ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

白鴎(普通)


偏差値58( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)155点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1090位/7791校( 学科単位 )
関東地方 314位/1967校( 学科単位 )
東京都 105位/567校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【東京都立白鷗高等学校・附属中学校】
東京都立白鷗高等学校・附属中学校(とうきょうとりつ はくおうこうとうがっこう・ふぞくちゅうがっこう)は、東京都台東区元浅草に所在する東京都立中学校・高等学校。高等学校においては生徒を募集しない完全中高一貫校。
概要 1888年12月に「東京府高等女学校」として創立。東京都内では初の公立中高一貫校で、高校は都立高校の中で日比谷(1878年)、戸山(1888年9月)に次いで3番目に古い歴史を持つ。教育理念は「開拓精神」。
沿革 ■ 略歴
1888年12月に「東京府高等女学校」として創立し、1901年「東京府立第一高等女学校」(府立一女)と改称。女子教育の先駆として知られる市川源三校長や、豊島師範(現:東京学芸大学)の校長を10年にわたって務め、また京都府立女子専門学校の(現・京都府立大学)校長を務めた桜井賢三校長などの尽力もあって、戦前から名門の高等女学校としてその名を全国に馳せた。東京府全域から才媛が通学。「浅草の一女・小石川の二女(竹早)・麻布の三女(駒場)」と並び称されたナンバースクールであった。 戦後、学制改革を経て男女共学となる。1992年にコース制が導入されると、他校に先駆けて全都から通学が可能となった。 2003年の学区撤廃後は自校作成問題の導入、隔週(年間18回)土曜授業や勉強合宿の実施など教育改革を行っている。 2005年には、統合により廃校になった台東区立台東中学校の跡地に附属中学校を設置し、東京都内で初の公立中高一貫校となった。2011年、初めて中高一貫教育6年間を終えた平成23年度卒業生から東京大学合格者5名を輩出し、「白鷗ショック」とよばれ教育業界に衝撃を与えた。 2023年度には高校段階での生徒募集を停止し、附属中学校の生徒の募集規模を拡大する計画となっている
基礎データ ■ アクセス
附属中学校は東校舎、高等学校は西校舎となっている。
◎ 東校舎

・ 田原町駅 徒歩7分
・ 新御徒町駅 徒歩7分
・ 都営バス「三筋二丁目」停留所 徒歩3分
◎ 西校舎

・ 新御徒町駅 徒歩5分
・ 稲荷町駅 徒歩6分
・ 御徒町駅 徒歩10分

■ 制服

・ 冬服 男子:詰襟、女子:イートンジャケット
・ 夏服 男子:ワイシャツ、女子:ベスト
教育 伝統的に生活指導に力を入れており、染髪は禁止である。予備校に頼らない計画的な進路指導を目標としており、「辞書は友達、予習は命」は白鷗高校・附属中学を代表する言葉として知られている。年間を通して多くの試験が課されており、定期試験のほか、1学期の春休み宿題テスト(1年生を除く)、2学期の夏休み宿題テスト、3学期の冬休み宿題テスト、その他外部模試も実施。放課後には、週2回程度「白鷗タイム」とよばれる学習時間(暫定的に現在は読書の時間)が設けられている。高等学校「芸術」科における音楽選択者では三味線や長唄が必修で、能や狂言などを体験して日本の伝統文化が学ばれている。 国際社会の中で情報発信ができる生徒の育成を目指し、中学では「プレゼンテーション」、高校では「Presentation In English」などの学校設定必修選択科目がある。また、5年次と6年次には日本の文化について学ぶ「日本文化概論」という科目もある。
諸活動 戯曲・演劇「ひめゆりの塔」(石野径一郎の小説)を初めて演じたのは当校演劇部(1951年、宮沢千鶴脚本)、とされている。

■ 行事
1年(中1)の夏休みに課題発見学習、2年(中2)の夏休みに農業体験学習、3年(中3)の卒業後の春にはアメリカ西海岸への研修旅行が行われる。また、その対策としてTGG(東京グローバルゲートウェイ/東京英語村)への修学旅行がある(2017年度までは京都および奈良への修学旅行が毎年秋に行われていた)。高校入学生を迎えた4年(高1)では、4月にHR合宿がある。5年(高2)では希望者のみで勉強合宿が夏休みに、11月初旬にはマレーシア(2009年度は鳥インフルエンザの影響で関西に変更)への修学旅行があるなど、6年(高3)を除いて毎学年1回は宿泊行事が存在する。 また、中3と高1において、希望者のみではあるが、オーストラリアでの短期留学が行われている。希望者が多く、抽選となった。なお、2009年度は新型インフルエンザの影響で中止になった。
・ 体育祭:5月後半に開催。2007 - 2009年は中高別日程での開催であったが、2010年から東京体育館で再び合同開催となった。2011年度は東日本大震災の影響により、使用場所の東京体育館が被害を受けたため、高校校庭での実施となった。
・ 白鷗祭:9月中旬に実施される文化祭。1 - 2年生は東校舎、3 - 6年生は西校舎と、普段生活している校舎で開催。伝統の白鷗神輿の担ぎも実施されていたが、参加希望者の減少により2009年度より中止。しかし、2011年には復活し、東校舎と西校舎間を往復した。
・ 合唱コンクール:中高合同で開催される。2009年度からは、3学期に開催。6年生は参加しない。

■ 過去の行事

・ ウォークラリー:開校100周年を迎えて以降、毎年開催されていたが、行事再編に伴い、第21回(2008年度)をもって終了した。
研究成果 ・ 小林翔(英語科)
 ・ 「個別式発音指導方法(グルグルメソッド)を取り入れた授業実践とその成果」 - 『関東甲信越英語教育学会 第38回千葉大会』(2014年)にて口頭発表
学校関係者と組織 ■ 関連団体

・ 鷗友会 - 同窓会組織。1936年に鷗友学園を創立している。

■ 高校関係者一覧

◎ 著名な出身者

◇ 文学
・ 池田理代子 - 漫画家
・ 葛原妙子 - 歌人
・ 芝木好子 - 作家(芥川賞、女流文学賞)。文化功労者
・ 田村俊子 - 作家。田村俊子賞
・ 原田皐月 - 作家、青鞜社員
・ 立原えりか - 童話作家
・ 越沼初美 - 小説家(ライトノベルの先駆者的存在)
・ 金子ありさ - 脚本家
・ 水木洋子 - 脚本家
・ 石垣綾子 - 評論家、自由学園講師
・ 羽仁もと子 - 日本初の女性ジャーナリスト(初の女性記者)。婦人之友創刊。自由学園設立者
・ 松永喜久 - 「ボクシング・マガジン」元記者、顧問
◇ 教育・学問
・ 守屋東 - 社会教育家。大東学園創設者
・ 東くめ - 元音楽教諭(「お正月」や「鳩ぽっぽ」の作詞者)
・ 岡本歌子 - 医学者
・ 黒田日出男 - 歴史学者
◇ 芸能
・ 沼波輝枝 - 女優(小津安二郎作品で名脇役)、声優
・ 松井潤子 - 女優。夫は野球選手・監督水原茂
・ 沢村貞子 - 女優、エッセイスト
・ 柴俊夫 - 俳優
・ 野沢那智 - 俳優、声優
・ 奈良岡朋子 - 女優
・ 三代目桂やまと - 落語家
・ 二代目 中村鶴松 - 歌舞伎役者
◇ 芸術
・ 藤田晴子 - ピアニスト、法学者
・ 立松ふさ - ソプラノ歌手
・ 柳兼子 - アルト歌手
・ 荒木陽子 - 写真家荒木経惟の夫人。エッセイスト
・ 藤井秀樹 - 写真家
◇ マスコミ
・ 日下千帆 - フリーアナウンサー(元テレビ朝日)
・ 堀江慶子 - フリーアナウンサー、司会者
・ 滝本沙奈 - フリーアナウンサー(セント・フォース所属)
・ 岩﨑果歩 - NHKアナウンサー
◇ 文化
・ 平田智也 - 囲碁棋士
・ 一力遼 - 囲碁棋士
・ 星合志保 - 囲碁棋士
・ 佐々木勇気 - 将棋棋士
・ 三枚堂達也 - 将棋棋士
・ 山本博志 - 将棋棋士
・ 渡辺和史 - 将棋棋士
◇ その他
・ 志賀こず江 - 弁護士、元検事、コメンテーター
・ 小林千代美 - 衆議院議員
・ 三木睦子 - 三木武夫元首相の夫人
・ 小泉清子 - 鈴乃屋代表取締役会長、きもの研究家、NHK大河ドラマの衣装考証役
・ 寺尾正・文姉妹 - 陸上競技選手
・ 岡村和美 - 消費者庁長官、最高裁判事
◎ 教職員

・ 市川源三 - 府立一女中興の祖で、同窓会「鷗友会」設立。鷗友学園初代校長
・ 河合敦 - 元教諭

「東京都立白鷗高等学校・附属中学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月28日6時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター