ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

竹早(普通)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7793校( 学科単位 )
関東地方 146位/1968校( 学科単位 )
東京都 53位/567校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【東京都立竹早高等学校】
概要 1899年(明治32年)創立の「東京府立第二高等女学校」を前身とする。創立当初から1945年(昭和20年)まで、校長・教職員は東京府女子師範学校(現・東京学芸大学)と兼務で、学校行事も合同で実施しており、戦後も校地を共有していた(沿革参照)。現在は学芸大附属幼稚園竹早園舎・附属竹早小・附属竹早中と校地が隣接している。一方、神奈川県立光陵高等学校(国立大附属中学校と連携)、静岡県立浜松湖北高等学校佐久間分校(公立中学校と校地と共有して連携)のように、学芸大附属竹早中と異設置者連携型一貫教育を実施して、校地共有を復活する動きはない。戦前は高等女子教育の名門としてその名を馳せ、「浅草の第一(白鴎)、小石川の第二(竹早)、麻布の第三(駒場)」と並び称されていた。標準服はあるが、服装は自由(私服で登校可能)。「自主自律」を校風とする。卒業生はおよそ2万人。
交通 ・ 東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩14分
・ 都営三田線・都営大江戸線春日駅から徒歩15分
・ 東京メトロ南北線・東京メトロ丸ノ内線後楽園駅から徒歩15分
沿革 ・ 1899年(明治32年) - 「東京府第二高等女学校」創立。
・ 1901年(明治34年)1月 - 開校式。7月、「東京府立第二高等女学校」と改称。
・ 1910年(明治43年)4月 - 同窓会を「篁会」と命名。
・ 1931年(昭和6年)11月 - 宣仁親王妃喜久子台臨。
・ 1934年(昭和9年) - 3階建て鉄筋コンクリートの新校舎竣工。
・ 1943年(昭和18年) - 都制施行により「東京都立第二高等女学校」と改称。補習科を専攻科と改称。校舎を共用の女子師範学校が官立に移行、校舎・敷地を国から間借りする形になる。
・ 1948年(昭和23年) - 学制改革により「東京都立第二女子新制高等学校」と改称。定時制課程が設置される。
・ 1949年(昭和24年) - 男女共学となる。
・ 1950年(昭和25年) - 「東京都立竹早高等学校」と改称。
・ 1952年(昭和27年) - 学区合同選抜制度導入。
・ 1960年(昭和35年) - 創立60周年記念として、篁会と山梨県北杜市に「八ヶ岳寮」建設。
・ 1967年(昭和42年) - 学校群制度導入。小石川高と41群を組む。
・ 1968年(昭和43年) - 校舎を共用の学芸大附属中学校と校地を分割。
・ 1969年(昭和44年) - 制服を自由化、標準服制度になる。
・ 1970年(昭和45年) - “独立校舎”が竣工、移転。学芸大附属中学校と同じ校舎の上下階で使い分ける状態から解放。敷地が狭いため、5階建てになる。
・ 1980年(昭和55年) - 帰国子女受け入れ開始。
・ 1982年(昭和57年) - グループ合同選抜制度導入。41グループに編成される。
・ 1993年(平成5年)2月 - 学芸大女子寮跡地に新校舎(第一期)とプール竣工。
・ 1994年(平成6年) - 単独選抜となる。
・ 1995年(平成7年)7月 - 新校舎(第二期)体育棟とグラウンド竣工。
・ 1996年(平成8年)3月 - 定時制課程廃止。
・ 2000年(平成12年)11月18日 - 創立100周年記念式典。式典でのアンケートをもとに、八ヶ岳寮を「竹早山荘」と改称。
・ 2001年(平成13年) - 創立100周年記念モニュメント「夢の風」を設置(篁会の寄贈、制作は、OBの陶芸家伊藤麻沙人と彫刻家小堤良一の共同制作)。
・ 2002年(平成14年) - 週5日制導入を受け、土曜日に「土曜自習室」を開設、卒業生らが指導に当たる(現「竹早塾」)。
・ 2003年(平成15年) - 文部科学省の学力向上フロンティア・ハイスクール事業の指定を受ける(2005年(平成17年)度までの3年間)。45分間、七時限授業に。
・ 2010年(平成22年)11月 - 創立110周年記念式典挙行。
卒業生  ○ 政治
・ 小池正勝 - 参議院議員。元徳島市市長(吉野川可動堰問題)
・ 西川太一郎 - 荒川区長。元衆議院議員
 ○ 行政
・ 金杉憲治 - 外務審議官、外務省アジア大洋州局長、内閣総理大臣秘書官
 ○ 経済
・ 松井道夫 - 松井証券社長、ネット証券評議会会長
・ 乙部綾子 - 元ライブドア広報担当
 ○ 法曹
・ 稲見友之 - 弁護士。田中角栄元首相の裁判の弁護団事務局長
 ○ 学者
・ 小森陽一 - 日本文学者、東京大学教授
・ 中川学 - 経済史学者、一橋大学名誉教授
・ 畑尻剛 - 憲法学者、中央大学教授
・ 長谷部勇一 - 経済学者、横浜国立大学学長、環太平洋産業連関分析学会会長
・ 松尾葦江 - 国文学者、國學院大學教授
・ 山口仲美 - 国語学者、埼玉大学名誉教授、元明治大学教授
 ○ 文芸
・ 伊藤比呂美 - 詩人
・ 中井紀夫 - 作家
・ 三宅やす子 - 作家(女高師附属高女へ転校)
・ マッド・アマノ - パロディ作家。1978年・第24回文藝春秋漫画賞受賞
・ 矢崎藍 - 小説家
・ 齋藤康一 - 写真家
・ 城戸崎愛 - 料理研究家
・ 佐藤雅子 - 料理研究家
 ○ 教育
・ 徳永恕 - 二葉保育園第二代園長。女性初の名誉都民。
・ 松本紀子 - 学校法人鎌倉女子大学元理事長(現学園主)。元鎌倉女子大学学長、教授。
 ○ 芸能
・ 山下達郎 - ミュージシャン
・ 緒形拳 - 俳優
・ 小手伸也 - 俳優
・ 村瀬幸子 - 女優
・ 横山めぐみ - 女優
・ 大野かおり - 女優
・ 魚住純子 - 女優
・ 藤田みどり - 女優
・ 大田祐歌 - 元アイドルグループチェキッ娘メンバー
・ 益山武明 - 声優
・ 穂川果音 - 気象予報士・タレント
・ 楠木ともり - 声優
 ○ ジャーナリズム
・ 高橋紘 - ジャーナリスト。皇室ウォッチャー
・ 内多勝康 - 元NHKアナウンサー(2016年3月にNHK退職後、医療型短期滞在施設のハウスマネージャー)
・ 山崎智之 - 音楽ライター
・ 田畑佐和子 - 編集者
・ 斎藤康貴 - テレビ朝日アナウンサー
・ 三崎由紀 - 元ニュースキャスター
 ○ スポーツ
・ 三崎宏美 - アテネ五輪ライフル射撃代表
・ 住吉義則 - 元プロ野球選手(定時制)
 ○ その他
・ 山川菊栄 - 女性運動家。山川菊栄賞
・ 山高しげり - 女性運動家
○ 教職員
・ 板垣雄三 - イスラム研究家。東京大学名誉教授
・ 中野好夫 - 元 国語科教諭
・ 田淵行男 - 元 博物学教諭。山岳写真家
・ 綿貫陽 - 元 英語科教諭。英語文法・語法の参考書多数執筆

「東京都立竹早高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月15日2時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター