ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

広尾学園(医進・サイエンス)


偏差値62( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)170点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 561位/7792校( 学科単位 )
関東地方 174位/1968校( 学科単位 )
東京都 62位/567校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【広尾学園中学校・高等学校】
広尾学園中学校・高等学校(ひろおがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都港区南麻布にある私立中学校・高等学校。中高一貫制の共学校であり、通称は「広学(ひろがく)」。開校以来2007年(平成19年)までは、「順心女子学園」という女子校であった。設置・運営は、学校法人順心広尾学園。
概要 1918年(大正7年)に開校し、現在は学校法人順心広尾学園が運営する中高一貫校。教育方針は「自律と共生」である。 校舎は東京メトロ日比谷線広尾駅から徒歩2分の外苑西通り沿いにあり、広尾の名前を冠しているものの、所在地は東京都渋谷区広尾ではなく、東京都港区南麻布である。校地が限られているため、プールは存在せず、代わりに三階のグラウンド、室内の体育館と屋上のテニスコートがある。2003年(平成15年)には400人台まで生徒数が激減し、廃校の危機に瀕したことから学校改革を模索。2007年(平成19年)に女子校から共学化。通常の改革では未来がないとの指摘を受けて、2009年(平成21年)から各分野のプロを招いて生徒に学ばせるキャリア教育をスタート。2011年度に中央の校舎が完成し、2012年(平成24年)10月第三新校舎が完成し広尾の地に建造。その教育を受けた生徒が高3になった2014年(平成26年)ごろから進学実績は飛躍的な向上を果たした。 新改革後はインターナショナルコースがあり、帰国子女の受け入れを進めている。かつてはひとクラス定員15名までだったが、2011年度から40名になった。文部科学省から「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール」に指定され、積極的な英語教育を行っている。校舎は9階建てで六本木ヒルズや真後に広尾ガーデンヒルズがある。 ICT教育に力を入れており、2013年(平成25年)にはGoogleの日本のコンピューターサイエンス教育を支援するプロジェクト「コンピュータに親しもう」での第一採択校となった。
沿革 ・ 1917年(大正6年) - 板垣退助の妻、板垣絹子によって大日本婦人慈善会が作られ、この慈善会に財団法人設立を認可される。
・ 1918年(大正7年) - 板垣絹子によって順心女学校が創設される。(校長・下田歌子)
・ 1924年(大正13年) - 財団法人大日本婦人慈善会を財団法人大日本婦人共愛会に改称する。順心高等女学校を設立する。
・ 1947年(昭和22年) - 学校教育法による新制中学の順心中学校を設立する。港区立順心中学校を併設する。
・ 1948年(昭和23年) - 新学制による順心女子高等学校を設立する。
・ 1951年(昭和26年) - 財団法人大日本婦人共愛会を改組し、学校法人順心女子学園を発足させる。
・ 1952年(昭和27年) - 港区立順心中学校を廃止する。
・ 1973年(昭和48年) - 文部省が全国初となる「海外帰国子女教育研究協力指定校」に指定。帰国子女の受け入れを開始。
・ 1989年(昭和64年/平成元年) - 第20回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会で女子バレー部が優勝する。
・ 1991年(平成3年) - 校外施設、富士見スコレー完成。
・ 2006年(平成18年) - 文部科学省が「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール (SELHi)」に指定。
・ 2007年(平成19年) - 学校法人順心女子学園を学校法人順心広尾学園と改称する。同時に順心女子中学校・高等学校を男女共学化し、広尾学園中学校・高等学校に改称する。
・ 2012年(平成24年) - 新校舎完成。
交通アクセス ・ 東京メトロ日比谷線広尾駅 4番出口すぐ
・ 東京都営バス品97 品川駅 - 新宿駅 日赤医療センター下、下車すぐ
・ 東京都営バス黒77 目黒駅 - 千駄ヶ谷駅 日赤医療センター下、下車すぐ
部活動 ■ 運動部

・ バスケットボール部(男子、女子分かれている。)
・ バレーボール部
・ 合気道部
・ 新体操部
・ テニス部(男子、女子分かれている。)
・ ダンス部 - 日本中学校ダンス部選手権全国大会において、2014年(平成26年)3位。春の日本高校ダンス部選手権東日本大会において、2017年(平成29年)入賞。
・ サッカー部(男子、女子分かれている。)
・ 陸上部
・ 剣道部
・ チアリーディング部 - 中高共に全国出場の強豪。強化部。高校は2017年(平成29年)、2019年(平成31年/令和元年) 東京都大会 優勝。2019年(平成31年/令和元年) 関東大会 準優勝。
・ バドミントン部
・ 卓球部
・ 軟式野球部
・ 硬式野球部
・ 山岳同好会

■ 文化部

・ 文芸・イラスト部
・ 写真部
・ 茶道部
・ 華道部
・ 書道部
・ 理科部
・ クッキング&クラフト部
・ 英会話部
・ 情報技術研究部
・ 演劇部
・ ブラスバンド(吹奏楽)部 - 金賞受賞。強化部
・ 箏曲部
・ 美術部
・ 音楽部 - 2013年度新設。
・ 合唱部 - 2018年度新設。
・ JRC・ボランティア部
・ Enjoy Books(読み聞かせボランティア)部
・ ディベート部
・ 軽音楽部 - 2013年度部活動に昇格。高校のみ。
・ 数理研究同好会
・ 鉄道研究部
・ 囲碁研究部
・ アナウンス部
・ Inter Press Club - インター生のみ。
・ Spanish Club - 2013年度新設。
・ Film Club - コンクール優勝。インター生メイン。
・ Chess Club - インター生のみ。
・ Coding Club - インター生のみ。
主な関係者 ■ 出身者

・ 中山麻里(女優)
・ 五十嵐いづみ(元・女優)
・ 菅原麗子(浅井企画文化人タレント)
・ 凰稀かなめ(元・宝塚歌劇団宙組トップスター)
・ 未来優希(元・宝塚歌劇団雪組男役)
・ 華耀きらり(元・宝塚歌劇団花組娘役)
・ 花野じゅりあ(元・宝塚歌劇団花組娘役)
・ MADOKA(ものまねタレントコロッケの娘)
・ 真野華往路(女優)
・ 串田えみ(タレント)
・ 江國香織(作家)
・ 増澤璃凜子(モデル)
・ 小野早稀(声優)

■ 教職員

・ 下田歌子(本学初代校長、歌人)
・ 田辺裕(前・校長、東京大学名誉教授)
・ 南風原朝和(現・校長、東京大学名誉教授)
・ 大橋清貫(前・理事長)
・ 池田富一(現・理事長)

■ 建築者

・ 葛西萬司(建築家、1934年(昭和9年)同校校舎を設計・建築)

「広尾学園中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年12月6日3時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター