ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

札幌北(普通)


偏差値67( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)188.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 137位/7792校( 学科単位 )
北海道地方 2位/312校( 学科単位 )
北海道 2位/312校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【北海道札幌北高等学校】
北海道札幌北高等学校(ほっかいどう さっぽろきたこうとうがっこう、Hokkaido Sapporo Kita High School)は、北海道札幌市北区にある公立高等学校。北海道を代表する進学校として、多方面に人材を輩出している。定時制普通科を併設する。
概要 前身は1902年(明治35年)に設立された北海道庁立札幌高等女学校である。1948年に学制改革によって北海道立札幌女子高等学校となったのち、1950年に北海道札幌北高等学校と改称、男女共学となった。 校訓は「寛容」「進取」「良識」。平成14~17年度においては、文部科学省の定めるスーパーサイエンスハイスクールの指定校であった。 スクールカラーは「緑」となっている。しかし生徒には定着していない。 学校祭の行灯行列は有名である。また、学校祭で作成された一部の行灯は、旭川の烈夏七夕まつりへ出品される。 制服をAKB48の渡辺麻友がソロ第3シングル「ヒカルものたち」収録の「サヨナラの橋」のミュージックビデオにて着用。
沿革 ・ 1902年
 ・ 3月27日 - 北海道庁告示第一二五号により、札幌区へ設置許可。
 ・ 4月1日 - 北海道庁立札幌高等女学校が開校。(北海道初となる女学校)設置。
・1954年
 ・7月17日 - 札幌市北区北25ー26条西10ー11丁目(現在地)へ新築移転。
・1970年
 ・3月11日 - 火災により校舎一部(職員室、普通教室13室、生徒玄関)焼失。
 ・5月25日 - 火災により校舎一部(普通教室1室)焼失。
 ・5月28日 - 火災により校舎一部(普通教室14室、特別教室5室、準備室4室)焼失。
 ・7月21日 - 仮設校舎竣工(普通教室14室、生徒玄関など)。
 ・8月18日 - 仮設校舎竣工(特別教室3室、準備室1室)。
・ 1971年
 ・ 8月3日 - 仮設校舎竣工(普通教室16室、事務室、他18室)。旧校舎解体(木造)。
・ 1972年
 ・ 11月30日 - 旧校舎(鉄筋コンクリート)一部竣工。2・3年生移転。
・ 1973年
 ・ 12月19日 - 旧校舎(鉄筋コンクリート)落成
・ 2002年
 ・ 4月10日 - スーパーサイエンスハイスクール指定(平成14年度から16年度まで)
・ 2003年
 ・ 4月 校地内埋蔵文化財発掘調査開始
・ 2005年
 ・ 4月1日 - スーパーサイエンスハイスクール指定延長(平成17年度)
◇「プロフェッサー・ビジット(PROFESSOR VISIT)」 「2018年度プロフェッサー・ビジット」が2018年10月3日に開催された。国立大学13校の教員が全国各地の高校を訪れ、最先端の研究成果や、大学での学びの楽しさを伝える企画で、一橋大学大学院経済学研究科の岡田羊祐教授による、タイトル「市場経済における競争と規制」についての出張講義を行った。
著名な卒業生 ■ 政治、行政、司法

・ 石崎岳(元衆議院議員、元ニュースキャスター): 1974年卒
・ 長内順一(元衆議院議員、元ニトリ特別顧問)
・ 小笠原貞子(元参議院議員): 1937年卒(庁立札幌高等女学校)
・ 柄沢とし子(元衆議院議員)
・ 大越農子(北海道議会議員、漫画家、イラストレーター): 1988年卒
・ 岡部和憲(元国土交通省北海道局長、元国土交通省大臣官房審議官)
・ 別所智博(農林水産省大臣官房技術総括審議官、元農林水産政策研究所長):中退
・ 竹内純一(札幌高等裁判所部総括判事、元旭川地方裁判所長):1973年卒

■ 経済

・ 赤坂祐二(日本航空社長)
・ 石井純二(北洋銀行元頭取、北海道貿易物産振興会会長)
・ 大星公二(NTTドコモ会長): 1951年卒
・ 笹原晶博(北海道銀行頭取、ほくほくフィナンシャルグループ副社長、北海道経済連合会副会長)
・ 松田昌士(元JR東日本社長): 1954年卒
・中川隆(元SBIインベストメント社長、SBIホールディングス副社長):1972年卒
・ 丹羽祐而(丹羽企画研究所社長、元クリエイティヴ・コア社長、元札幌市教育委員会教育委員長)
・ 安田光春(北洋銀行頭取)

■ 学問

・ 中野美代子(中国文学者、北海道大学名誉教授):1951年札幌西高卒
・ 浅見公子(法学者、成城大学名誉教授):1951年札幌東高卒
・ 牛丸元(経営学者、明治大学副学長・教授)
・ 木村直司(独文学者、上智大学名誉教授)
・ 大塚龍児(法学者、北海道大学名誉教授、北海学園大学教授)
・ 小川英治(経済学者、一橋大学副学長・教授)
・目黒良門(経営学者、専修大学教授)
・ 加藤信行(法学者、北海学園大学教授)
・ 木下和朗(法学者、岡山大学教授)
・ 近藤良一(哲学者、苫小牧駒澤大学元学長)
・ 谷口綾子(工学者、筑波大学教授)
・ 丹治愛(英文学者、東京大学教授)
・ 常本照樹(法学者、北海道大学教授)
・ 豊国孝(英文学者、小樽商科大学名誉教授)
・ 成田憲彦(政治学者、駿河台大学名誉教授)
・ 町村敬志(社会学者、一橋大学教授)
・ 松井剛(経営学者、一橋大学教授)
・ 掛下知行(理学博士、福井工業大学学長):1971年卒
・ 西美緒(材料科学者、ソニーCTO)

■ 文学

・ 素木しづ(作家):1912年卒(庁立札幌高等女学校)
・ 藤堂志津子(直木賞作家)
・ 中村佐喜子(作家・翻訳家)
・ 森田たま(随筆家)
・ 中村和恵(詩人・比較文学者)
・ 五十嵐秀彦(俳人)

■ 美術

・ 小川マリ(画家)
・ 片岡球子(画家): 1923年卒(庁立札幌高等女学校)
・ 佐々木康人(華道家)
・ 福井爽人(画家)

■ 音楽・芸能

・ 佐々木一樹(ヴァイオリニスト): 1962年卒
・ 柳田孝義(作曲家): 1966年卒
・ 坂田おさむ(歌手): 1971年卒
・ 松崎真人(シンガーソングライター): 1984年卒
・ まきりか(作曲家、ミュージカル作家): 1987年卒
・ 今沢カゲロウ(ベーシスト、作曲家、四国大学特認教授): 1988年卒
・ 三宅唱(映画監督)

■ マスコミ

・ 高橋練(NHKプロデューサー)
・ 佐藤のりゆき(フリーアナウンサー)
・ 牧原俊幸(フジテレビアナウンサー):1977年卒
・ 神原智己(フリーアナウンサー)
・ 薮淳一(元HBCアナウンサー)
・ 小野優子(元HTB アナウンサー):1991年卒
・ 武田明子(元HBCアナウンサー):1991年卒
・ 舟津宜史(元日本テレビアナウンサー):1991年卒
・ 塩地美澄(元AABアナウンサー):2001年卒
・ 巻山晃(元STVアナウンサー)
・ 河原多恵子(元HBCアナウンサー)
・ 斎藤綾乃(フリーアナウンサー):1991年卒
・ 宮永明子(フリーアナウンサー):1992年卒
・ 八田知大(日本放送協会アナウンサー)
・ 佐々木由衣子(元TVHアナウンサー)
・ 横舘英雄(元テレビ朝日アナウンサー)
・ 島ひとみ(フリーアナウンサー)
・ 近藤肇(HBCアナウンサー)

■ スポーツ

・ 中井祐樹(修斗チャンピオン):1989年卒
・ 田代岩弘道(元大相撲十両):3年で中退

■ その他

・ 福永操(社会運動家)
・ 南部明子(教育家)

「北海道札幌北高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年8月15日19時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター