ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

村田女子(普通アドバンスト)


偏差値46( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)110点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 3589位/7791校( 学科単位 )
関東地方 951位/1967校( 学科単位 )
東京都 320位/567校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女女子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【広尾学園小石川中学校・高等学校】
広尾学園小石川中学校・高等学校(ひろおがくえんこいしかわちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都文京区本駒込二丁目に所在する私立高等学校。略称は広小(ひろこ)。設置者は学校法人村田学園。2008年度より中高一貫教育を開始したが、2016年度から中学校の募集を停止した。2018年度から東京都港区の広尾学園中学校・高等学校と教育連携し、グローバル教育に力を入れている。2021年4月より広尾学園小石川中学校・高等学校に改称し、男女共学となった。また、中学校の募集も再開している。
沿革 ・ 1909年(明治42年) - 銀行会社事務員養成所が設立。
・ 1921年(大正10年) - 村田簿記学校に改称(2007年に村田経営義塾に改称、2011年に東京経営短期大学へ継承)。
・ 1931年(昭和6年) - 村田簿記学校内に村田女子計理学校が設立。
・ 1937年(昭和12年) - 文部省認定「珠算能力標準レコード」を発表。
・ 1943年(昭和18年) - 村田女子計理学校を村田女子商業学校に改称。
・ 1948年(昭和23年) - 学制改革により村田学園中学校・高等学校に改編。
・ 1951年(昭和26年) - 村田女子商業高等学校に改称。
・ 1965年(昭和40年) - 北軽井沢寮が落成。
・ 1984年(昭和59年) - 市川校舎および市川グラウンド落成。
・ 1996年(平成8年) - 東京経営短大村田女子高等学校に改称。
・ 1999年(平成11年) - 現校地に移転。
・ 2001年(平成13年) - 普通科を設置。
・ 2007年(平成19年) - 村田女子高等学校に改称。コース再編、普通科アドバンストコース[特進を新設。
・ 2008年(平成20年) - 村田学園小石川女子中学校開校。
・ 2009年(平成21年) - 市川グラウンドリニューアル。
・ 2013年(平成25年) - 村田学園小石川女子中学校から村田女子中学校に改称。
・ 2013年(平成25年) - サッカー部が全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で優勝。
・ 2016年(平成28年) - 中学校の募集を停止。
・2018年(平成30年) ‐ 広尾学園中学校高等学校と教育連携を締結。
・2021年(令和3年)4月1日 ‐ 共学化と同時に、広尾学園小石川中学校・広尾学園小石川高等学校に改称。
学習指導の概要  中1より全生徒がMacBookを使用し授業が行われる。 高2時点で高校範囲を全て終わらせるハイペースなカリキュラムで、高3ではそれぞれの志望校に合わせた受験指導を行う。 また、高2から受験体制のための文理に分けたカリキュラム編成、平日の7時限授業及び弱点補強講習などにより着実な学力伸長をはかっている。  中1から6年後の大学受験に向け、短期目標として定期考査や外部模試を設定、学習計画を立てて日々の学習を進めていく。テスト終了後は分析を行い、その結果を次の目標に活かすことを繰り返し、第一志望に近づける。
校名について 村田学園小石川女子中学校の設置が認可された後、東京都立小石川中等教育学校より、同校の名前が生徒や受験生に混乱を与えるおそれがあるとして、抗議が起こった(同校の制服デザインが都立小石川のと酷似しているという指摘もなされた)。同校は、「校名の小石川は地名に由来するもので問題はなく、制服も似ていない」と反論。最終的には両校の間で、混乱を招かないよう相互に努力・連絡していくという協定が結ばれて問題は収拾した。
2012年9月29日に、2013年度から村田女子中学校に中学校名称を変更することを発表した。この発表によると、中学校の名称を変更する理由は、「村田女子高等学校」との一体感を鮮明に出すことである。。
2020年5月14日に、2021年度より学校名を広尾学園小石川に変更することを発表。東京都港区南麻布の広尾学園中学校・高等学校の姉妹校になることが発表された。同時にインターナショナルコースと本科コースの2コース制が発表された。
学校改革 2018年から広尾学園と旧村田女子は教育提携を開始した。人材交流で広尾学園より7人の外国人教員と7人の教師が旧村田女子に送り込まれ、旧村田女子校長に元広尾学園教頭の松尾廣茂が就任した。 広尾学園との提携の結果、広尾学園の姉妹校として広尾学園小石川に学校名を変更、共学化し2016年より停止していた中学校募集を再開した。
主な卒業生 ・ 細川のの子
・ 丸山桂里奈
・ 山下杏也加
・ 田村奈津枝
・ 三遊亭藍馬
・ 鈴木ちなみ (野球)
教育関係者 ・大橋節子(理事長・IPU・環太平洋大学学長)
・田邉裕(学園長・前広尾学園中学校・高等学校校長)
・ 松尾廣茂(校長)
アクセス ・ 都営地下鉄三田線「千石駅」より徒歩1分
・ 山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」より徒歩20分
・ 山手線「巣鴨駅」より徒歩20分

「広尾学園小石川中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年8月16日18時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島