっこう・ふぞくちゅうがっこう)は、 茨城県下妻市下妻乙に所在する公立高等学校・中学校。
概要 1897年創立。通称・略称は、「下妻一高(しもつまいちこう)」。茨城県内では「妻一(つまいち)」と略されることが多い。県立水海道一高との定期戦においては「下高(しもこう)」とも称し、生徒や教員、同窓会(為桜同窓会と称する)の会員などの間では「為桜学園(いおうがくえん)」とも呼ばれる。また、為桜体操と呼ばれる、学校独自の体操が存在する。 校歌の旋律は、旧制第一高等学校の寮歌「嗚呼玉杯に花受けて」が借用されている。
沿革 ・ 1897年4月 - 茨城県尋常中学校下妻分校として開校。
・ 1899年4月 - 茨城県中学校下妻分校と改称。
・ 1900年4月 - 独立し、茨城県下妻中学校と改称。水海道分校(のちに独立し水海道中学校、現在の水海道一高)設置。
・ 1901年4月 - 茨城県立下妻中学校と改称。
・ 1948年4月 - 茨城県立下妻高等学校と改称。全日制普通科、定時制普通科設置。
・ 1948年5月 - 上山川分校(のちに結城一高に移管)を設置。
・ 1949年4月 - 茨城県立下妻第一高等学校に改称。
・ 2022年4月 - 附属中学校を設置。
主な学校施設 ・ 本館
・ 特別教室棟
・ 為桜学習館
・ 第一体育館
・ 第二体育館
・ プール
・ 柔剣道場
・ 運動部部室(2棟)
・ 文化部部室
・ 為桜会館(同窓会館、合宿所)
・ 為桜図書館(特別棟)
・ 弓道場
学校行事 ・ 定期戦 - 水海道一高との運動部対抗戦。
・ クラスマッチ 球技〈ドッジボール・サッカー・硬式テニス・バレーボール〉と学年別クラス対抗リレー
・ 職場訪問(1年)
・ 修学旅行(2年)
・ 為桜祭(文化祭)・為桜オリンピック(体育祭) - 毎年交互に開催。
・ 文化的行事(芸術鑑賞)
・ 踏破会 など
学校関係者と組織 ■ 部活動

◎ 運動部

・ 野球部
・ バレーボール部
・ バスケ部
・ サッカー部
・ ラグビー部
・ テニス部
・ 卓球部
・ ソフトテニス部
・ 柔道部
・ 剣道部
・ 弓道部
・ 陸上競技部
・ 水泳部
・ バドミントン部
・ 爲櫻應援團
・ チアリーダー
・ 空手道部
◎ 文化部

・ 英語部
・ 吹奏楽部
・ 弦楽部
・ 地学部
・ 漫画研究部
・ 生物部
・ 華道部
・ 新聞部
・ 情報科学部
・ JRC部
・ 囲碁将棋部
・ 文芸部
・ 美術部
・ 写真部
・ 演劇部
・ 茶道部
・ クッキング部
・ 軽音楽部
・ ダンス部
・ 書道部

■ 著名な出身者

◎ 卒業生

・ 堂場瞬一 - 作家。小説すばる新人賞受賞。
・ 江戸英雄 - 三井不動産会長
・ 松本筑峯 - 能書家。東洋書道芸術学会会長。現代破体書道の第一人者。
・ 海老沢泰久 - 小説家。直木賞受賞。
・ 市村緑郎 - 彫刻家。埼玉大学名誉教授、崇城大学教授。日展理事。日本芸術院賞受賞。
・ 磯山和司 - 元プロサッカー選手。
・ 斉藤学 - 福岡ソフトバンクホークス育成担当。元プロ野球選手。
・ 大塚博紀 - 空手家。和道流開祖。
・ 薗部博之 - ゲームクリエイター、パリティビット創業者および代表取締役。ゲーム「ダービースタリオン」の開発者。
・ 龍胆寺雄 - 小説家、サボテン研究家
・ 宮島一代 - JFAトップレフェリーグループマネジャー。元サッカー国際副審・Jリーグ審判員・AFCエリートレフェリー。
・ 鈴木明良 - 元衆議院議員
・ 北沢直吉 - 元内閣官房副長官
・ 柴山兼四郎 - 元陸軍次官・陸軍中将
・ 青木智也 - 『いばらぎじゃなくていばらき』作者。ウェブサイト茨城王運営。
・ 稲葉本治 - 元下妻市長
・ 菊池博 - 下妻市長
・ 大久保司 - 元八千代町長
・ 谷中聰 - 元八千代町長
・ 福西基 - 教育者、スーパーセンテナリアン。元日本国内最高齢男性。
・ 神原千恵 - アナウンサー、キャスター
◎ 元生徒

・ 風見章 - 衆議院議員。内閣書記官長、司法大臣。放校後、茨城県立水海道第一高等学校へ編入学。

■ 同窓会

・「為桜同窓会」と称する。
・「為桜」とは、藤田東湖の漢詩「和文天祥正気歌」の一節「発為万朶桜<発(ひら)いては万朶(ばんだ)の桜と為る>」からとられている。
・ 東京大学に進学する卒業生を対象に、独自の奨学金制度を作っている。

「茨城県立下妻第一高等学校・附属中学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月25日8時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島