ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

帝京大学(普通)


偏差値64( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)177.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 345位/7792校( 学科単位 )
関東地方 108位/1968校( 学科単位 )
東京都 43位/567校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【帝京大学中学校・高等学校】
帝京大学中学校・高等学校(ていきょうだいがくちゅうがっこう・こうとうがっこう、英称:Teikyo University Junior & Senior High School)は、東京都八王子市越野にある私立中学校・高等学校。
概要 1931年東京府渋谷町(現・東京都渋谷区)に創立された財団法人帝京商業学校を前身とする。難関大学や医歯系学部への進学を目標とした少人数制による中高一貫教育を行っている。

■ 建学の精神

・ 帝京大学中学校高等学校の建学の精神は、努力をすべての基とし、偏見を排し、幅広い知識を身につけ、国際的視野に立って判断できる人材を育成するである。

■ 教育方針

・ 中高一貫教育
 ・ 中1・中2では基礎学力の充実を図る。中3・高1では「I類・II類クラス編成」を行い、生徒ひとりひとりの理解に合わせた学習を行う。高2・高3では「東大・難関国立コース」と「早慶・国公立コース」、さらに「難関私大コース」に分かれ、後ろ2つについては更に文系・理系に細分化している。
・ 高校教育
 ・ 高校からの入学した場合は、高1では 「高入I類クラス」と「高校Ⅱ類クラス」にて将来東大等の難関国公立・早慶に入学できる学力を養成する。このクラス分けについては、入学試験の結果において上位からⅠ類に区分される。高2からは中高一貫教育課程と同様の教育体制がとられる。
沿革 ■ 略歴
1931年、東京府渋谷町(現・渋谷区)に財団法人帝京商業学校の運営よる帝京商業学校として設立された。

■ 年表

・ 1931年 - 財団法人帝京商業学校設立、帝京商業学校設置
・ 1947年 - 東京都板橋区に移転
・ 1951年 - 財団法人帝京商業学校を学校法人帝京商業学校に改組。帝京商業高等学校(商業科)と帝京商業高等学校附属中学校となる
・ 1959年 - 帝京商業高等学校に工業科電気科を設置。学校法人帝京商業学校から学校法人帝京第一学園に改称
・ 1961年 - 帝京商業高等学校を帝京商工高等学校に改称。工業科に電子科、工業化学科を設置
・ 1966年 - 帝京商工高等学校に普通科を設置
・ 1967年 - 帝京商工高等学校に衛生看護科を設置
・ 1968年 - 帝京商工高等学校に自動車科を設置
・ 1970年 - 帝京商工高等学校の商業科、工業科、帝京商工高等学校附属中学校を廃止。東京都板橋区から東京都八王子市へ移転
・ 1971年 - 帝京商工高等学校の衛生看護科を廃止
・ 1973年 - 帝京商工高等学校を帝京大学高等学校に改称
・ 1983年 - 帝京大学中学校を設置
・ 1987年 - 学校法人帝京第一学園を学校法人帝京大学に改称
・ 1995年 - 東京都八王子市の現在地へ移転
学校行事 ・ 4月
 ・ 入学式・始業式
 ・ 中1宿泊研修
・ 5月
 ・ 中1〜3、高1〜2校外学習
 ・ 映画鑑賞会
・ 6月
 ・ 体育祭(中学)、球技大会(高校)
・ 7月
 ・ 中1林間学校
 ・ 芸術鑑賞
 ・ 映画鑑賞会
 ・ 終業式
・ 8月
 ・ 各部合宿・大会
・ 9月
 ・ 合唱祭(中学)
・ 10月
 ・ 映画鑑賞会
・ 11月
 ・ 邂逅祭(文化祭)
・ 12月
 ・ 中2 ブリティッシュヒルズ語学研修旅行(2011年は京都・奈良)
 ・ 中3 沖縄修学旅行
 ・ 高1 ニュージーランド語学研修旅行(2011・2012年はオーストラリア)
 ・ 高2 修学旅行(場所は様々 関西圏、台湾、韓国、シンガポール、ベトナムなど)
・ 2月
 ・ マラソン大会(中学)
・ 3月
 ・ 映画鑑賞会
 ・ 修了式・卒業式

■ 文化祭
文化祭は「邂逅祭」と呼ばれ、10月下旬または11月上旬に2日間にかけて行われる。
生徒会活動・部活動 ■ 生徒会
生徒会、委員会活動は2000年度頃より生徒主体となった。 生徒主体となったばかりであるため、円滑に活動が行われない部分も見受けられる。基本的に中学校・高等学校で合同で活動を行う。 クラブ活動は、「部」と「同好会」の二種が設けられており、部員数や活動日数・指導顧問の状況などにより、「部」と「同好会」の区別が図られている。その他に、正式なクラブとして認められる前段階のクラブとして「準同好会」が設定されている。「準同好会」は半年以上活動し、実績や意義があると認められた場合に正式クラブへ昇格する。しかし近年、指導顧問の数が不足しており、新たに「部」や「同好会」を設立することは実質的には、ほとんど不可能となっている。また、クラブ活動の注意事項とし「クラブ活動規約」が2004年度から施行された。この規約に基づき、クラブ活動の取りまとめは各クラブの部長(会長)によって構成されるクラブ委員会が行っている。「運動系クラブ(部・同好会問わず)」同士でなければ、兼部も認められている。また、一部のクラブを除き、活動は中学校・高等学校合同で行っている。
・ 中学生徒会執行部
・ 高校生徒会執行部
・ 学級委員会
・ 環境委員会
・ 視聴覚委員会
・ 選挙管理委員会
・ 図書委員会
・ 文化祭実行委員会
・ 保健委員会
・ 体育大会実行委員会(高校のみの設置)

■ 運動部

・ 剣道部
・ 卓球部
・ テニス部
・ ボクシング部
・ 陸上部
・ サッカー部
・ 中国拳法部
・ バスケットボール部
・ 野球部 野球部には、過去帝京商業および帝京商工の時代に、3度も甲子園に出場できる成績を地方大会で収めていながら出場が叶わなかった悲運の歴史があり、2017年末時点で甲子園出場は実現していない。 1939年(昭和14年)夏は東京大会で優勝しながら出場辞退(代替出場は早稲田実業。表向きの理由は「選手の故障のため」としていたが、実際は「帝京商業ベンチに出場資格のない選手(当時1年生の杉下茂)がいる」との指摘があったためである。)、1941年(昭和16年)夏も東京大会で優勝したが第二次世界大戦により甲子園大会が中止、1970年(昭和45年)春は前年秋の東京大会で準優勝したが、学校の火災により高野連提出書類を焼失したことから戦力分析が不可能との理由で、出場校に選出されなかった。

■ 文化部

・ 映画研究部
・ 合唱部
・ 社会研究部
・ 天文気象部
・ 美術部
・ 演劇部
・ コンピュータ科学部
・ 吹奏楽部
・ 南米音楽部
・ マジック部

■ 同好会

・ 茶道同好会
・ 写真同好会
・ 書道同好会
・ バドミントン同好会
・ 文芸同好会
・ 社会福祉同好会
・ 将棋同好会
・ 数楽(学)研究同好会
・ バレーボール同好会
学校関係者一覧 ■ 創立者

・ 冲永荘兵衛

■ 歴代理事長・校長

・ 冲永荘一 - 初代理事長
・ 冲永佳史 - 理事長

■ 出身者

・栗橋茂 - 元プロ野球選手
・植原修平 - 元プロ野球選手
・杉下茂 - 元プロ野球選手
・藤原鉄之助 - 元プロ野球選手
・大島武 - 元プロ野球選手
・桂小金治(2代目) - 落語家
交通アクセス 京王相模原線京王堀之内駅より徒歩20分。 スクールバス・一般路線バスとも、京王バス南・南大沢営業所が運行する。

■スクールバス

・ 豊田駅北口・多摩センター駅より スクールバス専用停留所「帝京大学中高校正門」徒歩0分。 「帝京大学中高校正門」はスクールバス専用停留所で、路線バスは停車しない。スクールバスは生徒専用である。通常時は一般来校者の利用はできないが、学校説明会や文化祭開催時は利用可能。

■路線バス

・ 京王堀之内駅・南大沢駅・聖蹟桜ヶ丘駅より 京王バス南「帝京大学中高校」停留所より徒歩3分。
・ 平山城址公園駅より 京王バス南「帝京大学中高校北」停留所より徒歩3分。
・ 北野駅北口・八王子駅南口より 京王バス南「由木中央小学校」停留所より徒歩12分。

「帝京大学中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年8月9日8時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター