ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

県陽(普通)


偏差値44( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)102.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 4159位/7791校( 学科単位 )
関東地方 1073位/1967校( 学科単位 )
埼玉県 183位/360校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【川口市立県陽高等学校】
川口市立県陽高等学校(かわぐちしりつけんようこうとうがっこう)は、かつて埼玉県川口市並木にあった男女共学の高等学校。通称は県陽(けんよう)。
沿革 ・1942年(昭和17年) - 埼玉県川口実科工業学校開校。
・1946年(昭和21年) - 埼玉県川口市立工業学校と改称
・1948年(昭和23年) - 埼玉県川口市立青木高等学校と改称。
・1965年(昭和40年) - 川口市立県陽高等学校と改称。
・1973年(昭和48年) - 全日制開校。
・1992年(平成4年) - 外国語コース開設される。
・2003年(平成15年) - 外国語コースを国際コミュニケーションコースへ名称変更。
・2005年(平成17年) - 国際コミュニケーションコース募集停止。
・2012年(平成24年) - 少子化による生徒減に対応するため、川口市立川口高等学校・川口市立県陽高等学校・川口市立川口総合高等学校の三校を統合し、新たに一校を開校する「新校基本計画」が川口市より発表された。
・2018年(平成30年) - 同年4月の川口市立高等学校開校に伴い、同年3月閉校。在学生は川口市立高等学校に転籍。
部活動 ・全日制運動部 :サッカー部、新体操部、卓球部、テニス部、バスケットボール部、バレーボール部、バドミントン部
・全日制文化部 :英語部、演劇部、音楽部、茶道部、自然科学部、写真部、書道部、美術部、軽音楽部、生活部
・定時制運動部 :バレーボール部、バスケットボール部、ソフトテニス部、卓球部、バドミントン部、軟式野球部、サッカー部
・定時制文化部 :なし
著名な出身者 ・ 七瀬なつみ(女優)
・ 小森美樹(女優・元新体操選手)
・ 美郷あき(歌手)
・ 飯作あゆり(パフォーマー・元新体操選手)
・ 寄特直人(サッカー選手)
・ 関根貴大(サッカー選手)
交通 ・ JR京浜東北線西川口駅東口より徒歩10分
・ JR京浜東北線川口駅東口より徒歩20分
閉校後 ・ 閉校後の跡地を利用して旧校舎の改装工事が行われ、埼玉県内初の夜間中学「川口市立芝西中学校陽春分校」の校舎として2019年(平成31年)4月の開校から2年間利用される予定。

「川口市立県陽高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年12月4日18時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター