ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

横浜平沼(普通)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7792校( 学科単位 )
関東地方 210位/1968校( 学科単位 )
神奈川県 31位/283校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【神奈川県立横浜平沼高等学校】
神奈川県立横浜平沼高等学校(かながわけんりつ よこはまひらぬまこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市西区岡野一丁目にある全日制普通科の県立高等学校。
概要 神奈川県で最初に創立された県立高等女学校が前身。。 かつて併設されていた通信制は、湘南高校通信制と統合され、2008年4月より神奈川県立横浜修悠館高等学校に移管された。
沿革 (沿革節の主要な出典は公式サイト)
・ 1900年(明治33年) - 神奈川県高等女学校の設立が認可される。
・ 1901年(明治34年) - 神奈川県立高等女学校と改称。
・ 1907年(明治40年) - 女子師範学校を併置(1927年まで)。
・ 1910年(明治43年) - 付属小学校を併置(関東大震災で焼失)。
・ 1913年(大正2年) - 『心の掟』制定
・ 1916年(大正5年) - 校歌制定。
・ 1923年(大正12年) - 関東大震災で校舎が倒壊。
・ 1928年(昭和3年) - 二代目校舎が完成。
・ 1930年(昭和5年) - 神奈川県立横浜第一高等女学校と改称。
・ 1945年(昭和20年) - 横浜大空襲により、臨時の救護病院となる。
・ 1948年(昭和23年) - 神奈川県立横浜第一女子高等学校と改称。教育通信部(後の通信制課程)を併置。
・ 1949年(昭和24年) - 県立横浜保育園を併置(1990年まで)。
・ 1950年(昭和25年) - 男女共学化に伴い、神奈川県立横浜平沼高等学校と改称。校歌の歌詞を改定。小学区制が導入される。
・ 1951年(昭和26年) - 女子バスケットボール部がインターハイで準優勝。
・ 1954年(昭和29年) - 平翠戦が始まる。
・ 1963年(昭和38年) - 中学区制導入。本校は希望ヶ丘、桜丘、戸塚の各校とともに、横浜中部学区に所属する。
・ 1981年(昭和56年) - 学区改編。縮小された横浜中部学区に所属する。
・ 1992年(平成4年) - 三代目校舎(現在の校舎)が完成。
・ 2000年(平成12年) - 創立100周年を迎える。
・ 2008年(平成20年)3月 - 通信制閉講。
校歌 神奈川県立横浜平沼高等学校校歌
・ 1916年(大正5年)制定、1950年(昭和25年)改定 : 作詞 佐佐木信綱/作曲 幸田延
部活動 ◇ 運動部
・ サッカー部
・ 陸上部
・ 剣道部
・ ソフトテニス部
・ 野球部
・ バスケットボール部
・ ハンドボール部
・ 弓道部
・ ソフトボール部
・ バレーボール部
・ 柔道部
・ ダンス部
・ テニス部
・ 応援団
・ バドミントン部
◇ 文化部
・ 華道部
・ 合唱部
・ 写真部
・ 演劇部
・ 茶道部
・ 文芸部
・ 軽音楽部
・ 吹奏楽部
・ オーケストラ部
・ 美術部
・ 漫画研究部
・ かるた部
・ Handmade部
・ 放送部
・ 生物研究部
・ 国際交流部
◇ 同好会
・ 平沼時報同好会
・ 電子科学研究同好会(旧アマチュア無線部 (JA1YOO))
・ マジック同好会
著名な出身者 五十音順

■ 政治・行政


・ 中谷一馬(衆議院議員)

■ 学術・研究

・石黒圭(国立国語研究所教授、一橋大学大学院言語社会研究科連携教授)


・ 東谷護(愛知県立芸術大学教授)
・ 羽入佐和子(元お茶の水女子大学学長、国立国会図書館長、元国立大学協会副会長、日本ユネスコ国内委員会副会長)
・ 譚璐美 (元慶應義塾大学講師、広東省中山大学講師、元慶應義塾大学訪問教授)

■ 芸能

・ 岸恵子(女優)
・ 北原遥子(元宝塚歌劇団雪組、女優)※2年修了で中退
・ 草笛光子(女優)
・ 工藤堅太郎(俳優)
・ 久留須ゆみ(タレント)
・ 小園蓉子(女優)
・ 七瀬快(元宝塚歌劇団花組男役)
・ 日比野恵子(女優)
・ 紅澤葉子(女優)
・ 南美江(女優、元宝塚歌劇団男役)
・ 5代目柳家小せん(落語家)
・ 山田華(ソプラノ歌手〈山田姉妹〉)

■ 文芸・芸術

・ 安西篤子(作家)
・ 伊藤有壱(アニメーション作家)
・ 上条明峰(漫画家)
・ 窪依凛(作家)※通信制

■ マスメディア

・ 斉藤安弘(元ニッポン放送アナウンサー)
・ 遠藤ふき子(元NHKアナウンサー)
・ 柴田博(朝日放送アナウンサー)
・ 西村知江子(フリーアナウンサー、元ニッポン放送アナウンサー)
・ 羽鳥慎一(フリーアナウンサー、元日本テレビアナウンサー)
・ 堀潤(フリーアナウンサー、元NHKアナウンサー)
・ 吉川美代子(フリーアナウンサー、元TBSアナウンサー)
・ 山本萩子(フリーアナウンサー、セントフォース所属)

■ スポーツ

・ ジャッキー佐藤(プロレスラー)※通信制
・ 和田昌士(プロサッカー選手)

■ その他

・ と樫たいすけ※通信制
・ 枝元なほみ(料理研究家)
・ 竹腰美代子(美容研究家)
・ 田尻惠保(都市拡業代表取締役)
・ 山梨知彦(建築家)

「神奈川県立横浜平沼高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年11月28日14時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター