ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

駿台学園(進学)


偏差値43( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)98.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 4513位/7791校( 学科単位 )
関東地方 1153位/1967校( 学科単位 )
東京都 380位/567校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【駿台学園中学校・高等学校】
駿台学園中学校・高等学校(すんだいがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都北区王子六丁目にある私立中学校・高等学校。高等学校には全日制と定時制があり、全日制では、付属の中学校との中高一貫教育を実践している。運営は学校法人駿台学園。なお「駿台」と名がつくものの、本学園は駿台グループ(駿台予備学校(学校法人駿河台学園)、駿台甲府小学校・中学校・高等学校(学校法人駿台甲府学園)、駿河台大学など)とは一切無関係である。
概要 中学校は完全週6日制、3学期制・50分授業で、特選クラス・総合クラスを設置している。 iPadを所有し、ICT活用の教育を実践している。
高校は内部進学生とは1年次から混合クラスとなる。
特選コース・進学コース・スペシャリストコースの3コース制で、スペシャリストコースは、芸術・文化・スポーツの各分野に優れた才能を持った人を対象に、その才能を磨きながら大学進学をめざすコースとなっている。多くの指定校推薦枠を持っているが、限られた人のみが使う。
高校の2年次秋に出発する修学旅行では、沖縄またはヨーロッパのどちらへ行くか選ぶことが出来る。
沿革 ・1932年 - 東京神田駿河台に旧制商業学校として「駿臺商業学校」を創立
・1946年 - 駿臺高等学校に校名を変更
・1947年 - 学制改革により駿臺中学校を創立
・1958年 - 駿台学園中学校・高等学校に校名変更
・1963年 - 東京都北区王子の現在地に移転し、新校舎を建設
・2003年 - 中学校の共学化
・2012年 - 1号館新校舎竣工、2号館教室リニューアル工事完了
駿台学園中学校 普通科
・特選クラス
・総合クラス
駿台学園高等学校 全日制・普通科
・特選コース
・進学コース
・スペシャリストコース
クラブ活動 中学・高校とも男子バレーボール部が特に強豪で、全国大会優勝の経験がある。
高校男子バレーボール部は2017年の第69回春の高校バレーで初優勝した。2020年の第72回大会で2度目の決勝進出を果たしたが、準優勝に終わった。

■ 中学男子バレーボール部

・全日本中学校バレーボール選手権大会15回出場 優勝7回、準優勝4回

■ 高校男子バレーボール部

・全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)10年連続12回出場 優勝1回、準優勝1回、3位1回
・全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ) 優勝1回、準優勝1回

■ 中学軟式野球部
中学校の軟式野球部で、全国大会の常連校である。
・ 全国中学校軟式野球大会 3回出場 3位(2018)
・ 全日本少年軟式野球大会 ベスト8(2021)
・ 文部科学大臣杯全日本少年春季軟式野球大会 4回出場 ベスト16(2021)

■ 運動部

・サッカー部
・バレーボール部
・ボクシング部
・硬式野球部
・卓球部
・フットサル部
・軟式野球部(中学)
・チアリーディング同好会

■ 文化部

・お笑い研究会
・吹奏楽部
・音楽部
・演劇部
・天文部
・軽音楽部
・写真部
著名な教職員 ・ 瀬尾 兼秀(理事長・校長)
・ 梅川 大介(高校男子バレーボール部監督)
・ 海川 博文(中学男子バレーボール部監督)
・ 布施 亮平(天文部顧問)
・ 梅本 沙矢香(チアリーディング同好会顧問)
定時制 定時制課程は駿台学園の創立と同時に始まり、都内私立で唯一の夜間定時制となっている。
・三年間で卒業可能。
・不登校生徒や中途退学者も受け入れている。
・年3回、学期(年)末ごとに全日制への転籍試験を実施している。
・部活動
 ・サッカー部  
 ・バスケットボール部
 ・ボクシング部
 ・音楽部
 ・柔道部
 ・硬式野球部
 ・軟式野球部
 ・陸上競技部
著名な出身者 ・ 大仁田厚(元プロレスラー・元参議院議員)※定時制課程卒
・ 郷田真隆(将棋棋士)
・ 伊勢直弘(演出家・脚本家・俳優・城西国際大学メディア学部講師)
・ 横山智佐(声優)
・ 榎本葉月(劇団青年劇場)
・ 小沢仁志(俳優・映画監督・プロデューサー)
・ 杉咲和彌(制作・声優・占い師)
・ 佐々木喜章(茨城県利根町長)
・ 榎本聡(航空旅行評論家・オリエントコーポレーション)
・ Teego☺︎🤘☺︎ (Tik Toker)
・ 増田英明(プロテニスコーチ・イベント企画会社社長)

■ スポーツ

・ 勝部和気(サッカー選手:ASジャミネイロ)※第74期生徒会長
・ 牧野悟(サッカー選手)
・ 菅原祥太(プロ野球選手:東京ヤクルトスワローズ)
・ 清水昇(プロ野球選手)
・ 関舞(バレーボール選手)
・ 今村優香 (バレーボール選手:久光スプリングス)
・ 加地春花(バレーボール選手:トヨタ車体クインシーズ)
◎ ボクシング

・ 梶原龍児(プロボクサー・キックボクサー・歌手)
・ 浅尾雄太(プロボクシング・マネージャー)
・ 山田茂(アマチュアボクサー・元駿台学園監督・教員)※『山田渉』の実弟
・ 齊田竜也(アマチュアボクサー)
・ 山田渉(アマチュアボクサー)※日本代表:ソウル五輪 ※元自衛隊体育学校監督
・ 岡田博喜(プロボクサー)
・ 井上岳志(プロボクサー)
・ 高山涼深(プロボクサー)
・ 福井勝也(プロボクサー)
・ 渡邊海(プロボクサー)

「駿台学園中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年8月17日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター