ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

川越市立川越(普通)


偏差値49( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)121.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 2813位/7792校( 学科単位 )
関東地方 756位/1968校( 学科単位 )
埼玉県 140位/360校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【川越市立川越高等学校】
川越市立川越高等学校(かわごえしりつ かわごえこうとうがっこう)は、埼玉県川越市旭町二丁目に所在する市立の高等学校。県立の埼玉県立川越高等学校とは設置者が違い、学校名が似ているが、特別な関係は有していない。略称は「市立(いちりつ)川越」、市内に限れば「市立」、旧称の川越商業高校から「川商」とも。
設置学科 ・ 普通科
・ 国際経済科
・ 情報処理科
概要 1926年に埼玉県川越商業学校として設立された。旧称は、埼玉県川越商業高等学校(通称「川商」)であり、長らく県西部随一の商業高校として多くの人材を輩出してきたが、2002年に現校名に改称され、全日制の課程に普通科、国際経済科、情報処理科を設置した。 生徒数は、2020年度現在で850名(男子210名・女子640名)で、女子生徒が多い。 全般的に部活動が盛んで、特に女子バレーボール部が県内有数の強豪であるほか、野球部も1989年の第71回全国高等学校野球選手権大会に出場した。その他の部活動も県大会で上位に入賞するなど活躍している。制服は男子は詰め襟、女子は県内ではやや珍しいセーラー服。女子のセーラー服は胸当てがなく、紺×白3ラインというシンプルなデザインで人気がある。 工業学校時代の1945年8月の広島市への原子爆弾投下のアメリカ政府発表放送を、同校内に置かれた同盟通信川越支局が傍受した。
沿革 ・ 1926年(大正15年) - 埼玉県川越商業学校設立
・ 1927年(昭和2年) - 川越市郭町2丁目30番地(川越城二の丸跡。現在は川越市立博物館・川越市立美術館が建つ)に校舎完成、移転
・ 1942年(昭和17年) - 埼玉県川越実科高等女学校設立
・ 1943年(昭和18年) - 埼玉県川越市立高等女学校と改称
・ 1944年(昭和19年) - 埼玉県川越市立工業学校に転換
・ 1946年(昭和21年) - 工業学校廃止、商業学校に復元
・ 1948年(昭和23年) - 埼玉県川越市立高等学校設立
・ 1950年(昭和25年) - 埼玉県川越商業高等学校と改称
・ 1960年(昭和35年) - 現在地へ移転
・ 2002年(平成14年) - 川越市立川越高等学校と改称、学科再編 ※ 川越市立川越高等学校沿革(川越市のウェブページ)より
施設 ・テニスコートは校内にはなく、学校から徒歩で約5分の「いなげや川越旭町店」隣りに3面ある。
部活動 ・野球部 ::川越商業学校時代の1930年創部。センバツ出場はないものの、1989年の第71回全国高等学校野球選手権大会に初出場し、2回戦から登場して、八幡商業高校に6-2で敗れた。2013年の秋季埼玉県大会で準優勝し、33年ぶり3度目の秋季関東高校野球大会に出場したが、1回戦で横浜高校と対戦し、0-5で敗れた。
・女子バレーボール部 ::川越商業時代が特に強く、インターハイへ31回、全日本高校選手権へ31回出場している。1984年のインターハイで準優勝、1989年の春の高校バレーでベスト4に輝いている。
校歌 作詞:内藤益治、作曲:山取秋夫である。
アクセス ・川越駅・本川越駅から徒歩15-20分。または、今福中台行バス7分「市立高校前」下車
・南大塚駅から川越駅西口行バス4分「市立高校前」下車
著名な出身者 ・ 高畑博(政治家)
・ 相原求一朗(洋画家)
・ 市村正親(俳優)
・ 伊織あい(アイドル)
・ 前田美幸(プロレスラー)

■ バレーボール

・ 小高笑子
・ 田中姿子
・ 石川友紀
・ 高橋美帆
・ 渡邊久惠
・ 澤田由佳(NECレッドロケッツ)

■ 野球

・ 仁村薫
・ 小沢誠
・ 清水治美
・ 岡崎淳二
進路状況 元々が商業高校だったこともあり、国際経済科、情報処理科は、大学進学よりも就職や専門学校が卒業生の進路の中心である。
・普通科…大学68名、短大12名、専門学校21名、就職6名。(平成26年3月卒業生)
・情報処理科・国際経済科…大学47名、短大7名、専門学校46名、就職48名。(平成26年3月卒業生)

「川越市立川越高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年5月25日19時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター