ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

鹿沼(普通)


偏差値55( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)143.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1559位/7791校( 学科単位 )
関東地方 432位/1967校( 学科単位 )
栃木県 21位/135校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【栃木県立鹿沼高等学校】
栃木県立鹿沼高等学校(とちぎけんりつかぬまこうとうがっこう)は、栃木県鹿沼市万町に所在する公立の高等学校。前身は県立鹿沼高等女学校。通称は鹿高(かこう)。
設置学科 ・ 普通科
概要 1925年創立の栃木県立鹿沼高等女学校を前身とする。戦後、1948年に男女共学の鹿沼高等学校となり、2015年には創立90周年を迎えた。かつては普通科と家政科を設置していたが、後者は1995年に閉科し、現在は普通科のみとなっている。
◇学級数 :全学年6学級
◇校歌 :作詞は勝承夫、作曲は下総皖一によるもので、3番まである。各番には学校名の「鹿沼高」が登場する。
◇校章 :「高」の文字に橄欖の三つ葉を配したものであり、高校生活を中心として、知・情・意の発展と真・善・美の理想を求める精神とを象徴している。
沿革 ・ 1925年 - 栃木県立鹿沼高等女学校として開校。鹿沼尋常高等小学校の校舎を借りて授業開始。
・ 1926年 - 校舎を現在地に新築移転。
・ 1948年 - 学制改革により鹿沼高等学校(男女共学)となる。
・ 1949年 - 鹿沼市立女子高等学校と統合。
・ 1951年 - 栃木県立鹿沼高等学校と改称。
・ 1995年 - 家政科を廃止し、普通科のみの10学級となる。
・ 1997年 - 1学年9学級となる。
・ 2001年 - 1学年8学級となる。
・ 2004年 - 1学年7学級となる
・ 2005年 - 創立80周年を迎える。
・ 2011年 - 1学年6学級となる
・ 2015年 − 創立90周年を迎える。
通学手段 ◇鉄道 :東武鉄道日光線 新鹿沼駅から徒歩約7分
◇路線バス :リーバス(関東バス) 「鹿沼高校前」停留所から徒歩約1分 鹿沼市内から通学する生徒は徒歩または自転車が一般的である。市外在住の生徒は前述の新鹿沼駅を利用することが多いが、学校から2.5km程離れたJR日光線の鹿沼駅を利用し、駅から学校まで自転車や路線バスで通学する生徒も存在する。路線バスは市内遠方や宇都宮市在住の生徒を中心に利用される。なお、「鹿沼高校前」停留所以外の校名を冠した路線バスの停留所として、学校から北西に約300m離れた場所に「鹿沼高校入口」停留所が存在する。
制服 ◇夏服 :男子は白の開襟ワイシャツにスラックス、女子は白のセーラー服かブラウスにスカートまたはスラックス。。
部活動 ■運動部

・ バスケットボール部
・ バレーボール部
・ ソフトテニス部
・ 卓球部
・ 野球部
・ 剣道部
・ 弓道部
・ ダンス部
・ サッカー部
・ フィールドホッケー部
・ アーチェリー部

■文化部

・ サイエンス部
・ 写真部
・ 茶華道部
・ 書道部
・ アート部
・ 演劇部
・ 放送部
・ 音楽部
・ 文芸部
・ 手芸部
・ 囲碁将棋部
・ ボランティア部
・ カレー研究部
・ ひろたみゆ紀 - ニッポン放送のアナウンサー
・ 若林芽育 - とちぎテレビなどに出演のフリーアナウンサー
・ 石波義人 - 劇団四季所属の舞台俳優、早稲田大学第一文学部卒
・ TAKE-C ‐ SHAKALABBITS ギタリスト
・ 齋藤仁志 - 陸上選手(短距離走)、2009年世界陸上ベルリンと2011年世界陸上大邱の日本代表
・ 増渕敦人 - 弓道・教士八段、第43回全日本弓道選手権大会優勝者(史上最年少)
・ 茂呂和世 - 理化学研究所生命医科学研究センターチームリーダー、大阪大学医学系研究科教授、慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程単位取得満期退学
・ 高木光春 - 弁護士、元日本弁護士連合会副会長、元関東弁護士会連合会理事長、中央大学法学部卒
・ 佐藤信 - 鹿沼市長

「栃木県立鹿沼高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年10月6日23時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター