ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

日立第一(単位制)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7792校( 学科単位 )
関東地方 210位/1968校( 学科単位 )
茨城県 21位/193校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【茨城県立日立第一高等学校・附属中学校】
茨城県立日立第一高等学校・附属中学校(いばらきけんりつ ひたちだいいちこうとうがっこう・ふぞくちゅうがっこう)は、茨城県日立市若葉町三丁目にある県立高等学校・中学校。2012年に附属中学校を併設、中高一貫教育が始まった。
概要 ■校風・校内体制
校則が厳しくなく、かなり自由な校風で、生徒の自主・自律の精神が尊重されている。1974年に制服が完全自由化されてから今日に至るまで、制服を設けていない私服校である(附属中学校は制服有)。 SSH(スーパーサイエンスハイスクール)、SELHi(スーパーランゲージハイスクール)に指定されており、普通科以外にサイエンス科を設置し医学系や理工系の大学進学を目指す生徒に有益な環境を整えるなど理系教育に力を入れている。

■卒業後の進路
2018年に附属中第一期生が大学受験して以降、東京大学や京都大学、医学部医学科などの難関大学・学部学科にも合格者を出す年が増えてきており、茨城県県北地区屈指の進学校と位置付けられている。また2020年度には、ハーバード大やペンシルベニア大などのアイビーリーグ校を含む名門海外大学への進学者も輩出した。

■部活動実績
部活動も活発で、サッカー部は1957年に全国高等学校サッカー選手権大会準優勝、野球部は1985年に全国高等学校野球選手権大会出場、ラグビー部は1986年に茨城県内公式戦111連勝を達成するなど過去に輝かしい実績を残した。 近年では2015年夏の甲子園選手権茨城大会で野球部が決勝に進出、茨城県高校最古の歴史を誇るラグビー部は2019年に関東大会出場を果たすなど古豪復活の兆しを見せている。

■ 附属中学校
附属中学校は2012年度に生徒募集を開始し、定員80名のところ、倍率6倍近い500名弱が受験した。高校のカリキュラムに合わせた柔軟かつ高度な教育が提供されており、科学、英語教育をはじめとする質の高い授業が行われている。特に、二年には福島・ブリティッシュヒルズにおける国内語学研修、三年には修学旅行としてシンガポール語学研修が行われている。

■設置学科・コース
高校には普通科とサイエンス科(工学系進学コースと医療系進学コース)があり、二年次になると成績等を考慮して各々選抜される。附属中学校から内部進学する学生と高校から入学してきた学生とのクラス分けは特にないが、数学・英語等においては内部進学生が先取り学習を行なっている。 2019年度より県立高校・中等教育学校5校に医学コースが設置され、本校はその中の1校として医学部進学希望者に対し病院や大学等との連携による体験実習や講演会、予備校等と連携した面接・小論文指導、習熟度別指導等を実施している。

■校内行事
SSH指定校として、世界的に有名な科学者・技術者を招待し、毎年大規模な講演会を開催している。その他主な行事では、希望者制の英国・ロンドンへの模擬国連日本代表参加や米国・サンフランシスコ方面への科学技術関係視察、また二年次には普通科は沖縄方面、サイエンス科はベトナムへの研修旅行が組まれている。毎年恒例のマラソン大会は笠松運動公園周辺を約15kmの周回コースとして行う。文化祭である白堊祭では来場者が4000人を超える。

■備考
予備校なしでも生徒が勉学に打ち込める環境を考慮し、校内には冷暖房完備の学習ホール(白堊会館)が設置されている。 2017年、学校創立90周年を迎えた。
沿革 ・1927年1月22日 - 茨城県立日立中学校設置。同年4月の開校が認可される(定員500名)。
・1927年4月11日 - 日立第五尋常高等小学校(現・日立市立仲町小学校)の一部を借用して、茨城県立日立中学校開校。同校の第1期生が入学(入学者104名)。
・1927年7月8日 - 現在地に校舎が完成し移転。
・1928年10月28日 - 開校式が挙行される。この日が開校記念日となる。
・1932年3月6日 - 第1期生が卒業(卒業者77名)。
・1934年7月29日 - 皇太子(明仁親王)御誕生記念プール竣工式が挙行される。
・1939年4月1日 - 学級増(定員750名)。
・1942年4月1日 - 学級増(定員1000名)。
・1945年4月1日 - 学級増(定員1250名)。
・1945年7月19日 - 艦砲射撃および空襲により校舎が全焼。
・1945年9月 - 日立製作所青年学校(現・日立工業専修学校)の校舎を借用し、授業を再開。
・1946年7月 - 改修された本校舎に移転し、授業を再開。
・1946年11月28日 - 復興式が挙行される。
・1948年4月1日 - 新学制実施により、茨城県立日立第一高等学校に改称し、全日制普通科高等学校となる。現在の校章を制定。夜間制高等学校を併置(定員400名)。
・1949年4月1日 - 全日制商業科を併置。定員1050名(普通科900名、商業科150名)。
・1950年4月 - 夜間制高等学校が定時制高等学校となる。
・1952年10月23日 - 創立25周年記念式典が挙行される。現在の校歌を制定、校旗を樹立。
・1955年4月12日 - 本山(もとやま)分校(定時制普通科)が開校(定員200名)。
・1957年10月17日 - 創立30周年記念式典が挙行される。
・1961年10月15日~17日 - 第1回白堊祭が開催。(白堊祭は原則、3年に1度開催。当時は1日目~2日目が文化祭、3日目が体育祭。2002年9月17日・18日の第15回から文化祭のみ。体育祭は2001年に分離、開催され、以後3年に1度開催。)
・1962年4月1日 - 全日制定員1200名(普通科1050名、商業科150名)。
・1963年4月1日 - 商業科募集停止。全日制普通科の定員は1500名。
・1967年10月14日 - 創立40周年記念式典が挙行される。創立40周年記念誌を発行。
・1969年4月1日 - 全日制普通科の定員が1350名に。
・1969年12月1日 - 全クラスにストーブを設置。
・1973年4月1日 - 本山分校の新入生募集を停止(日立鉱山から日本鉱業が撤退したことによる)。
・1974年2月8日 - 1か月の試行期間を経て、制服完全自由化。
・1974年3月 - 本山分校廃校。
・1978年11月2日 - 創立50周年記念式典。創立50周年記念誌「白堊五十年のあゆみ」を発行。
・1980年7月31日 - 現在の本館が竣工。
・1995年4月1日 - 全日制普通科の定員が1134名に。
・1996年2月 - 推薦入学試験実施。
・1997年4月1日 - 全日制普通科の定員が1080名に。
・1997年10月3日 - 創立70周年記念式典。創立70周年記念誌「白堊七十年のあゆみ」を発行。
・1997年12月16日 - 正門前に校歌碑を建立。
・2000年4月1日 - 全日制普通科の定員が1040名に。
・2001年4月1日 - 全日制普通科の定員が1000名に。
・2002年3月5日 - 格技場を改修し、白堊会館と改称。
・2002年4月1日 - 全日制普通科の定員が960名に。
・2003年4月1日 - 文部科学省よりSELHi(2003年度~2005年度)に指定。
・2003年10月18日 - 第1回国際交流生徒派遣(~10月29日、イギリスロイヤル・ラッセル・スクール)実施。
・2004年4月1日 - 全日制普通科を学年制から単位制に改める。
・2007年4月1日 - 文部科学省よりSSHに指定。(指定期間は5年間)
・2011年11月18日 - 定時制募集停止。
・2012年3月28日 - 文部科学省よりSSHに指定。(5年間)
・ 2012年4月1日 - 茨城県立日立第一高等学校附属中学校を開校し、中高一貫教育を開始。
・2017年10月28日 開校から90年を迎えた。
校訓 ・一.誠実勤勉なれ
・一.剛健質実なれ
・一.規律礼儀を正しくせよ
・一.自治独立につとめよ
・一.和衷協同せよ
著名な卒業生 ■ 政治・行政

・石川昭政(衆議院議員)
・小川春樹(日立市長)
・海野透(茨城県議会議員、第95代茨城県議会議長、前本校同窓会〔白堊会〕会長)
・柴原宏一(茨城県教育委員会教育長/元茨城大学教育学部附属教育実践総合センター特命教授)
・岡部英明(元衆議院議員)
・松崎龍夫(元北茨城市長)

■ 経済

・照井惠光(宇部興産社外取締役・ブリヂストン社外取締役・オルガノ社外取締役、元経済産業省関東経済産業局長・元同省地域経済産業審議官)
・大森寿明(日本危険物コンテナ協会会長、元JR貨物東海支社長、元JR東日本監査役、元日本ホテル会長など、元運輸省〔現国土交通省〕キャリア官僚)
・沼田安広(茨城新聞社代表取締役社長)

■ 学術

・近藤陽次(NASAの天文物理学者)
・池田浩(順天堂大学保健医療学部教授・医学部整形外科学講座准教授、JFA「日本サッカー協会」理事・サッカー日本代表チームドクター)
・益子俊志(日本大学スポーツ科学部競技スポーツ学科教授、元防衛医科大学校保健体育学助教授、元早稲田大学ラグビー部主将・元同部監督)
・西野光一郎(宮崎大学大学院医学獣医学総合研究科教授)
・大森整(理化学研究所大森素形材工学研究室主任研究員)
・茅根裕司(東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター特任助教)

■ 芸術・その他

・大泉実成(ノンフィクション作家)
・山崎猛(彫刻家)
・小池博史(演出家・作家・武蔵野美術大学教授)
・奥村祐介(津軽三味線奏者)
・ヤマグチノボル(ライトノベル作家)
・軍地彩弓(ファッション誌編集者、クリエイター、テレビコメンテーター)
・佐々木ひとみ (児童文学作家)
・宮嶋みぎわ(米国ニューヨークを拠点に活動するジャズピアニスト、作曲家)
・荒木奏美(東京藝術大学在学中に『東京交響楽団』の首席オーボエ奏者に抜擢)
・佐藤シンイチロウ(the pillows、The ピーズ ドラム担当)
・和田利弘(ミシュランガイド1ッ星店・銀座バードランド店主)
・国吉伸洋(テレビ朝日報道記者、元同局アナウンサー)

■ スポーツ

・宮本征勝(元サッカー日本代表、鹿島アントラーズ初代監督)
・鎌田光夫(元サッカー日本代表)
・小林寛(前水戸ホーリーホック社長)
・東海林毅(コンサドーレ札幌フィジカルコーチ)
・立花洋一(浦和レッズ代表取締役社長、元三菱重工サッカー部選手)
・大金直樹(FC東京代表取締役社長)
・江尻亮(元プロ野球選手。大洋ホエールズ→同コーチ→同監督→千葉ロッテマリーンズコーチ→同監督)
・渡辺弘基(元プロ野球選手。阪急ブレーブス→広島東洋カープ)
・吉野俊郎(元ラグビー日本代表、早大ラグビー部出身)
・黒澤元治(自動車評論家・元レーシングドライバー)
・中島俊一(元プロボクサー)
・石田剛規(トヨタ自動車アルバルク選手)

「茨城県立日立第一高等学校・附属中学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2021年5月14日18時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター