ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

札幌第一(文理)


偏差値60( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)162.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 798位/7792校( 学科単位 )
北海道地方 24位/312校( 学科単位 )
北海道 24位/312校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【札幌第一高等学校】
札幌第一高等学校(さっぽろだいいちこうとうがっこう、Sapporo Daiichi High School)は、北海道札幌市豊平区月寒西1-9にある学校法人希望学園が運営する私立高等学校である。全日制普通科。通称は「札幌第一」、「札第一」、「札一高」、「SDH」。
概要 ・ 生徒数は1182人、教職員数は63人、事務職員数は11人である。
沿革 ・ 1958年3月20日 - 学校法人希望学園の設立が認可され、札幌第一高等学校として創立される。
・ 1958年4月1日 - 初代校長として山口末一就任。
・ 1961年4月1日 - 男普通科に併設して航空工学科を新設する。
・1964年6月30日 ‐ 航空工学科を航空機械科に改める。
・ 1967年4月1日 - 男女共学となる。
・1973年3月31日 - 航空機械科を機械科に、自動車工学科を自動車科に改める。
・ 1976年4月1日 - 工業科を普通科に学科変更する。
・1998年4月1日 - 総合進学コース開始。
・ 2002年 - 第84回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)出場。(初出場)
・ 2003年 - 第82回全国高等学校サッカー選手権大会(冬の国立)出場。(初出場)
・2009年 - 文理コース北進クラス・文理コース選抜クラス新設。
・ 2009年 - 第91回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)出場。(7年ぶり2度目)甲子園初勝利を挙げる。
 ・第64回国民体育大会高等学校野球競技出場。(初出場)
・ 2012年 - 第94回全国高等学校野球選手権大会 (夏の甲子園) 出場。(3年ぶり3度目)
・2014年 - 文理選抜コース開始。
・ 2015年 - 第46回明治神宮野球大会出場。(初出場)
・2015年7月 - 新校舎棟完成。
・ 2016年 - 第88回選抜高等学校野球大会出場。(初出場)
 ・ 第47回明治神宮野球大会出場。(2年連続2度目)
・ 2017年 - 第89回選抜高等学校野球大会出場。(2年連続2度目)
・ 2019年 - 第91回選抜高等学校野球大会出場。(2年ぶり3度目)
特徴 ■ 学校全体

◎ 学校設備

・ 学校が建つ以前は、陸軍病院(札幌衛戍病院)があり、その建物を使っていたが、2015年に新校舎への建て替えが完了。現在の校舎は本館と記念館で構成されている。
・ 「特別自習室」がある。一人ひとりブースで区切られており、生徒なら誰でも利用できる。
・ 「トレーニングルーム」や「野球部室内練習場」など、部活動の面でも設備は充実している。
・全教室冷暖房完備
・全自動トイレ
・今年度からセグウェイ体験
・ビックパットでの授業
・ラウンジテラスあり
・自習室の他にスキップフロアという自習スペースなどその他にも自習スペース有
・地下歩行空間有。

◎ 校則

・ アルバイトは禁止。但し、学校に申請し許可を得れば認められる場合もある。
・ 毎月、身嗜みについて(服装・頭髪など)の指導がある。
 ・ 男子
  ・ 正面から目と耳が隠れないこと。
  ・ 襟、耳にかからないこと。
  ・爪が伸びていないこと。
 ・ 女子
  ・ 前髪などで顔が隠れないこと。
  ・ 極端に長い髪は束ねる。
  ・爪が伸びていないこと。

■ 学習面

◎ 組織

・ 総合進学コース、文理北進コース、文理選抜コースに分かれている。
 ・ 平成21年度から文理コース内で「選抜クラス」「北大進学クラス」に分かれた。
・ 総合進学コース、文理北進コースでは、3年次で文系クラスと理系クラスとに分かれるが、文理選抜コースでは、2年次から文系と理系に分かれる。
◎ 進学

・ 平成20年度
 ・ 千葉大学を含む国公立大学等に142名合格。
 ・ 北海道大学に30名合格。
・ 平成21年度
 ・ 東京大学現役合格を含む125名が国公立大学等に合格。
・ 平成22年度
 ・ 国公立大学等に151名合格(現役121名)。
 ・ 北海道大学に31名合格。
・ 平成23年度
 ・ 京都大学を含む国公立大学等に124名合格。
 ・ 北海道大学合格者25名。
・ 平成24年度
 ・ 京都大学を含む国公立大学等に155名合格。
 ・ 北海道大学合格者16名。
・ 平成25年度
 ・ 東京大学を含む国公立大学等に138名合格。
 ・ 北海道大学合格者20名。
・ 平成26年度
 ・ 北海道大学を含む国公立大学等に132名合格。
 ・ 北海道大学合格者30名。
・ 平成27年度
 ・ 東大・京大を含む国公立大学等に177名合格。
 ・ 北海道大学合格者27名。
・ 平成28年度
 ・ 東大・大阪大学を含む国公立大学等に177名合格。
 ・ 北海道大学医学部など合格者36名。
・ 平成29年度
 ・ 大阪大学・北大を含む国公立大学等に135名合格。
 ・ 北海道大学合格者20名。
・ 平成30年度
 ・ 一橋大学・東京工業大学を含む国公立大学等に182名合格。
 ・ 北海道大学合格者28名。 以上は既卒者を含む。
交通アクセス ・ 札幌市交通局地下鉄東豊線「月寒中央駅」下車(4番出口徒歩3分)
・ 北海道中央バス(大曲・平岡営業所)「月寒中央通10丁目」下車(徒歩2分)
・ 自転車通学は届出制であり、バイクや自動車での通学は禁止されている。
部活動 ■ 体育系

・ 野球部
 ・ 夏の全国高等学校野球選手権大会にも南北海道代表として出場している、また2015年と2016年には秋の明治神宮野球大会、2016年と2017年と2019年には春の選抜高等学校野球大会に出場した。
  ・第84回全国高等学校野球選手権大会
   ・ 一回戦 札幌第一 4-5 智弁和歌山(和歌山)
  ・第91回全国高等学校野球選手権大会
   ・ 一回戦 札幌第一 6-3 鳥取城北(鳥取)
   ・ 二回戦 札幌第一 5-8 智弁和歌山(和歌山)
  ・第94回全国高等学校野球選手権大会
   ・ 一回戦 札幌第一 3-5 佐世保実 (長崎)
  ・第46回明治神宮野球大会
   ・ 一回戦 札幌第一 7-4 関東第一 (東京)
   ・ 準々決勝 札幌第一 2-7 高松商 (四国)
  ・第88回選抜高等学校野球大会
   ・ 一回戦 札幌第一 2-5 木更津総合 (千葉)
  ・第47回明治神宮野球大会
   ・ 準々決勝 札幌第一 6-5 宇部鴻城 (中国)
   ・ 準決勝 札幌第一 2-7 履正社 (近畿)
  ・第89回選抜高等学校野球大会
   ・ 一回戦 札幌第一 1-11 健大高崎 (群馬)
  ・ 第91回選抜高等学校野球大会
   ・ 一回戦 札幌第一 5-24 山梨学院 (山梨)
・ サッカー部
 ・夏の全国高等学校総合体育大会と秋の国民体育大会の出場はないが冬の全国高等学校サッカー選手権大会には北海道代表として出場している。
  ・ 第82回全国高等学校サッカー選手権大会
   ・ 一回戦 札幌第一 3-2 多々良学園(山口)
   ・ 二回戦 札幌第一 0-2 鹿児島実(鹿児島)
・ 弓道部
 ・ 1973年の全国高校総体で男子団体が優勝した。
・ スキー部
・ 陸上部
・ テニス部
・ 柔道部
・ 剣道部
・ 男子バレーボール部
・ 女子バレーボール部
・ チアリーダー部
・ バドミントン部
・ 空手部
・ 卓球部
・ 山岳部
・ 男子バスケットボール部
・ 女子バスケットボール部

■ 文化系

・ 合唱部
・ 演劇部
・ 美術部
・ 書道部
・ 写真部
・ 華道部
・ 茶道部
・ 理学部
・ 家庭科部

■ 同好会

・ 水泳同好会
・ 体操同好会
・ モーグルスキー同好会
・ ゴルフ同好会
・ インターアクト同好会
・ 囲碁将棋同好会
・ 漫画研究同好会
・ 英語研究同好会
・ 郷土研究同好会
・ 文芸同好会
・ 弁論同好会
・ 邦楽研究同好会
・ 資格同好会

■ 生徒会

・ 執行部
・ 図書局
・ 放送局
・ 吹奏楽局
・ 新聞局
著名な卒業生 ■ 出身者

・ASKA(シンガーソングライター、元CHAGE and ASKA)※福岡第一高等学校へ転校
・柴田直人(ベーシスト、ANTHEM、元LOUDNESS)
・山口一郎(ロックバンド、サカナクション)
・岩寺基晴(ロックバンド、サカナクション)
・長瀬実夕(歌手、元ZONEメインボーカル)
・青木亞一人(ロックバンド、アシュラシンドローム)
・右代啓&xFA4F;(陸上競技選手)
・出耒田敬(バレーボール選手、堺ブレイザーズ・全日本代表)
・奥井迪(女子競輪選手)
・小山昌規(柔道家)
・池ヶ谷颯斗(プロサッカー選手、Y.S.C.C.横浜)
・澤田恒(プロサッカー選手、湘南ベルマーレ)
・下村東美(元プロサッカー選手、セレッソ大阪他)
・山橋貴史(元プロサッカー選手・現サッカー指導者、セレッソ大阪他)
・渡部龍一(元プロ野球選手、日本ハムファイターズ)
・高梨利洋(元プロ野球選手、ヤクルトスワローズ)
・櫻田真人(前北見市長、元北見市議会議員)

■ 関係者

・ 宮崎一夫(1984年~1995年野球部監督)
・ 高梨英夫(1995年~2001年野球部監督)

「札幌第一高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年11月28日17時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター