ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

黒羽(普通)


偏差値34( 1つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)65点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 7367位/7791校( 学科単位 )
関東地方 1887位/1967校( 学科単位 )
栃木県 130位/135校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【栃木県立黒羽高等学校】
栃木県立黒羽高等学校(とちぎけんりつくろばねこうとうがっこう)は、栃木県大田原市前田(旧黒羽町前田)に所在する公立の高等学校。
設置学科 ・ 普通科
特色 略称は校章にある「黒高」であったが、栃木県立黒磯高等学校との混同を避けるため、「羽高」と呼ばれることがある。

■ 概要
1948年、栃木県立那須農業高等学校(現、栃木県立那須拓陽高等学校)の黒羽分校として開校された(そのため、栃木県立那須高等学校とは兄弟校であるといえる)。黒羽太鼓同好会の活動が知られ、2005年には第29回全国高等学校総合文化祭の郷土芸能部門にも出場した。また、相撲部も強く,国体・インターハイの常連校である。学校敷地内まで乗り入れている大田原市営バスと東野交通もあるが、栃木県那須北地区の他の県立高校同様原付での通学も許可されている。

■ 教育目標
進んで学び、思考力を培う 心身を鍛え、根気を養う 責任を重んじ、勤労を尊ぶ
学校行事 全校徒歩遠足 毎年、ゴールデンウィーク前に徒歩による遠足を行っており、学年ごとで行く場所が違う。 体育祭・八溝祭 「八溝祭(学校祭)」と「体育祭」を隔年で行っている。 修学旅行 二年生が「平和教育」「地域理解」のテーマを設定して沖縄方面を3泊4日の日程で実施している。沖縄ではクラス別見学や班別見学等も含めて実施している。
沿革 ・1948年 栃木県立那須農業高等学校黒羽分校として発足
・1962年 栃木県立黒羽高等学校として独立開校
著名な出身者 ・大島美幸 - お笑いタレント
・礒恒之 - 元プロ野球選手
公共交通機関 ・【関東自動車】西那須野駅東口~五峰の湯線・大田原市役所~五峰の湯線「黒羽高校」バス停下車すぐ(バス停車学校敷地内)
・【大田原市営バス】雲巌寺線・黒磯駅東口線「黒羽高校」バス停下車すぐ(バス停車学校敷地内)
・【らくらく与一号(デマンド交通)】「黒羽高校」下車すぐ(停車学校敷地内)

「栃木県立黒羽高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年12月7日13時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター