ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

東洋大附属牛久(普通)


偏差値53( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)136.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1946位/7791校( 学科単位 )
関東地方 536位/1967校( 学科単位 )
茨城県 45位/193校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【東洋大学附属牛久中学校・高等学校】
東洋大学附属牛久中学校・高等学校(とうようだいがくふぞくうしくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、茨城県牛久市柏田町にある男女共学の私立中学校・高等学校。東洋大学の附属校である。略称は「東洋大牛久」(とうようだいうしく)。スポーツは全国区の相撲部等が有名。2019年8月には、同校を2007年に卒業した野口啓代選手がスポーツクライミング日本代表として2020東京オリンピックに出場することが決定した。野球場・テニスコート(砂入り人工芝7面)があるほか、最近では校庭の人工芝が完成した。
沿革 ・ 1964年(昭和39年) - 旧・牛久町立岡田中学校の校地・校舎(現在地)に東洋大学附属牛久高等学校開校
・ 2014年(平成26年)9月30日 - 茨城県私立学校審議会が東洋大学附属牛久中学校の設置認可を適当であると答申する
・ 2015年(平成27年)4月1日 - 東洋大学附属牛久中学校開校
中高一貫制 2015年4月1日からは、中学校開校に伴い中高一貫教育を提供する。牛久市では初めての私立中学校になる。
高等学校においては、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では別々にクラスを編成する併設型中高一貫校になる。
東洋大学附属牛久中学校・高等学校の中高一貫教育区分は、中1・中2の前期2年、中3・高1の中期2年、高2・高3の後期2年の「2-2-2」制である。中学校第2学年までに、中学校の学習内容の全課程を終え、中学校第3学年から、高等学校の授業内容に入る。
著名な教員・指導者 ・ 大野久 - 教員(2000年 - 2013年)・硬式野球部監督(2003年 - 2013年)
・ 田村晃祐 - 仏教学者・校長(1982年 - 1985年)
・ 武哲山剛(栗本剛) - アマチュア横綱・大相撲力士・公民科教員・相撲部顧問(2005年 - 2013年)
・ 矢野和哉 - 硬式野球部コーチ(2016年 - 2018年)・監督(2018年 - 2022年)
・ 山本浩之 - 陸上競技部監督(2021年 -)
・ 長堀肇 - 硬式野球部監督(2022年 -)
著名な出身者 ・ 青木祐樹(ラグビーユニオン選手、クボタスピアーズ所属)
・ 金井元三(1968年3月卒、元プロ野球選手、サンケイ・ヤクルトに在籍、外野手)
・ 菊地恭一(1973年3月卒、元プロ野球選手、大洋に在籍、外野手)
・ 近藤広幸(実業家、デザイナー)
・ 瀧澤修平(サッカー選手、テゲバジャーロ宮崎所属)
・ 鶴岡昌宏(元アマチュア野球選手、外野手)
・ 濱口和明(元サッカー選手、指導者、審判員、読売サッカークラブに在籍、フォワード)
・ 野口啓代(フリークライマー、東京五輪スポーツクライミング銅メダリスト)

「東洋大学附属牛久中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年8月11日17時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島