ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

郁文館(普通)


偏差値55( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)143.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1559位/7791校( 学科単位 )
関東地方 432位/1967校( 学科単位 )
東京都 144位/567校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【郁文館中学校・高等学校】
郁文館中学校・高等学校(いくぶんかんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都文京区向丘二丁目に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校・高等学校。高等学校では、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間で、第1学年から混合してクラスを編成する併設型中高一貫校である。ワタミ創業者の渡邉美樹が理事長を務める。
概要 1889年11月13日開校。前身は旧制私立郁文館学校。明治期に於いては第一高等学校(東京大学・千葉大学)合格者数では常に上位に位置していた名門校。姉妹校(同じ校舎内)に私立郁文館商業学校を前身とする郁文館グローバル高等学校が所在する。 夏目漱石の小説『吾輩は猫である』に登場する「落雲館中学校」は、当時漱石の家の裏にあったこの郁文館がモデルだと言われている。
沿革 ・ 1889年(明治22年)11月13日 - 東京府東京市本郷区駒込蓬莱町28番地に設立、私立郁文館と称する。初代校長は棚橋一郎で、井上円了が創設した哲学館(東洋大学の前身)の館主代理をしており、哲学館と敷地を同じくしていた。
・ 1892年(明治25年)12月 - 尋常中学校の認可を受け、私立尋常中学郁文館と改称。
・ 1896年(明治29年)12月 - 火災により校舎全焼。
・ 1897年(明治30年)7月 - 哲学館が小石川区原町(現在の文京区白山)に移転。
・ 1899年(明治32年)4月 - 私立中学郁文館と改称。
・ 1913年(大正2年)12月 - 私立郁文館中学校と改称。
・ 1919年(大正8年)9月 - 郁文館中学校および郁文館商業学校開校(郁文館グローバル高等学校の前身)と共に改称し、創立以来の私立の文字は使わず。
・ 1931年(昭和6年)1月 - 校歌を制定。
・ 1936年(昭和11年)3月 - 鉄筋コンクリートの校舎落成。
・ 1947年(昭和22年)4月 - 新学制により郁文館学園中等部と郁文館学園高等学校とに分離改称。
・ 1951年(昭和26年)1月 - 学校教育法改正により、新制の中学校・高等学校へ改組。
・ 1956年(昭和31年)11月 - 南館落成。
・ 1958年(昭和33年)11月 - 東館落成。
・ 1964年(昭和39年)11月 - 奈良原山荘落成。
・ 1980年(昭和55年)7月 - 第1回海外研修実施(カリフォルニア大学バークレー校)。
・ 1992年(平成4年)10月22日 - 奈良原研修センター完成、1995年までホテルとしても使われた。
・ 2006年(平成18年)4月 - 法人名が「郁文館夢学園」となる。郁文館国際高等学校が郁文館グローバル高等学校と改称。生徒が運営する校内放送機関として「IBS」が創設される。
・ 2008年(平成20年)9月 - 新校舎で授業開始(2学期開始)
・ 2010年(平成22年)4月 - 新校舎完成。共学校となる。
交通 ・ 東京メトロ南北線、東大前駅徒歩5分
・ 東京メトロ千代田線、根津駅または千駄木駅徒歩10分
・ 都営地下鉄三田線、白山駅徒歩10分
文化祭 ・ 郁秋祭と呼称。9月の30日・31日に開催。
姉妹校 ・ 郁文館グローバル高等学校 - 同一敷地内。 バングラデシュに、姉妹校ナラヤンクル ドリーム モデル スクール アンド カレッジを創立
共学化について 創立より120年間男子校であったが、創立121年目となる2010年4月より共学化。共学化に伴い、制服も新しいデザインのものに変更された。いわゆる「男女別学」ではなく、男子、女子が同じ教室で学ぶ共学校である。
指導方針 郁文館は問題を起こした生徒に対して、その度合い、回数に応じて、1 - 200枚の反省文を書かせることを要求している。度合い、回数にもよるが、反省文を書き終えるまでは授業に出席することができない指導方針を取っている。これが直接的な原因かどうかは不明だが、1学年160人のうち10人が退学している 。
著名な出身者 ・ 石原純(物理学者)
・ 今西龍(東洋史学者)
・ 潮惠之助(内務次官、内務大臣、文部大臣)
・ 押川清(東京六大学野球・早大投手、野球殿堂)
・ 河合栄治郎(東大自由主義知識人。府立三中へ転校)
・ 河端伸一郎(インタースペース創業者・社長)
・ 栗田貫一(お笑いタレント)
・ 柴田常恵(考古学者)
・ 杉浦茂(漫画家)
・ 阿以田治修(洋画家)
・ 副島千八(農林大臣、商工省商務局長 / 佐賀中学から転校)
・ 松岡映丘(日本画家)
・ 宮城長五郎(司法大臣、長崎・札幌控訴院検事長 / 塩野季彦閥として司法相就任)
・ 物集高量(国文学者)
・ 泉二新熊(法学者)
・ 柳田國男(民俗学者。共立学校から転校)
・ 土山剛弘 (日本野球機構 審判員)
・ 大久保雅史(プロボクサー、第38代東洋太平洋フライ級王者。日比谷高校定時制に転校)
・ Keita★No.1(AV監督、SODクリエイト所属)
・ 関口メンディー(日本のダンサー。GENERATIONS、EXILEのメンバー)
・ ロイ・ジェームス(タレント、俳優 郁文館工業学校卒)
・ 山崎怜奈(日本のアイドル。乃木坂46のメンバー)
関連文献 ・ 郁文館創立五十年史編纂会 『郁文館五十年史』 1939年

「郁文館中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年8月17日20時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター