ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

取手第二(普通)


偏差値37( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)76.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 6570位/7791校( 学科単位 )
関東地方 1661位/1967校( 学科単位 )
茨城県 146位/193校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【茨城県立取手第二高等学校】
茨城県立取手第二高等学校(いばらきけんりつ とりでだいにこうとうがっこう)は、茨城県取手市東二丁目にある県立高等学校。
概要 実業系女学校を経て、戦後すぐ共学化された。卒業後の進路は就職が半数近くを占め、次いで大学(四年制・短期の両方を含む)と専門学校進学が20%ずつを占める。主な進学先は県内・近郊の私立大学、短期大学、専門学校などである。
・募集定員 普通科120名、家政科40名
進学地域 取手市内を中心におおむね北は土浦市、南は我孫子市、東は稲敷市、西は常総市の範囲に広がる。 常磐線沿線を中心に通学圏が広いが、当校のすぐ南が他県(千葉県)になることから南には狭い。 かつては越県入学が可能であったため、主に千葉県の常磐線沿線地域からの入学者もいた。
沿革 ・1922年 - 茨城県北相馬郡北総実修学校設立 校内に女子部を置く
・1925年 - 茨城県取手実科高等女学校創立
・1940年 - 県移管認可 茨城県立高等女学校となる
・1948年 - 茨城県立取手女子高等学校に改組
・1949年 - 男女共学を実施、茨城県立取手第二高等学校に改称
・1984年
 ・第66回全国高等学校野球選手権大会優勝
 ・第39回国民体育大会で硬式野球部が優勝
校歌 作詞は東京の作詞家西條八十、作曲は福島市の作曲家古関裕而の作品。
部活動 野球部は甲子園に春夏合わせて6回出場し、前述のとおり1984年夏の大会で優勝した経験を持つ。これは茨城県勢初の全国制覇であるが、この年の国体優勝をもって木内幸男監督が退任し(常総学院野球部監督に就任)、それ以降は甲子園に出場することはなくなった。
著名な出身者 ・ 松沼博久 - 元・プロ野球選手(投手)(西武)
・ 松沼雅之 - 元・プロ野球選手(投手)(西武) - 松沼博久の弟。
・ 大野久 - 元・プロ野球選手(外野手)(阪神 → ダイエー → 中日)。東洋大学附属牛久高等学校の教員・野球部監督、オーストラリアでのコーチを経て、侍ジャパンU15コーチ。
・ 吉田剛 - 元・プロ野球選手(遊撃手)(近鉄 → 阪神 → OBC野球解説者、現在は実業家)※
・ 石田文樹 - 元・プロ野球選手(投手)(横浜)※
・折原啓子 - 女優
・沼田和利 - 牛久市長 :※は第66回全国高等学校野球選手権大会優勝メンバー

「茨城県立取手第二高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2024年5月19日14時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター