ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

藤代(普通)


偏差値56( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)147.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1395位/7791校( 学科単位 )
関東地方 384位/1967校( 学科単位 )
茨城県 35位/193校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【茨城県立藤代高等学校】
茨城県立藤代高等学校(いばらきけんりつふじしろこうとうがっこう)は、茨城県取手市毛有に所在する公立の高等学校。藤高(ふじこう)と略称・通称される。
概要 1973年(昭和48年)創立。 進学志望の生徒が多く大半が4年制大学に進学する。 (記念館として建設された)蒼藤館という空調設備が完備された特別棟があり、課外授業の教室や放課後の専用自習室として使用されている。 生徒数は1学年あたり240名程度で、2学年からの文理別クラスは文系156名、理系84名の割合(概数)である。
沿革  1972年7月8日  本館工事着工  1973年4月7日  第1回入学式挙行(278名)  1973年5月1日   創立記念日  1973年11月9日  開校式挙行  1974年9月21日  第2期工事(特別教室棟・格技場)竣工  1974年11月21日 校歌制定(作詞 朝倉達男・作曲 矢口久子)  1975年4月8日  校旗制定  1975年12月13日 創立3周年記念式典挙行(生徒研修館・体育館竣工)  1976年3月2日  第1回卒業式挙行(246名)  1977年6月6日  校訓の碑建立  1978年4月     県指定・福祉教育推進校(2か年)  1979年9月3日  プール工事竣工  1980年1月31日  校歌の碑建立  1982年10月8日  創立10周年記念式典挙行(記念館工事竣工)  1983年7月    英語指導助手配置  1984年3月12日  日米交流プログラム第1回生派遣  1984年4月    県指定・特色ある高校づくりモデル指定校(国際教育・2か年)  1984年4月1日   男子制服改正  1990年6月   文部省指定・ティームティーチング研究推進指定校(2か年)  1992年3月12日 コンピュータ室改造工事竣工  1992年10月16日 創立20周年記念式典挙行  1993年7月6日  県指定・ブライトハイスクール推進事業研究指定校(3か年)  1995年3月31日 多目的学習館(蒼藤館)竣工  1997年4月1日   男女制服改正  1999年12月1日 部室竣工  2002年10月8日 創立30周年記念式典挙行  2003年4月1日  県指定・イングリッシュ・シャワー・プログラム指定校(3か年)  2004年4月1日  文部科学省指定・スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール研究開発指定校(3か年)  2005年4月1日  県指定・学校保健学校安全研究推進校(3か年)  2006年3月15日 生徒研修館改修工事完成  2007年4月  普通教室冷暖房設備設置工事完成  2012年11月17日 創立40周年記念式典挙行  2014年4月1日  スクールバス運行開始
学校行事 在学中の主なイベントとして、2学年秋季の沖縄修学旅行がある。 また、藤朋祭(文化祭)、駅伝大会、球技祭、体育祭といった行事では、優勝したクラスにクラス全員分のあんぱんが賞品として与えられる。
部活動 部活動も盛んな学校であり、ほとんどの生徒が部活動に所属する。 毎年いくつかの部活動がインターハイに出場する。 特に野球部、バドミントン部、女子テニス部、弓道部、水泳部、写真部、吹奏楽部の活動が顕著である。野球部は竜ヶ崎一高より異動で赴任した持丸修一(現在は専大松戸高監督)の在任期間中に常総学院との県代表争いで春夏連続を目指すが、2001年夏は決勝でセンバツ同士の初対決で準優勝に終わった。2003年夏は2001年と同じ顔合わせの決勝で準優勝に終わった。その後、選手時代に竜ヶ崎一高で持丸修一監督の下でプレーしていた菊池一郎が守谷高から異動して赴任し野球部を2005年夏、2011年夏、2014年夏の甲子園に導いた。 硬式野球部は甲子園に5度出場している(2001年春2回戦進出・3回戦敗退、2003年春2回戦進出・3回戦敗退、2005年夏2回戦進出・3回戦敗退、2011年夏初戦敗退、2014年夏初戦敗退)
著名な卒業生 ・ 小田川浩 - つくばみらい市長
・ 相原雅也 - 元プロ野球選手(投手)(高知ファイティングドッグス)
・ 野口祥順 - 元プロ野球選手(内野手)(東京ヤクルトスワローズ)
・ 鈴木健之 - 元プロ野球選手(投手)(横浜ベイスターズ)
・ 井坂亮平 - 元プロ野球選手(投手)(東北楽天ゴールデンイーグルス)
・ 美馬学 - プロ野球選手(投手)(千葉ロッテマリーンズ)
・ 出口和也 - 陸上選手(長距離種目)(旭化成陸上部)
・ 斉藤茂一 - 声優・ナレーター
・ 青山真 - 元バドミントン選手 (東北マークス)
著名な教職員・関係者 ・ 持丸修一 - 同校硬式野球部元監督
交通 JR常磐線・関東鉄道常総線取手駅からバス、「藤代高校」または「光風台団地」下車。

「茨城県立藤代高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月28日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター