ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

宇都宮女子(普通)


偏差値66( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)185点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 196位/7792校( 学科単位 )
関東地方 64位/1968校( 学科単位 )
栃木県 1位/135校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女女子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【栃木県立宇都宮女子高等学校】
栃木県立宇都宮女子高等学校(とちぎけんりつうつのみやじょしこうとうがっこう, Tochigi Prefectural Utsunomiya Joshi High School)は、栃木県宇都宮市操町にある高等学校。略称は「宇女高(うじょこう)」。
概要 ◇歴史 :1875年(明治8年)に「栃木女学校」として創立。公立女子高としてはわが国で最古の歴史をもつ。女子中学校、中学校女子部、高等女学校を経て、1948年(昭和23年)に女子高等学校となり、現在に至る。2015年(平成27年)に創立140周年を迎えた。
◇校訓
・強健実践
・自主創造
・温雅清純
・至誠敬愛
・報恩奉仕
◇制服 :制定されていない。
◇六校会 :県立高校6校の生徒会役員が集まり、生徒会の意義や活動等について懇談する会。5校(宇都宮、宇都宮女子、栃木、栃木女子、佐野)は固定メンバーとして毎回参加し、残り1校をゲストとして招く。
沿革 ◇高等女学校時代
・1875年(明治8年)10月 - 栃木町に「栃木女学校」として創設。初代校長は手塚信敬。
・1877年(明治10年)2月 - 「栃木模範女学校」と改称。
・1879年(明治12年)7月 - 「栃木県第一女子中学校」と改称。
・1881年(明治14年)5月 - 中学校(男子校、栃木県立宇都宮高等学校の前身)に統合され、「栃木県第一中学校女学部」となる。
・1885年(明治18年)4月 - 栃木県庁の宇都宮移転に伴い、塙田町に移転。
・1886年(明治19年)9月 - 「栃木県尋常中学校女学部」と改称。
・1893年(明治26年)
 ・4月 - 栃木県尋常中学校から分離し、「栃木県高等女学校」と改称。
 ・6月 - 裁縫専修科を設置。
 ・7月 - 河内郡姿川村鶴田(現・宇都宮高等学校敷地内)に移転。
・1895年(明治28年)4月 - 塙田町の旧校舎に復帰。
・1896年(明治29年)10月 - 同窓会を発会。
・1899年(明治32年)4月 - 専任校長が決定し、小堀源が就任。
・1900年(明治33年)3月 - 服装規定を設け、全校生袴着用に統一。
・1901年(明治34年)5月 - 「栃木県立宇都宮高等女学校」と改称。
・1902年(明治35年)
 ・8月 - 寄宿舎を西大寛町の新設校舎に移転
 ・9月 - 定員を本科400名、補習科60名、技芸専修科60名、計520名とする。補習科・技芸専修科は本科修了後の課程。
・1903年(明治36年)
 ・4月 - 西大寛町(現在地)に移転。
 ・5月 - 校友会(生徒会)が発足。
 ・6月 - 校歌(旧校歌)を制定
 ・9月 - 生徒服装規準を決定し、木綿長袖、海老茶袴、短靴とする。
 ・11月 -徽章(胸章)を制定。
・1905年(明治38年)3月 - 新校舎が全館完成。
・1910年(明治43年)12月 - 技芸専修科を廃止。
・1911年(明治44年)
 ・2月 - 実科を設置。
 ・4月 - 校章(徽章)を改定。校訓を制定。
・1915年(大正4年)
 ・9月 - 服装を木綿長袖から元禄袖に改正。
 ・10月 - 創立40周年を記念し、操橋(みさおばし)が開通。
・1918年(大正7年)3月 - 実科を廃止。
・1921年(大正10年)
 ・3月 - 補習科を廃止。
 ・4月 - 校歌を改定(現校歌)。
・1922年(大正11年)2月 - 生徒定員を1000名とする。
・1925年(大正14年)2月 - 標準校服を洋服(背広型)とする。
・1928年(昭和3年)
 ・4月 - 同窓会家事専攻部を設置。
 ・8月 - 創立50周年記念館が完成。
・1931年(昭和6年)4月1日 - 宇都宮市内に高等女学校が新設されたことにより、「栃木県宇都宮第一高等女学校」と改称。
・1932年(昭和7年)4月 - 服装をセーラー型に改定。校章(胸章)を改定。
・1935年(昭和10年)10月 - 生徒保護者会が発足。
・1936年(昭和11年)4月 - 同窓会経営の専攻科を県立に移管し、修業年限を2年とする。創立60周年を記念し体育館が完成。
・1939年(昭和14年)2月 - 修業年限を5年とする。
・1941年(昭和16年)
 ・4月 - 校友会を改組し、報国団とする。文部省により女子中等学校生徒の服装(ヘチマ衿バンド付)が制定される。
 ・6月 - 生徒勤労動員が開始。
・1943年(昭和18年)
 ・この年 - 女子中等学校制服が(上)和服型・(下)モンペに改定される。
 ・4月 - 中等学校令の施行により、修業年限が4年に短縮される。
・1944年(昭和19年)
 ・8月 - みさお保育園を開設し、勤労者の子弟教育を開始。陸軍省4年生に戦時看護訓練を実施。
 ・9月 - 生徒通年動員が開始。
・1945年(昭和20年)
 ・3月 - 専攻科を廃止。
 ・4月 - みさお保育園を廃止。
 ・9月 - 戦時通達による附設課程を廃止。
 ・11月 - 報国団を解散し、生徒自治会が発足。校友会が再び発足。
・1946年(昭和21年)3月 - 修業年限が5年に復帰。
・1947年(昭和22年)
 ・2月 - 校友会が解散し、生徒会が発足。
 ・4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)
  ・高等女学校の募集を停止。
  ・新制中学校を併設し(名称:栃木県宇都宮第一高等女学校併設中学校、以下・併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を新制高校2・3年生として収容。
  ・併設中学校はあくまで経過措置として暫定的に設置されたもので、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみ(1年不在)の中学校であった。
  ・高等女学校3・4年修了者はそのまま高等女学校4・5年生として在籍(4年で卒業することもできた)。
  ・文部省の補助を受け、附設幼稚園を開設。
◇新制女子高等学校
・1948年(昭和23年)
 ・4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施、新制高等学校の発足)
  ・高等女学校が廃止され、新制高等学校「宇都宮女子高等学校」が発足。
  ・高等女学校卒業生(希望者)を新制高校3年生として、高等女学校4年修了者を新制高校2年生として編入。
  ・併設中学校卒業生を新制高校1年生として収容。
  ・併設中学校は継承され(名称:宇都宮女子高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に高等女学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
 ・10月 - 保護者会を解散し、PTAを発足。
・1949年(昭和24年)
 ・3月31日 - 最後の卒業生を送り出し、併設中学校を廃止。併設中学校卒業生は高校1年生となる。
 ・4月 - 宇都宮市立宇都宮高等学校(旧・市立宇都宮高等女学校)を統合。
 ・9月 - 校章(白百合バッジ)を制定。
・1951年(昭和26年)
 ・1月 - 図書館が完成。
 ・4月 - 「栃木県立宇都宮女子高等学校」(現校名)と改称。
・1954年(昭和29年)4月 - 家庭科1クラス50名の募集を開始。
・1964年(昭和39年)
 ・4月 - 家庭科の募集を停止。
 ・11月 - 正門が完成。校舎増改築工事が完成。
・1965年(昭和40年)1月 - 附属みさお幼稚園を設置。
・1968年(昭和43年)12月 - 明鏡寮・プールが完成。
・1975年(昭和50年)10月 - 創立100周年記念式典を挙行。
・1977年(昭和52年)7月 - 講堂・記念館を解体。
・1978年(昭和53年)7月 - 体育館兼講堂が完成。
・1979年(昭和54年)10月 - 体育館兼講堂の付属庭園が完成。
・1989年(平成元年)5月 - 旧図書館を解体。
・1990年(平成2年)
 ・1月 - 新図書館が完成。
 ・7月 - 新プールが完成。
・1995年(平成7年)3月 - 第2体育館が完成。
・2002年(平成14年)4月 - 2学期制を導入。
・2003年(平成15年)3月31日 - みさお幼稚園を閉園。
・2004年(平成16年)12月 - 校内LANを整備。
・2007年(平成19年)4月 - 普通教室に冷房を設置。
・2008年(平成20年)4月 - 文部科学省により、スーパーサイエンスハイスクール (SSH) に指定される。
アクセス ・ 東武宇都宮駅より徒歩約15分。
・ JR宇都宮駅から関東自動車(関東バス)
 ・ JR宇都宮駅 - 東武駅前 - 六道 - 鶴田駅
 ・ JR宇都宮駅 - 東武駅前 - 六道 - 西川田東
 ・ JR宇都宮駅 - 東武駅前 - 六道 - 運転免許センター - 楡木車庫 の各路線で「宇女高前」下車
著名な出身者 ・上野通子 - 参議院議員、文部科学副大臣
・真瀬宏子 - 栃木県野木町長、洋画家
・松本尚子 - 法制史学者、上智大学法学部教授
・安藤梢 - サッカー(ドイツ女子ブンデスリーガ - 1.FFCフランクフルト所属、なでしこジャパン)
・笠井香織 - サッカー(浦和レッドダイヤモンズ・レディース所属)
・石井みどり(栃木県立宇都宮第一高等女学校卒業) - 現代舞踊家。社団法人現代舞踊協会、全日本舞踊連合会長
・礒野佑子 - NHKアナウンサー
・近内仁子 - 女優(劇団青い鳥)
・高野悦子 - 「二十歳の原点」シリーズ
・潮はるか - 元宝塚歌劇団月組娘役
・岩瀬晶子 - 女優・脚本家・バイリンガルアナウンサー
・四至本愛子 - 婦人運動家、ジャーナリスト

「栃木県立宇都宮女子高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年12月5日5時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター